カテゴリー"SANGOブログ"の記事をリライトしました

RICOH GRⅢ・高性能コンデジで撮ったスナップ写真大公開

サムネ・GRスナップ

こんにちわ,Isamu(@yusukebe029)だよ。

RICOH GRIIIは持ち運びしやすく、いつもバックに忍ばせて持ち歩いている。

スキあらばさっと取り出して写真をバンバン撮影している。

今回はその撮影した写真を一挙大公開しておこう。

この記事の概要

スナップ撮影にピッタリのGRIIIを紹介。GRIIIで撮影したスナップ写真(空、動物、風景など)を公開。他機種で撮った写真もついでに紹介。どのカメラを買ったらいいか分からない人向けにレビュー記事へのリンク貼っておく。

高性能コンパクトデジタルカメラ『RICOH GRIII』

250gの軽さに、コンパクトなボディは持ち運びに非常に助かっている。

ケースはソフトケース GC-10を使っている。

しっとりした肌触りの本皮ケースに、留め具はマグネット付き。

ボディの形とそんなに変わらないので、バックに入れてもかさばらない。

性能面については以下にレビューしてあるので気になる人はご覧あれ!

サムネ・GRⅢRICOH・GRIII まとめレビュー!ハイスペ高級コンデジ

さっと取り出して素早く撮影するためモードダイヤルのUSERモードの設定と活用は欠かせない。

自分の好きな設定をMENUから登録しておき、モードダイヤルでU1、U2、U3の3つのどれかにあわせるだけですぐに使いたい設定を呼び出せる。

片手で電源ボタンを押して、そのまま半押しでフォーカス、撮影ができるのがベストだ。

写真ギャラリー

空フォト

夕暮れ時はたまに空色が怪しくなるときがある。

空の色がどう変化するなんて誰にも予想できないし,その時訪れた瞬間は逃さず撮影したい。

曇り空から除く朱の世界

『天気の子』に出てきそうな大きな白雲だ。

ふらーっと散歩していたら、青空にこの大きな雲を見つけたので撮影してみた。

秋田市の青空
青空と大きな白雲

天気雨が降っていた。

絶対虹が出ると確信していたので車でスタンバっていたら大きな虹が!

