カテゴリー"SANGOブログ"の記事をリライトしました

PENTAX「K-S2」購入&実用レビュー・カメラデビューしたい人におすすめのタフな一眼!

サムネ・K-S2

こんにちわ,Isamu(@yusukebe029)だよ。

私の一眼レフエントリー機「K-S2」のレビュー記事を書いてみた

デジタルカメラといえば,CanonやNikonの名をよく聞くが,PENTAXは独自路線でこの2社に勝るとも劣らないユニークなカメラを販売しているメーカなので皆に知って欲しい。

この記事の概要

RICOH社のPENTAXカメラについて特徴やKマウントレンズについて解説している。エントリーモデルのK-S2について特徴と実写を掲載する。カメラデビューする方におすすめできるPENTAXのエントリーカメラだ!

PENTAXってどんなカメラ?

PENTAX K-S2はRICOH社製の一眼レフカメラだ。

CanonNikonなどの名前を聞くことが多いと思うが,PENTAXって聞き慣れないワードだろう。

Isamu

ペンタキシアンの皆様お許し下さい。。。

私は一眼レフを初めて購入する際にカメラを選ぶ中でPENTAXのカメラを知ったのだった。

改めて調べてみると、PENTAXの一眼レフには他のメーカとは違う、魅力的な特徴がいっぱいだったにゃ!

ねこ氏

エントリーモデルから防塵防滴構造を採用

アウトドアで使用するにあたってダストや水滴の侵入はカメラにとって良くないことだ。

通常、ハイアマチュアモデルクラスでないと採用されない防塵防滴構造がPENATXのカメラはエントリーモデルから採用されている。

もちろん、ここで紹介するK-S2もちゃんと防塵防滴構造だ。

レンズの焦点距離が他メーカとちょっと違う

PENTAXはKマウントを採用している。

レンズの焦点距離ってのはどのメーカもだいたい同じ焦点距離を採用し、覚えやすいものが多い。

例えば…
・70-200mm

・100-400mm

・300mm

など数字のきりがイイな。

ところがPENTAXは焦点距離が「お?ん?」というレンズが割とある。

例えば、16-85mmレンズ28-105mmレンズ560mmとかだ。

広角端で28mmとか、単焦点で半端な焦点距離はよく見るけど、望遠端で85mmってなんだよ!105mmってもうちょいいけや!って思うのは私だけだろうか。

この焦点距離にする理由を知っている方いればコメントでご教授願う。。。

ボディ内手ブレ補正を標準装備

PENTAXカメラはボディ内に手ブレ補正機構が標準で備えられている。

この手ブレ補正の有無で驚くぐらい撮影に影響が出る。

手持ち撮影する場合はシャッタースピードにも依るが、撮影写真がぶれてしまうことがよくある。

このブレをボディ側で補正するか、レンズ側で補正するか、機材購入時によく見て欲しい。

ボディにもレンズにも手ブレ補正が搭載されていない場合、ブレを抑える工夫をしないといけないので、撮影時のストレスも高まりそうだ。

ただ安心して欲しい。

PENTAXはボディ内に手ブレ補正搭載なので、どんなレンズを使って撮影しても安心だ。

天体撮影に頼もしい味方「アストロレーサー」

天体撮影時は、星の動きにあわせてカメラを動かす赤道儀が必要になる。

PENTAXのカメラにはアストロレーサーという機能を搭載しており、長時間露光しても星の動きでブレた写真にならず、かんたんに天体撮影が楽しめる。

私の友人も生粋のペンタキシアンですが、よく山に登ってキレイな星空写真を撮って見せてくれる。

レンズのラインナップ

Limitedシリーズと★(スター)レンズ

先述した焦点距離が他メーカと差別化されていることに加え、PENTAXのレンズにはいろんなシリーズがある。

ユニークなだけでなく描写性能もいいレンズであることから、そのレンズを使いたいがためにPENTAXにしているという人の話も聞く。

例えば、★(スター)レンズと呼ばれるレンズや、Limitedシリーズと呼ばれるレンズが代表的だ。

特に、Limitedシリーズはマニアに好評と噂は聞く。

スターレンズも描写性能を突き詰め、無印レンズより高性能であり、PENTAXで撮影を極めたい人は買っておいて損はないレンズだ。

安価なレンズナインナップ

スターレンズやLimitedシリーズはそれなりの価格ではあるが、無印レンズはコスパが良い。

純正レンズで安いのはカメラにあまりお金をかけられない、かけたくない方々にとっては朗報だろう。

私がお世話になったレンズで魚眼ズームレンズ10-17mmがあるが、魚眼のズームレンズとなれば他メーカでは最低でも¥100,000弱、いえ¥100,000超えなんてザラだ。

