Twitterアカウントはここから

K-S2はそりゃもうタフなカメラ!PENTAX一眼レフの魅力と特徴を解説【撮影写真も公開】

サムネ・K-S2

こんにちわ,ゆう(@yusukebe029)です。

これから一眼レフを購入したいと思っている人はぜひ参考にしてください。

デジタルカメラといえば,CanonNikonなどがメジャーかと思いますが,PENTAXもこの2社に勝るとも劣らないタフなカメラを販売しています。

K-S2ってどういうカメラ?

PENTAX K-S2はRICOH社製の一眼レフです。

カメラではCanonNikonなどの名前は聞くことが多いと思いますが,PENTAXってあまり聞かないワードだと思います。

ゆう

結構聞くと言う人は申し訳ない…

私は一眼レフカメラを買う時になってPENTAXのことを初めて知りました。

改めて調べてみると、PENTAXの一眼レフには他のメーカとは違う、魅力的な特徴がいっぱいだったにゃ!

ねこ氏

PENTAXカメラの特徴としては

・バリアングル液晶モニタ

・防塵と防滴構造

・ボディ内手ブレ補正

などが挙げられます。

K-S2の全仕様が知りたい人は公式ホームページで確認だ。

アウトドアにピッタリ!『防塵・防滴』構造

防塵・防滴は,エントリーモデルのカメラに搭載されていることはあまりないのですが、K-S2には搭載されています。

ゆう

PENTAXカメラは地質調査の研究者や軍人などが使用していると聞いたこともあります。

屋外でカメラをガンガン使いたい人には,PENTAXのカメラは相性抜群です!

バリアングル液晶モニタで自由な撮影を!

一眼レフの醍醐味は「ファインダーを覗き込んでシャッターを切る!」ですが,例えば、自撮りしたいときやローアングル・ハイアングルでの撮影ではライブビュー機能を使って撮影することがありますね。

K-S2ではこのライビュー機能時に覗き込む液晶モニターを下のように自在に向きを変えることができます。

バリアングル液晶モニタをうまく活用すれば、一味違った視点の写真を撮ることが出来ます。

ボディ内に手ブレ補正を搭載

K-S2はボディ内に手ブレ補正が搭載されています。

これでレンズに手ブレ補正が搭載されていなくても、安心して撮影できます。

性能の割に安価だったり、オールドレンズなどの類はレンズに手ブレ補正が非搭載の場合があります。

そうなると、三脚を立てて撮影するなど、ブレを極限まで抑えた撮影が必要になるので手間ですし、撮影が慎重にならざるを得ません。

撮影した写真をクロップしたとき、細部がボヤけていて、残念なときもありますよね。

ないよりはあったほうが良いボディ内手ブレ補正。

そんな、ありがたい機能もK-S2には備わっています。

マニアックかつ安価なレンズのラインナップ

まず私がPENTAXのレンズを見て思ったのが、焦点距離が他のメーカと違うことです。

例えば、Canonでは単焦点レンズ35mmや50mmなどがあるのに対して、PENTAXのLimitedシリーズを例に挙げると、31mmや43mmなどの単焦点レンズがラインナップされています。

各社の設計思想は異なるため、必ずしも焦点距離は一致するとは限りませんが、Canon、Nikon、Sonyなどは焦点距離が同じレンズで競っているのに、PENTAXは独自路線を進んでいるような気がします。

レンズのグレード

PENTAXのレンズはKマウントになります。

メーカ純正のレンズの他にサードパーティ製レンズであるSIGMAなどからもレンズが発売されています。

サードパーティ製レンズは安いという特徴が売りですが、実はPENTAXのレンズも純正なのに安く販売している感じがします。

私がお世話になったレンズに魚眼レンズ10-17mmがありますが、魚眼のズームレンズとなると他のメーカでは最低でも10万弱、いえ10万超えマストなんてザラかと思います。

中古ではありましたが、私はこのレンズを¥26,800で購入しています(2019年当時)。

今思えばこの値段は安すぎです。

魚眼レンズで写真を撮ってみたいを思っている人へ

風景屋にとって魅力な1本!魚眼レンズを使って超広角夜景を撮影してみた【PENTAX一眼】魚眼レンズからの景色LA-EA3アダプタでAマウント→Eマウント変換!SIMGA魚眼レンズをα7IIで使ってみた件【北海道北斗市】

今紹介した魚眼レンズは”無印”シリーズに該当します。

他には★(スター)レンズと呼ばれるレンズや、Limitedシリーズと呼ばれるレンズもPENTAXでは販売しています。

特に、Limitedシリーズはマニアに好評で、Limitedシリーズを使いたいがためにPENTAXにしているなんて人の口コミも聞きます。

Limitedシリーズが気になった人はこれを読むべし!

★(スター)レンズも性能を突き詰め、無印シリーズより高性能なレンズになっていて、PENTAXで撮影を極めたい人は買っておいて損はないレンズです。

天体撮影に頼もしい味方「アストロレーサー」

天体撮影時は、星の動きにあわせてカメラを動かす赤道儀が必要になりますが、PENTAXカメラでアストロレーサーという機能を搭載しているカメラは不要になります。

アストロレーサー機能を使用することで、長時間露光しても星の動きでブレた写真にならず、かんたんに天体撮影ができるのです。

私の友人も生粋のペンタキシアンですが、よく山に登ってキレイな星空写真を撮って見せてくれます。

1 2 3

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です