Twitterアカウントはここから

α6000を1年使った感想/私がミラーレス一眼を勧める理由

私がミラーレス一眼「α6000」を1年半使ってみてよかったことまとめました。

ミラーレス一眼の購入を検討している人は参考にしてください。

小型で多彩な撮影機能を備えたαシリーズのミラーレス一眼はカメラを始めたい人にピッタリだと思います。

なぜSONYミラーレス一眼なのか

センサーサイズで選ぶ

最近,フルサイズミラーレスが流行りのようですがAPS-Cサイズマイクロフォーサイズのミラーレス一眼も現役バリバリです。

フルサイズ機種となると価格もそれなりに高価となるので,初期投資を安く抑えてカメラをはじめてみたい!なんて人にαシリーズミラーレス一眼α6000番台がオススメです。

参考 α6000 特徴Sony Corporation

小型軽量ボディにAPS-Cサイズセンサー搭載

私がこの「α6000」を購入する決め手となったのではズバリ”小型”であることでした。

標準レンズなどを含めてもカメラ重量が500g以下に収まり,かつコンパクトなボディはバックに忍ばせておき,シャッターチャンスがきたらさっと取り出して撮影するのにもってこいでした!

遠出のときは荷物にならない!さっと取り出してすぐ写真が撮れる!

秋田料理提灯と桜 都会の桜は綺麗で感動した件/お江戸深川桜祭り

キャッシュバックキャンペーンでさらに安く

私はカメラのキタムラで「SONYα6000パワーズームキット」を購入しました。

現在の私の相棒「SONYα7Ⅱ」購入時もそうでしたが,SONYはお得なキャンペーン(キャッシュバックやスタートアップキャンペーン)を定期的に行っているので初期費用を安く抑えてカメラを手に入れることができるのです。

ただし購入時には定額お金を払わないといけないです。後日キャンペーンに応募すると口座にお金がバックされました。

参考までに他ブロガーさんの記事を

参考 ソニーストアで安く買う2つの秘訣!!午後のFikaにはココアでも

SONYα6000は良いぞ

スナップショットと相性◎

小型軽量の強みを生かして「街角」などでのスナップショットでα6000は活躍してくれます

秋田市内の「千秋公園」でスナップ散歩です。この公園は四季を通じて撮影が楽しめるので秋田に住んでいたときは頻繁に訪れていました。

千秋公園のイチョウ 【四季の写真掲載】秋田市千秋公園のネイチャーとイベント掲載

被写体を強調させた撮影も得意!

フキノトウを撮ったり,を撮ったりと春は撮影するものがたくさんあるのでカメラ触る機会も多いですよね〜

α6000はセンサーサイズがAPS-Cサイズです。良いボケをだして被写体を強調させた撮影が可能なのです!

撮影作品一覧

秋田県小坂町で夜桜を楽しみました!

西洋チックな町並みが楽しめる小坂町。夜は静かすぎる雰囲気に少しビビりながらも西洋風雨建物や道路,桜を撮影してきました。

小坂町での撮影は以下の記事で詳しく紹介しています(・∀・)

小坂町街路桜と一緒に 【鹿角郡小坂町で夜桜】小坂鉱山事務所で桜と西洋風な街並みを撮影

モノクロにして撮影してもいいかも

秋田名物”なまはげ”です。彼らは男鹿半島あたりに生息しています。たまに秋田駅前にも現れます。

その迫力は大人でもたじろぐほど。普通に怖いです。

遠出のときに頼りになる

東京の春を写真に収めてきた

厄払いに兼ねて”川崎大師”に行ってきたときに撮った写真です。

川崎大師前の道はお店が並び厄除けグッズの宝庫でした。天気にも恵まれていい写真が撮れました!

学問の神様である藤原道真公が祀ってある湯島天神にも足を伸ばしました。

「人事を尽くして天命を待つ」は私の生涯の座右の銘です。

春なので桜を撮影しに深川のお江戸桜まつりに

桜並木を楽しみながら川沿いをフォト散歩です!

函館でも観光がてらフォト散歩

北海道といえば海鮮でしょ!

先ずは,函館あさいち

昼前に行きましたが,観光客やお店の人で活気に溢れていました。海鮮丼をどの店で食べるか迷います。

迷いに迷いましたがやっと海鮮丼にありつけました。

私はサーモンが大好きなので選べるネタに必ずサーモンをチョイスしました。

赤レンガ倉庫前を通りラッキーピエロ前

金森赤レンガ倉庫前を通過し,函館山方面に足を進めました。

函館名物ラッキーピエロのお店をありました。今はお腹いっぱいなので後で食べに来ることにしましょう。

ラッキーピエロではハンバーガーやオムライス,カレーなど多くのメニューがあり,量も多く満足いくまで食事できます。

八幡坂の坂上からの景色

草木などの緑が少なく少しさびしい気もしますが,いい景色です。

冬にはイルミネーションも行われるとのことで冬は良い撮影スポットになりそうですね。

八幡坂のイルミネーションと冬花火を一緒に撮影した件/函館海上冬花火Day2

函館山ふともの教会通りから一枚。

函館の町を一望できるので風景写真撮影にはもってこいのスポットだと思います。

まとめ

今回紹介した写真は全て「α6000」+「パワーズームレンズ16-50mm」で撮影しました。

スナップショットや風景撮影,グルメ撮影などの色んなシーンで活躍してくれることでしょう。

他にも今回紹介できなかったα6000の豊富な機能は撮影の幅をさらに広げさせてくれるでしょう。皆さんもフォト活をレッツエンジョイしましょう!!

最後まで読んでくれて,ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です