Twitterアカウントはここから

仁別国民の森で森林浴と渓流散策【2021年最新情報記載】

サムネ・仁別自然休養林

こんにちわ,ゆう(@yusukebe029)です。

旭川ダム公園から仁別林道を進み、森林博物館周辺の仁別国民の森に行ってきました。

青々とした自然と心地よいせせらぎの渓流で自然を満喫してきたので紹介します。

この記事の概要

森林博物館までの道中を紹介します。森林博物館とせせらぎの池、近くの渓流で撮影した写真と紹介します。雄和仁別自転車道や散策路の現在(2021年)について記載しています。

仁別国民の森に行ってみようと考えている人は是非一読してください。

旭川ダム公園から森林博物館まで

仁別林道は2021年6月25日まで通行止めとなっていました。

それ以降は通行止めが解除され、森林博物館や旭又登山口(太平山)まで行くことが出来るようになりました。

およそ15kmほど片側通行の道を進むと、森林博物館に到着します。

道路はコンクリートで舗装されていますが、道幅は狭く、運転に慣れていない人は要注意です。

対向車が来た場合に備え、脇に避けれるスペースやすれ違える幅になっている場所もいくつかあります。

ゆう

行きは軽トラ1台と、帰りは2台の車とすれ違いました。車通りはそんなに多くありません。

おそらく、渓流釣りか太平山を登山する人たちでしょう。

仁別林道は1本道なので迷わず森林博物館まで行くことができるでしょう。

森林博物館手前にはキャンプ広場と公衆トイレ、仁別自然休養林の案内看板があります。

キャンプ広場から200mmほどで森林博物館に到着です。

私が訪問した時は森林博物館は閉館しており、張り紙で「開館の目処が立たないので、しばらく閉館します」と表示されていました。※2021年7月25日時点

博物館は行くことが出来ずに残念でしたが、あたりの自然を散策してきました。

森林博物館周辺の探索

やすらぎの池

睡蓮がたくさん咲いていました。

雰囲気的にはカワセミがいそうな池でしたが、実際にいるんでしょうかね?

めおと杉と渓流

ここから少し進むと「めおと杉」に続く橋と渓流があります。

めおと杉の径を進むと巨大な杉「めおと杉」が見えますが、夏の時期で道が藪化で植物が腰の高さまできていたので、今回は行きませんでした。

仁別国民の森では、各所で岩崩による通行止めや藪化のため歩きにくくなっている道がありますので注意が必要です。

せせらぎの径を100mほど進んでみましたが下の写真のような感じでした。

めおと杉へ続く橋の横を下りると渓流に沿って散策できます。

小石や岩がゴロゴロしているのでトレッキングシューズなど足をけがしない靴を履いて散策しましょう。

天気のいい日は渓流から立ち上る湯気?を見ることができます。※朝〜昼前の時間帯です。

釣り人も1人いました。イワナとかヤマメが釣れるんでしょうか?

天気がいいと緑の木々から日が差し込んでシャー!って感じでいい写真が撮れます。

ロックバランシングもやってみました。

意外と感覚で積んでいけば、4〜5個くらいは簡単に積めるものですね。

人の騒音が全く聞こえない自然に囲まれた場所で日常とは違って良い気分転換になりますね。

森林博物館から他所へのアクセス

めおと杉見物を含む散策路

上述しましたが、ここから「めおと杉の径」や「せせらぎの径」と周辺を気軽に森林浴できる道があります。

詳しくは仁別自然休養林の案内看板に書いてあります。

ただ、落石や藪化で道が通れなくなっている場所もあるので、立て看板の注意書きを読むことが大事です。

雄和仁別自転車道

上の写真にはサイクリングロードとありますが、これは現在は封鎖中なようです。

正式名称は「雄和仁別自転車道」といって、旧仁別森林鉄道を整備して作られた自転車道だとか。

「藤倉水源地」近くの国道から脇道に入っていき、川沿いに自転車を漕いでいけることになっていますが、ここからは通行止めとなっています。

見た感じロックネットは設置してあるものの、いつ崩れたのかわからない土砂が道路を覆っている場所も遠くから確認できます。

予算など色々事情はあるのでしょうけどせっかくの施設をこのまま放置するのは非常に惜しいです。

この自転車道の惨状については以下のブログ記事で写真付きで紹介されています。

太平山・旭又登山口

森林博物館から2.5 kmほどで太平山登山口「旭又登山口」に到着します。

ここは太平山を登るいくつかのコースの中でも最も楽に登れるコースらしく、美しいブナ林を見ながら登山できる場所らしいです。

最後に

帰り道は来た道を引き返して、戻っていきます。

また林から陽がシャーッてたので一枚撮影しました。

仁別国民の森は夏の森林浴にピッタリなスポットだと思います。

冬(クマの冬眠時期)にはスノーシューやスキーで自転車道を突き進んでいる猛者もいるみたいです…

ここ仁別ではクマが出ることもあるらしく、クマ注意の看板も見かけたので、一人での行動は避ける、熊避け鈴やクマ撃退スプレーを持って歩くなど自分の身を守る準備はして下さい。

他にも森林浴や渓流散策の記事を書いていますので、興味あればあわせて読んで下さい。

サムネ・岨谷峡岨谷峡の渓流【秋田市・川辺岩見】幻想風景スポットサムネ・道川大滝秋田市身近な滝スポットで涼め!夏のヒーリングスポット「道川大滝・大滝山自然公園」

ゆう

最後まで読んでくれてありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です