中古ではあったが¥26,800で購入でき、とても驚いている。

PENTAXエントリーカメラ K-S2

初心者にはもったいない高性能カメラ

ここまでの説明でPENTAXのカメラは良レンズをラインナップされてメーカのカメラで、カメラ自体のアウトドア向きの性能を有し、風景撮影に向くカメラであることがよく判ったであろう。

風景撮影に向くを説明してなかったかもしれん。すまん。

PENTAXはNikonと同じく、寒色系の色表現が得意なカメラだ。

Canonは暖色系の表現が得意で、ポートレートなど人物撮影などに向くとも言われている。

私は違いが全然分からないが、見る人によっては違うのだろうか?

K-S2でカメラデビュー!

エントリーモデルとして当時はK-S2が18-135mmレンズとレンズキットで販売されていた。

この焦点距離のレンズなら広角から望遠まで広くカバーでき、このレンズ一本でしばらく撮影を楽しめる。

撮影に慣れてきて、自分の撮りたいものが定まってきたら、それに合わせて次のレンズを買うといい。

現在ではK-S2に替わって、K-70がエントリーモデルの座についている。

黒を貴重としたクールな色合いできっと最高の相棒になってくれるだろう。

PENTAX K-S2で写真撮影!

K-S2購入時から一貫して風景を撮り続けてきた。

秋田と北海道でK-S2で撮った写真をお披露目したい。

K-S2を使えばこんな写真が撮れるんだ!

しかと見届けて欲しい。

北海道の春|函館と北斗の桜の名所

松前藩戸切地陣屋跡の桜街道

800mにもなる長い長い桜トンネルが名所となっているお城跡地だ。

松前藩戸切地陣屋跡の桜トンネル

望遠側で撮影してみると圧縮効果でいい感じの写真が撮れた。

五稜郭タワーとお堀の桜を撮影してみた。

天気は曇天だったが、桜のピンクを綺麗に表現できた。

函館五稜郭タワーとお堀の桜

秋田の夏|初夏の風物詩

稲が順調に育つ田んぼで送電線と一緒に広大な風景を撮影してみた。

どこまでも続く空を眺めていると悩んでいることなんてどうでもよくなるなぁ〜

秋田市のとある田園と送電線

初夏といったらあじさいだ。

被写体に近づいて撮影すれば、花びらまで綺麗に解像させることができた。

秋田市千秋公園の紫陽花

北海道の夏|真夏の花火と高原からの大パノラマ

北斗市夏まつりにおいて上磯漁港から打ち上げられた花火を三脚立てて撮影した。

長秒露光でお手本のような花火撮影。

北斗市夏祭り上磯漁港からの花火

PENTAXの得意分野である風景撮影はお手の物だ。

北斗市「きじひき高原」から眼科に広がる緑の風景を捉えた。

北斗市きじひき高原パノラマ展望台から

秋田の秋|秋の終わりの風景

秋田市中心部の都市公園『千秋公園』を訪れた時に撮影したイチョウ。

哀愁漂う雰囲気のなか、冬が近づいていることを暗示させている。

秋田市千秋公園の銀杏(ローアングル)

この写真は個人的にかなりお気に入りの一枚。

K-S2のバリアングル液晶を活用して、ローアングルから撮影してみた。

RICOH社公式HPより
引用元:http://www.ricoh-imaging.co.jp/japan/products/k-s2/feature/03.html