橋の上から大きな虹を撮影できた。

天気雨のあとに出たビッグ虹

早朝に野鳥撮影に出かける際、雲の隙間から差し込んだ朝日だ。

ピンクに色づき、暖かな雰囲気が出ていてついカメラを手にとって撮影してしまった。

早朝のピンク空

この日は朝から雨が降っていた。

夕方になると雲が消えていき、隙間から陽の光が差し込んだ。

雲の隙間から差し込んだ陽の光

刻一刻と表情を変える空を逃さず捕らえることが出来るGRIIIはやはり良機だと改めて実感した。

動物フォト

ふいに目の前に飛び出してくる動物などの撮影でもGRIIIは活躍してくれる。

ズームできないのが欠点だが、クロップ機能で画角を調節していく。

警戒心の強い動物だと近くでの撮影は難しいので苦戦を強いられる。

この猫は近づいてもボーゼンとどこかを見つめていた。虚無ってるな。

どこ見てるのネコさん
虚空を見つめる猫さん

水色の瞳に白の毛並みがきれいな美猫を見つけた。

この猫は警戒してるのかカメラを向けている間、終始身構えていた。

シャムっぽいネコ
こちらを見つめる水色の瞳

風景フォト

北海道に住んでいた頃、八雲まで弾丸ドライブしたときに撮影した風景写真。

町という少規模ながら、日本海と太平洋の2海に面している不思議町だ。

目的はハーベスタ八雲で肉を食らうこと。

海の風景を撮影しようとしたが、あいにくの曇り天気で残念であった。

ハーベスタ八雲までのドライブについては以下の記事に纏めた。

ハーベスター八雲&噴火湾パノラマパーク in 八雲町
ハーベスタ八雲道中からの風景

最近、新たに導入した現像ソフト「Luminar4」のスカイリプレースメントで空を置換してみた。

AI技術がうんたらかんたら〜のすごいソフトらしいが、たしかにすごい現像ソフトだった。

こんな感じに夕日が写っていれば最高だったな。

Luminar4については以下の記事でレビューしている。

SKYLUM・Luminar4(買切り版)購入&実使用レビュー
空を置換した風景写真

秋田市仁別を散策した時の写真だ。

こんな田舎風景の写真が私は大好きである。

天気が良かったのでのんびり散歩を楽しんだ。

仁別の田舎風景

北海道の極寒の中、早朝に撮影した海から登る朝日の写真だ。

海面から湧き出る湯気みたいなのは気嵐(けあらし)というやつだ。

この撮影については以下の記事に纏めてある。

早朝撮影で朝日と気嵐撮ってきた!冬の北海道函館市恵山
北海道、海から昇る朝日とけあらし

花植物フォト

GRIIIにはコンデジならではのマクロモードがあるので被写体まで寄って寄って寄りまくって撮影だ。

花とか、小さな昆虫などマクロな世界で撮ってみるとすごい写真を撮れそうだ。

桜の開花の瞬間

あじさいにここまでかと寄ってみた。

画角いっぱいをあじさいで埋め尽くし、いい写真撮れたぜ。

画面いっぱいのあじさい

真夏のあっついときに花手水とやらを撮りに行った時の写真だ。

水に浮かぶあじさい、みずみずしさが見ていてビンビンに伝わってきれ、美しさに見とれてしまった。

花手水は函館八幡宮にあったので夏の時期にこいつを撮りに行くのもいいだろう。

サムネ・函館八幡宮花手水函館八幡宮・インスタ映えする花手水の撮影記
鶴若稲荷神社の花手水接写
函館八幡宮の花手水

夏の前に咲いていた藤の花。

鬼滅の刃ブームでその認知度が上がっていて、スマホ片手に撮影している人が大勢いた。

私も群衆に紛れ、藤の花を撮影してみた。

アーチにかかる藤の花

スナップショット 他機種編

別にコンデジじゃなくてもスナップ撮影は可能だ。

カメラを本格的に構えるから、カメラマンっぽい雰囲気は出るが、周りの目は気にせず自分が撮りたい写真を撮ってくれ。

Sony α7Ⅱを使って桜を撮影してみた。

FE28-70mmズームレンズソフトファンシーフィルターを付けての撮影だった。

木から直接生える桜

4月下旬から5月頭にかけて見頃を迎える北海道の

道南エリアで桜を撮ってみたい人は以下の記事に桜の開花時期をまとめている。

サムネ・函館桜開花北海道(道南地区)桜スポットと開花まとめ

道南エリアにはセメント工場がある。

セメント工場と桜を一緒に撮影してみた。

春のセメント工場

初代カメラのK-S2でもたくさんスナップ撮影をした。

名前はよくわからない神社。

フラフラ散歩していたら見つけた。いわゆる穴場?だ。

新緑と神社
緑がいい感じに映える名が分からない神社

他にも撮影したスナップ写真を以下の記事に掲載中だ。

サムネ・K-S2スナップ猫レンズキットでスナップ極め旅【PENTAX DA18-135mmWRレンズキット】

最後に

ここで紹介したカメラに限らず,スナップ撮影はシャッターチャンスを見逃さずいい写真が撮れる。

カメラを肌見放さず持ち歩いていれば素敵な瞬間を切り取れる。

自分の愛機を持って,いろんな写真を撮るのはすごく楽しいぞ。

今はスマホでもそれなりの写真が撮れるが、カメラでしか表現できない写真もあると思う。

どのカメラを買っていいかわからないならレビュー記事を書いているので参考に!

サムネ・RPレビューEOS RPレビュー・Canonフルサイズミラーレス購入検討者は必見!Sonyミラーレス α6000レビュー!おすすめコンパクト軽量ミラーレスAPS-C機サムネ・K-S2PENTAX「K-S2」購入&実用レビュー・カメラデビューしたい人におすすめのタフな一眼!

Isamu

最後まで読んでくれて感謝申し上げる!

7DMarkII Blog Canon EF100-400mm EF300mm EOS RP FE70-200mm FE200-600mm GRIII K-S2 PENTAX RICOH SANGO Sigma150-600mm Sony TAMRON Tamron100-400mm WordPress α7II α7RIII アニマル カワセミ コンデジ ダム ブログ レビュー 一眼レフ 三脚 函館 動画 北斗市 北海道 探鳥 望遠レンズ 格安SIM 楽天モバイル 機材 渓流 秋田 紅葉 観光 野鳥 野鳥撮影 風景