Twitterアカウントはここから

TAMRON100-400mmは野鳥撮影入門におすすめ【CanonEFマウント】レンズレビュー

こんにちわ,ゆう(@yusukebe029)です。

望遠レンズは動物,鉄道,航空機などの撮影で活躍間違いなしです。

望遠レンズの購入を検討している人はTAMRONレンズを望遠エントリーレンズにしてみませんか?

この記事の狙い

①TAMRONレンズについて紹介する

②なぜ100-400mmレンズなのか説明する

③TAMRON100-400mmレンズで撮影した写真をお披露目する

です。では,早速いってみましょう!

TAMRONレンズ

TAMRONはSIGMAと並んで2大サードパーティレンズメーカとも言われています。

純正のメーカレンズよりリーズナブルに自分の欲しい焦点距離のレンズを手に入れることができるかもです。

レンズラインナップ

TAMRON主力ラインナップとしては

Sony Eマウントレンズ(ミラーレス一眼用)

Nikon Fマウントレンズ(APS-C・フルサイズ一眼レフ用)

Canon EFマウントレンズ(APS-C・フルサイズ一眼レフ用)

があります。

今回,私が紹介するレンズはCanon EFマウント(フルサイズ一眼レフ用)のレンズです。

望遠レンズ

100-400mmレンズの他にも,70-300mm150-600mmなども望遠レンズとして販売されています。

70-300mmや100-400mmレンズは¥100,000を切る価格です。

150-600mmレンズも¥150,000弱とやや値は張るものの,この焦点距離のレンズはこの値段ではそう買えるものではないです。

各メーカがこぞって開発している70-200mmも勿論TAMRONのレンズラインナップに入っています。

70-200mm f/2.8はTAMRON製だと¥192,500Canon純正だと¥330,000と10万円も安いのです。

それでも約20万レンズですから,素人は中々手が出ないですよね。

あまりの高さに怯んじゃうにゃ…

ねこ氏

以前は,サードパーティ製レンズは純正レンズが高くて手の出ない人が買うレンズといった印象が強かったですが,最近ではプロやハイアマチュアの人たちも愛用している人が増えているそうです。

ゆう

その背景にはメーカの日々の努力とそのアウトプットが実を結んだ結果だと思っています。

あと個人的にですが,TAMRONレンズは見た目がシンプルなので好みです。

TAMRONレンズ100-400mmレンズに決めた理由

先ほど軽く紹介したようにTAMRONの望遠レンズラインナップには70-200mmから70-300mm,100-400mm,150-600mmレンズとたくさん種類があります。

なぜ私が100-400mmレンズの購入を決めたのか理由を説明します。

理由その1

オールマイティに使える望遠レンズが欲しかったから

当時は「野鳥撮影のために」というわけでなく,望遠撮影のジャンルである鉄道や航空機,動物などを撮ってみたいと考えていました。

100-400mmレンズは150-600mmレンズより質量が軽く,手持ちで動き回っても疲れないだろう…というのも購入の決めてでした。

参考までに重量を載せておきます。

① 100-400mmレンズ:1,335g

② 150-600mmレンズ:2,010g

約2kgを担いで動き回るとなると長時間の撮影には不向きですよね。

理由その2

所有レンズとかぶらない焦点距離となるべく安いレンズが欲しかったから

当時,標準ズームレンズ(〜70mmまで)と単焦点(35mm)を所有していた私は焦点距離がかぶらないレンズを手持ちに加えておきたいと考えていました。

あとは値段ですね。

純正だと高くつくのでなるべく安く,レンズを購入したいと思っていたので今回のTAMRONレンズ購入は私にとってベストでした。

理由その3

テレコン(別売り)で焦点距離を×1.4あるいは×2.0できるから

70-200mm,100-400mm,150-600mmは別売りの「Tele Converter」に対応のレンズです。

もう少し望遠側の焦点距離が…といったときにはテレコンで対応可能です。

レンズを買い直すより安く,焦点距離を延ばせるのでテレコンがあるのも購入の決め手でした。

購入理由まとめ
自分が撮りたい写真,所有レンズの構成,経済面,後のレンズの使い方を考慮して100-400mmレンズに決めました。

私の100-400mmレンズの使い方

APS-C機「Canon 7D MarkⅡ」に装着して撮影することがほとんどです。

CanonのAPS-C機ですので,35mm判換算で[160-640mm]相当の距離をカバーできます。

※Canonは×1.6すると35mm判に換算できます。

野鳥撮影時の焦点距離は基本480mm相当(300mm)以上

風景写真と違って,野鳥のような小さな被写体を撮影するときはズームして野鳥の目にピントを合わせて撮影します。

このレンズではより被写体を引き寄せて撮影するため,テレ端での撮影が基本になります。

テレ端だとF値が暗くなるので,シャッタースピードとISO感度の値に気をつけて,解像度よく撮影できるようにしています。

北海道で撮影したミヤマカケスです。

撮影距離はおよそ20mぐらいでした。

北海道ミヤマカケス
ミヤマカケス

春間近の秋田でツグミを撮影。

ツグミ秋田市
ツグミ

木の根の上でハイポーズ!

ムクドリさんです。

ヒヨドリ秋田
ムクドリ

これらの写真は全て手持ち撮影です。

これ以上トリミングすると解像の粗さが目立ってしまうので控えておきます。

持ち歩きで撮影でき,特に不満なくバシバシ撮影できるのでTAMRON100-400mmレンズは野鳥撮影をはじめてみたい人におすすめの1本です。

最後に

今回はTAMRONの望遠レンズ100-400mmについて紹介しました。

サードパーティ製の強みであるリーズナブルな価格に,テレコンでの焦点距離アップなど将来性も高い1本です。

他にもレンズのレビュー記事を書いていますので,よかったらあわせて読んでみてください。

サムネ・EF70200mmEF70-200mm F4Lレンズ購入/Canonレンズ拡充の件機材選別した件【EFマウントで統一】私の撮影システム3機材選別した件【EFマウントで統一】私の撮影システム3

ゆう

最後まで読んでくれてありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です