北海道の秋|紅葉の名所で秋の彩りを満喫

函館『見晴公園(香雪園)』の紅葉でSOFTフィルターを使って撮影した。

秋晴れの日にSOFTフィルターのホワホワ感が増して秋の彩りを最大限に引き出すことができた。

函館見晴公園の紅葉

北の大自然「北海道」で風景動物撮影

海岸沿いから夜景を撮影。

6月になると漁火(いさりび)が解禁される。

津軽海峡の沖にたくさんの船が並び、明かりを灯してイカ漁が行わる。

旧上磯町の海岸から函館山とセメント桟橋を入れた夜景

初めて買った望遠レンズ「Sigma70-300mmレンズ」で北海道新幹線を撮影した。

現在では、新函館北斗駅までしか新幹線は来ていないが、将来的には札幌まで開通する新幹線は、北の大地×新幹線撮影へのモチベーションを上昇させる。

道の駅知内の新幹線展望台からはやぶさ撮影

北海道は野生動物の宝庫だ。

狐、鹿、たぬき、リスなどそこら中にうろうろしている。

また、牧場も多く、町営牧場で出会った牛さんを一枚パシャリ。レンズは望遠レンズ。

城岱牧場の牛

ヒグマなんて怖い動物もいるが、野生を感じるならダントツで北海道だろう。

フォトコンで入賞する作品も「四季の景色+野生動物」が写った北海道の写真が多い。

寝台列車北斗星が眠る広場で夜景と寝台列車を撮影してきた。

レンズは魚眼ズームレンズ10-17mmをつかって、歪曲させた超広角の風景を撮影してみた。

茂辺地北斗星広場

2019年に開催されたラグビーワールドカップ2019を観戦に行ったときに会場の臨場感をだすため魚眼レンズで撮影したものだ。

試合中は夢中で観戦し、試合後の選手たちへの称賛の様子を魚眼レンズを捉えてみた。

オーストラリア vs. フィジー in 札幌ドーム

標準レンズ、望遠レンズ、魚眼レンズといろんなレンズを使って、四季を感じる写真をたくさん撮ることが出来た。

いつどんなシーンもカメラは写真として残せるので素晴らしいアイテムだ!

K-S2についてもっと知りたい方は公式ページとギャラリー確認だ。

最後に

PENTAXカメラは一部のマニアなおじさんが持っている印象が強いが,若者も積極的に使っていいカメラだと思う。

ペンタおじさんなんて死語もあるが、若者もどんどん積極的に使って、おじさんに替わるユニークなワードを流行語にノミネートされるくらい流行らせて欲しい。

SNSを見ているとKPやK-3 Mark IIIもPENTAXユーザの間ではよく使われているようだ。

カメラ購入の際に店頭でPENTAXカメラを見かけたらぜひ手にとってみて欲しい。

そして,もし気に入ったら…?

他にもPENTAXについての記事を多數執筆している。

PENTAX魚眼レンズ 10-17mm f/3.5-4.5(Kマウント)風景カメラマン必見!サムネ・K-S2紅葉K-S2実写レビュー【PENTAX一眼】桜、紅葉、鉄道、航空機、夜景…とにかくたくさん撮ったよ!北斗市茂辺地の北斗星広場・引退寝台列車の夜間撮影!特大花火シャッタースピード優先モードと三脚を使って花火を撮影した話私が”PENTAX K-S2”を手放した3つの理由【RICOH一眼レフ】

カメラレビュー記事もどうぞ!

Canon EOS 7D Mark II 実写レビュー・私の野鳥撮影メイン機Canon EOS 7D Mark II 実写レビュー・私の野鳥撮影メイン機サムネ・GRⅢRICOH・GRIII まとめレビュー!ハイスペ高級コンデジSony α7R III購入!! 秋田の厳しい天候で野鳥を撮影する素敵な機材Sony α7R III購入!! 秋田の厳しい天候で野鳥を撮影する素敵な機材サムネ・RPレビューEOS RPレビュー・Canonフルサイズミラーレス購入検討者は必見!Sonyミラーレス α6000レビュー!おすすめコンパクト軽量ミラーレスAPS-C機

Isamu

最後まで読んでくれて感謝申し上げる!

7DMarkII Blog Canon EF100-400mm EF300mm EOS RP FE70-200mm FE200-600mm GRIII K-S2 PENTAX RICOH SANGO Sigma150-600mm Sony TAMRON Tamron100-400mm WordPress α7II α7RIII アニマル カワセミ コンデジ ダム ブログ レビュー 一眼レフ 三脚 函館 動画 北斗市 北海道 探鳥 望遠レンズ 格安SIM 楽天モバイル 機材 渓流 秋田 紅葉 観光 野鳥 野鳥撮影 風景