カテゴリー"SANGOブログ"の記事をリライトしました

FE 200-600mm F5.6-6.3 G OSS レビュー|手持ちで野鳥撮影

こんにちわ,Isamu(@yusukebe029)です。

以前、秋田の過酷な環境で野鳥撮影を加速させるため、SONY ILCE-7RM3(α7R III)を購入しました。

その際、一緒にFE 200-600mmレンズも購入して野鳥を撮影することにしました。

購入からしばらくして実写も集まってきたのでこの度レビューします!

SONYレンズ群と200-600mm選定経緯

SONYレンズラインナップの中で、野鳥撮影に向く焦点距離を持ったレンズをいくつか抜粋します。

描写力ならGMレンズたちのほうが上でありますが、ズームレンズで広域をカバーできる200-600mmのGレンズは超望遠の中でも汎用性が高いと考えられます。

また、200-600mmは私のSNSフォロワーなどでも利用者が多く、憧れのレンズでもありました。

FE 200-600mm F5.6-6.5 G OSS

先ず、購入レンズの全容についてお示しします。

全長は30cmほどで、重量は2.1kgほどとなっています。

Sigma 150-600mmレンズは3kg近くありますので、それよりは軽量のレンズとなります。

使ってみた感じ、手持ちで移動しながらの撮影でも負担が少なく、疲れにくいです。

このレンズはインナーズーム式で、ズームリングを回してもレンズが前に飛び出したりせず(レンズ全長が変わらず)、重心が変わらないため、三脚に取り付けて使う場合や、手持ち時のバランス崩れなどが起きる心配が減ります。

フォーカスホールドボタンが上と左右の90°ピッチで配置されています。

縦持ちと横持ち両方で使用できる構造になっているかと思います。

このボタンには機能を割り当てる他に、ピントをロックできます。

レンズにはフッ素コートが施され、撥水性と撥油性が高いのも特徴です。

レンズのクリーニング時には汚れが落ちやすいです。

このあたりの機能は皆さんご存知かと思いますので省略しますが、釈迦に説法ですよね。

手ブレ補正モードについては触れておきます。

MODE1は通常使用する手ブレ補正モードで、MODE2は流し撮り撮影に対応します。

最後のMODE3はモータースポーツや野鳥など動きが変則的で速い被写体を撮影する際に、手ブレ補正でサポートしてくれます。

※ただし、α9でこのMODE3を使用する際はファームウェアをアップデートする必要があるそうです。

ボディ内手ブレ補正機能搭載のボディと使用することで、ボディ側の5軸方向の手ブレ補正も撮影を強力にサポートするそうです。

また、1.4x/2.0x テレコンバーターにも対応しているので、焦点距離をさらに伸ばしたい場合には購入するといいでしょう。

実写レビュー(野鳥)

fe200-600mmレンズで主に野鳥を撮影しました。

ここでは、どんな写真が撮れるのか実際にご覧になっていただきたいと思います。

カワセミ類

私もミーハーなので、探鳥を始めた当初はカワセミ類を追っかけていました。

探鳥2シーズン目にはついにカワセミ・ヤマセミ・アカショウビンの撮影に成功しました。

御池で撮影したカワセミ1番子。

渓流にて、水面スレスレを飛ぶヤマセミ殿。

深山幽谷に現れたアカショウビン。

さえずりは夏の風物詩といっていいでしょうね。

アカショウビンのさえずりはこちらから

身近な野鳥たち

fe200-600mmレンズで撮影した写真を見返して思ったのは、野鳥にすごく寄って撮影できていることです。

これは焦点距離600mmだからこそ実現できたことなのですね。

都市公園でカワラヒワ殿。

杉の枝に飛び移るヒヨドリ殿。

森林のなかで盛んにさえずっていたホオジロ殿。

ダム湖の照明に留まっていたセグロセキレイ殿。

都市公園で見つけたアオゲラ殿。

深雪の里山で出会ったベニマシコ殿。

春の渡りで日本に来たばかりのキビタキ殿。

市街地の都市公園で観察。

標高300mほどの小高い里山で出会ったビンズイ殿。

森林の御池に住むオシドリ殿。

大型猛禽類

猛禽類は空高く舞っていたり、遠くに留まっていて普通に撮影しては米粒くらいにしか映らないですね。

でも、このレンズなら遠くにいる猛禽類なども引き寄せて撮影できます。

距離50mほどを飛ぶトビ殿。

仰ぎ見る形で撮影したノスリ殿。

高い高い杉の木よりさらにその上を飛ぶクマタカ殿。

波状飛行は迫力有りです。

距離30mほどに留まってくれたクマタカ殿。

ツキノワグマ

危なくて近寄れたものではありませんが、ツキノワグマも遠くから撮影できます。

知識ゼロでツキノワグマと向き合うのは大変危険です。

命を守る知識を身に着けて行動する必要があります。

ツキノワグマを知り、里山活動に活かす話 よく行く仁別でもクマ被害!秋田のツキノワグマとそのクマ対策について検討した話 熊対策グッズまとめ・必需品3選+あれば良い品9選

最後に

SONY fe200-600mmレンズは野鳥撮影において活躍間違いなしのおすすめレンズです。

手持ちスタイルでも全然使えるので私も最近はもっぱらこいつを愛用しています。

野鳥写真がもっと見たい方はギャラリーをご覧になってください。

野鳥写真ギャラリー野鳥写真ギャラリー

その他にもレビュー記事を執筆していますので、気になる方は除いてみてください。

fe70200mm-review-samuneFE70-200mm F4 G OSS 望遠ズームレンズ実写レビュー Sony α7R III購入!! 秋田の厳しい天候で野鳥を撮影する素敵な機材Sony α7R III購入!! 秋田の厳しい天候で野鳥を撮影する素敵な機材 Canon EOS 7D Mark II 実写レビュー・私の野鳥撮影メイン機Canon EOS 7D Mark II 実写レビュー・私の野鳥撮影メイン機 Sigma 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM Sports テレコンキット・実写(野鳥)レビュー

Isamu

最後まで読んでくれてありがとうございました!

7DMarkII Blog Canon EF100-400mm EF300mm EOS RP FE70-200mm FE200-600mm GRIII K-S2 PENTAX RICOH SANGO Sigma150-600mm Sony TAMRON Tamron100-400mm WordPress α7II α7RIII アニマル カワセミ コンデジ ダム ブログ レビュー 一眼レフ 三脚 函館 動画 北斗市 北海道 探鳥 望遠レンズ 格安SIM 楽天モバイル 機材 渓流 秋田 紅葉 観光 野鳥 野鳥撮影 風景