カテゴリー"SANGOブログ"の記事をリライトしました

フォトコンに応募する作品の郵送方法と料金紹介

こんにちわ,Isamu(@yusukebe029)です。

フォトコン応募作品の郵送方法(郵便局orヤマト運輸)について紹介します。

応募作品の保護については以下の記事に詳しくまとめています。

この記事の概要

郵便局とヤマト運輸を使った応募作品の郵送方法を紹介。郵便局から郵送する方法は複数紹介し、安く郵送できる方法はどれなのか、プリントサイズごとに検討してみた。

フォトコン郵送応募について

フォトコンは「プリント部門」と「デジタル部門」に大別されて、プリント部門に応募する場合、写真を指定サイズにプリントして郵送します。

写真のプリント料金作品の保護材料費応募先までの郵送料などいろいろお金がかかります。

少しでも郵送料を安くしようと郵送方法の種類と発生する費用について考えてみました。

作品郵送時の注意とやるべきこと

プリント作品は郵送中に「折り曲げならない」「水で濡れない」ように保護しましょう。

折曲対策として厚紙やダンボールなどで保護します。

厚紙などでや水濡対策は冒頭の記事リンクから詳細は見てください。

また、折曲対策や水濡対策をする際に、郵送物全体の厚さに気をつけましょう。

郵便局で郵送する際、重さや縦横のサイズ、厚さで郵送料金が変わるので、梱包時は無駄に大きくしないように心がけたいです。

郵便局から郵送

品名には「写真」と書き、フォトコン応募作品を送りましょう。

普通郵便で送る・定形郵便と定形外郵便(規格内・外)

サイズ:L・・・定形郵便
サイズ:2Lからワイド四切・・・定形外郵便

が普通郵便で応募できるプリントサイズの目安だ。

封筒に入れて、表面に赤ペンで「写真在中」と書いて送りましょう。

折曲厳禁オプションはないですが、郵便局員さんから「折曲厳禁」と赤ペンで書いている人もいますよ、なんて言われたので私は書くようにしています。

Isamu

配慮してくれることを願う!

定形郵便と定形外郵便については以下の基準で分類されます。

定形郵便
・重さが25/50g以内

※25g以内か50g以内で料金が変わる

・厚さ1cm以内

・12cm×23.5cm(長3封筒)以内に収まるもの

定形外郵便(規格内)
・重さが50g以上500g以内

※50g、100g、150gまでと、ある区切りごとに郵送料金が変わる

・厚さ3cm以内

・25cm×34cm以内に収まるもの

※重さが500gを超える、もしくは厚さが3cm以上だと定形外郵便(規格外)

1枚や2枚程度の作品応募で厚さ1cmを超えることはまずないと思うので、あとは重量と大きさで料金が決まってくるでしょう。

エアクッション入り封筒も販売されているので、2Lサイズなどの写真応募で活用するといいでしょう。

A4サイズのエアクッション入り封筒をDAISOで見かけました。

定形郵便の郵送料金

25g以内:¥84

50g以内:¥94

定形外郵便の郵送料金

重量規格内規格外
50g以内¥120¥200
100g以内¥140¥220
150g以内¥210¥300
250g以内¥250¥350
500g以内¥390¥510
1kg以内¥580¥710
2kg以内¥1,040
4kg以内¥1,350

レターパックライト・プラスで送る

サイズ:L、2L、六切、A4

※ワイド六切以上のサイズは厳しそう。。。

レターパックライトは厚さ3cm以内までの制限があります。

しかし、どちらも重さ4kg以内までで、レターパックに入るものなら郵送可能です。

レターパックのサイズ
248cm×340cm(A4ファイルサイズ)
郵送料金

レターパックライト:¥370

レターパックプラス:¥520

スマートレターで送る

サイズ:L、2L

小型特定封筒(郵便局、コンビニなどで販売)を使って郵送する方法です。

送ることができるサイズ
・重さが1kg以内

・17cm×25cm以内(A5ファイルサイズ)

・厚さ2cm以内

郵送料金

¥180

ミニレターで送る

サイズ:L

封筒兼用の便箋を使って送る最安値と言われる方法です。

送ることができるサイズ
・重さが25g以内

・9.2cm×16.4cm以内

・厚さ1cm以内

郵送料金

¥63(全国一律)

ヤマト運輸から送る

ヤマト運輸でも「宅急便コンパクト」サービスがありますが、送れるサイズがA4サイズまでのようです。

宅急便薄型専用BOX
24.8cm×34cm

郵送物次第ですが、郵便のほうが安く送ることができるでしょう。

郵送料金

60サイズ未満:¥660+¥70(専用ボックス代)

最後に

郵便局での各郵送手段を駆使すれば、かなりお安くフォトコン応募作品を送ることができそうです。

私の経験では2L、六切、A4、四切でのプリントが多いので、普通郵便かレターパックを多用しています。

フォトコンには頻繁に応募するわけではなく、たまにドサッと何個か応募しているので、作品の梱包や郵送方法を忘れがちです。

ここで纏めておいたので、皆さんも今後フォトコンに応募する際に活用してください。

他にもこのブログではカメラやパソコンに関する記事を執筆しているよ!

サムネ・格安SIM移行手続きauから楽天モバイルへの移行方法を解説!サムネ・楽天ひかり光コラボレーション契約で楽天ひかり始めましたサムネ・双眼鏡選定Nikon双眼鏡(Sportstar EX 10x25D CF)レビュー・双眼鏡の選定の仕方まとめ付サムネ・GRⅢRICOH・GRIII まとめレビュー!ハイスペ高級コンデジサムネ・K-S2PENTAX「K-S2」購入&実用レビュー・カメラデビューしたい人におすすめのタフな一眼!サムネ・金森赤レンガ倉庫北海道函館でエンジニアとして働きながら風景を主に撮影する話大潟村スカイリプレースメント大潟村観光前に知るべきことまとめ集|日本最大の干潟

Isamu

最後まで読んでくれてありがとうございました!

7DMarkII Blog Canon EF100-400mm EF300mm EOS RP FE70-200mm FE200-600mm GRIII K-S2 PENTAX RICOH SANGO Sigma150-600mm Sony TAMRON Tamron100-400mm WordPress α7II α7RIII アニマル カワセミ コンデジ ダム ブログ レビュー 一眼レフ 三脚 函館 動画 北斗市 北海道 探鳥 望遠レンズ 格安SIM 楽天モバイル 機材 渓流 秋田 紅葉 観光 野鳥 野鳥撮影 風景