Twitterアカウントはここから

秋田市身近な滝スポットで涼め!夏のヒーリングスポット「道川大滝・大滝山自然公園」

サムネ・道川大滝

こんにちわ,ゆう(@yusukebe029)です。

秋田市では梅雨のジメジメした時期が過ぎるとガッツリ暑い夏がやってきます。

秋田市の市街地から車で30分圏内にある涼めるスポットを紹介したいと思います。

この記事の狙い

①秋田市内にあるヒーリングスポット「大滝山自然公園」を紹介する

②公園内の様子と”道川大滝”を撮影した写真をお披露目する

③大滝山ふもとの温泉についても紹介する

です。では,早速いってみましょう!

アクセス

秋田駅から仁別国民の森方面に車を進め,国道41号線に沿って山越えすると大滝山自然公園への入り口が見えてきます。

「秋田駅〜大滝山自然公園」ルートのGoogle Mapリンクを貼っておきます。

大滝山自然公園入り口

ここからは片側通行の道になります。

途中,車がすれ違えるほどの幅の道や脇に避けてすれ違えるポイントがあるので前から車が来ても大丈夫です。

道川大滝近くの休憩所

道川大滝の近くには無料の休憩所があります。

道元大滝・休憩所

すぐ横には20~30台が駐車できる駐車場があります。

カーテンが閉まってないほうが休憩所です。

無料休憩所

クマさんが出るみたいです…

私は念の為,熊よけ笛熊撃退スプレーを持っていきました。

休憩所内にはここで撮影された写真が展示されており,窓から見える景色を楽しみながら休憩できるようです。

人気がなかったので今回は休憩所を利用しませんでした。

他にも道川大滝を訪れた人の記事を見つけたのでリンク貼っておきます。結構詳しいレビューでした。

いざ道川大滝へ!

道川大滝への案内看板があるので,看板を頼りに道川大滝を目指します。

っといっても0.2kmなのですぐそこですね笑

行き先案内

道川大滝までは舗装された道を歩いて行くことが出来ます。

滝が近づくと”けもの道”になりますが,特別登山用の装備などは不要です。

滝の流れる音が聞こえてきて,滝もすぐそこです。

右側には川が流れていて,小さな魚がたくさん泳いでいました。

この川は下流の大滝沢用水池に続いています。

道川大滝から流れる川

滝に近づくとひんやりとした空気になり,滝の音も大きくなってきました。

入水は一応出来ますが,岩肌が危ないと思うのでサンダルを履いて入るといいでしょう。

サンダルを流されないように注意してくださいね。

道川大滝

GRⅢの内蔵NDフィルター機能を使って撮影しました。

シャッタースピードを約1秒に設定して滑らかな滝の流れを表現しました。

スローシャッターなのに手持ち撮影でもブレずに撮影できるなんて流石RICOHコンデジのGRⅢです。

駐車場への帰り道で,林でうごめく小さな影がありました。

胸の黒いネクタイが特徴の「シジュウカラ」さんです。

この鳥はすばしっこいのでピント合わせも一苦労です。

シジュウカラ

駐車場からは木に隠れて見えづらいですが,大滝沢用水池が見えました。

水が綺麗な渓流域なのでカワセミやヤマセミがいるとのことでしたが,この日は野鳥の気配は特に感じることはできませんでした。

大滝沢用水池

大滝山温泉(神の湯)

大滝山自然公園の入り口のすぐ横にあります。

大滝山自然公園を散策した後に汗を流すためピッタリの温泉です。

基本情報
【住所】秋田市上新城道川字愛染9

【定休日】平日

【営業時間】10:00〜18:00

【料金】大人¥400 小人¥200

【TEL】018-870-2600

大滝山温泉

閉まりきっていたので調べてみましたら休業中のようです。

コロナの影響かしら・・・?

最後に

夏の暑い時期でも木々に囲まれて滝の音が聞こえる「大滝山自然公園」は避暑地とも言えるでしょう。

秋田市から車で30分圏内なので気軽にアクセスできます。

秋田市では他にもおすすめスポットがあります。以下の記事で紹介中です。

千秋公園のイチョウ【四季の写真掲載】秋田市千秋公園のネイチャーとイベント掲載サムネ・セリオン風車【秋田観光どころ】道の駅秋田港セリオンタワーwith風力発電用風車

ゆう

最後まで読んでくれてありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です