カテゴリー"SANGOブログ"の記事をリライトしました

FE70-200mm F4 G OSS 望遠ズームレンズ実写レビュー

fe70200mm-review-samune

注)サムネ中のレンズ写真はソニーストアから引用しております。

こんにちわ,Isamu(@yusukebe029)です。

Sonyの望遠レンズ FE70-200mm f4のレビュー記事になります。

風景、野生動物、植物など多用な被写体撮影で活躍間違いなしのレンズをレビューしていきます。

この記事の概要

FE70-200mm F4 Gレンズの特徴と、私がこのレンズを購入した経緯を説明します。スナップ、風景、野鳥の各撮影写真を掲載して、このレンズの凄さをお見せします。

FE70-200mm F4 G OSS レンズ概要

ビギナーからステップアップするにあたって、SonyユーザならGレンズの導入がそれにあたるでしょう。

Gレンズとは
Sony独自設計によりあらゆる技術が凝縮して詰め込まれた高性能レンズに与えられる称号のような呼び名。カールツァイスのレンズを双璧を成すSony主力のラインナップレンズ。

ズームリングを回してもレンズ全長が変わらないインナーフォーカス方式を採用しているため、小型なフルサイズミラーレスのα7シリーズに装着しても、身軽に取り回しができます。

以下、私が優秀だと思う性能を列挙していきます。

・F4通し

・最短撮影距離 1m(AF・MF両方)

・レンズ内手ブレ補正式

F4通しの明るいレンズ

ズームレンズにおいて、開放F値が固定のレンズは撮影時に心強いです。

普通は望遠端になるとF値が1段以上下がり、ミスショットを生みやすくなります。

ISO感度が気づかずに上がっていたり、シャッタースピードが遅くなっていたなどが例です。

F値固定によりGOODショットを生む確率を上げることができるのです。

さらに、F値4と比較的明るいレンズなので、背景のぼかしにも期待ができます。

マクロ的な使い方

最短撮影距離が1mなので、被写体にかなり近づいて撮影できます。

加えて、F4通しなので、背景をぼかして被写体を強調した撮影が可能となり、マクロ的な撮影も出来そうです。

レンズ内手ブレ補正

レンズに手ブレ補正機能が備わっているので、撮影時のブレも抑制できて、これもまたミスショットの確率を減らすことが出来ます。

これらの特徴より、FE70-200mm F4 Gレンズは優れた描写性能と手ブレ補正技術により、カメラマンが良い写真を撮るために最大限貢献可能なレンズとも言えるのです。

Isamu

これこそがGレンズと呼ばれる所以なのでしょうな。

購入経緯

私はSonyフルサイズミラーレス α7 IIを使用していました。

α7 IIはレンズキット(標準レンズ28-70mm)で購入したものです。

付属の28-70mmを使えば広角に風景を撮影できて、もっと望遠端側での撮影ができるレンズが欲しいと思うようになっていました。

Isamu

特に撮りたいものは決まっていないが、野生動物や新幹線、飛行機など撮ってみたいなぁ…

漠然とそんな感じで考えて、レンズを新品で購入しました。

ちょうど冬のボーナスが入った頃で、強気な買い物をしたと後になって自分でも驚きました。

28-70mmだと望遠端70mまでカバーできるので、それより長い焦点距離のレンズであることと、ちょっと背伸びしてGレンズが欲しいなぁと思っていたのが、購入に繋がりました。

実写レビュー

ポートレート

ポートレートでも十分このレンズは活躍してくれる。

両人カメラを持ち、向き合う形で撮影合戦した。

2020.2.11

流石、F4通しのレンズだ。

背景のボケは28-70mmレンズより、よくボカしてくれていると感じます。

スナップショット

望遠ズームレンズに区分されるが、スナップショットでも使い勝手が良いです。

木の間に挟まっていたロゴロボット君を一枚。

現像時にモノクロ処理すれば、クールな印象の1枚に仕上がりました。

2020.3.28

薪が燃えたぎるストーブを撮影してみました。

2020.2.11

春、命の芽吹きの時期に見つけたふきのとうを捉えました。

Isamu

秋田でふきのとうは”ばっけ”っていうんだや。
2020.3.28

花は詳しくないですが、おそらくアズマイチゲと断定します。

花図鑑とにらめっこしながら特定してみました。

3から5月に咲く白いお花です。

2020.3.28

風景撮影

白銀の香雪園にて、流れる水路を撮影してみました。

陰っている暗い場所でしたが、ISO100で撮影できて綺麗に撮影できたと思います。

2020.2.11

香雪園は別名、見晴公園とも言い、園内には見学可能な庭園があります。

庭園の様子も一枚撮ってみました。

池は凍ってて、これもまた雪に閉ざされていましたがね。

2020.3.7

春になり、松前藩戸切地陣屋跡で撮影した800m桜街道です。

レタッチでソフト目に仕上げたので、奥行きや雰囲気にかなり気を配って仕上げました。

2020.5.3

桜 Cherry blossom

春になって桜が芽吹く時期にも70-200mmレンズが活躍してくれました。

クロップ有りですが、ここまで寄った写真が撮れてしまいます。

2020.3.28

4月下旬になると、桜のつぼみから花が吹き出してきて、北海道にも春がやってきました。

その様子も鮮明に捉えることができます。

2020.4.29

雨に濡れて、透明度が増した桜を撮影しました。

悪天候の日でも最高のパフォーマンスを提供してくれる最高のレンズです。

2020.4.29

野鳥撮影

野鳥撮影においてもFE70-200mmレンズは非常に優秀です。

特に、近距離撮影においての解像については100点満点の評価です。

木を一生懸命突いていたコゲラさんです。

2020.2.11

後ろとケツの写真しか撮れなかったので、断定に苦労しましたが、この子はヒガラさんですね。

撮影距離が近かったので、羽までくっきり解像してくれています。

2020.3.28
2020.3.28

いいところばかりではないです。

F値が4固定だからといって、撮影設定の見直しを怠るとブレブレのやばい写真も撮れちゃいます。

2020.3.7

次は撮影場所は暗いが、レンズの性能で強引にゴリ押した一枚だ。

生だと暗い印象だったが、なんとかレタッチで一命を取り留めました。

2020.3.28

これがこのレンズの高性能の証明写真。

極限解像度でのコガモ撮影だ。

水滴の鮮明さ、羽の解像具合、どれをとってもベストショットな一枚となりました。

2020.3.28

ややシャッタースピードが遅かったですかね。

羽はやや解像しているものの、水が留まってくれなかったのでもう少し速くする必要がありましたね。

2020.3.28

地面で黄昏れていたマヒワさんだ。

背景がボケすぎるので、逆に被写体を鮮明に捉えるのが難しかった。

2020.5.1

新幹線や航空機の写真は撮れませんでしたが、おそらくそっちの撮影においても最高のパフォーマンスを発揮してくれるでしょう。

撮影場所

撮影場所は函館市の旧岩崎邸庭園「香雪園」と、北斗市の松前藩戸切地陣屋跡でした。

この2場所については別途記事にしているので、興味あればご一読下さい。

函館市旧岩船氏庭園・香雪園で感じる四季の美しさと野生動物たち陣屋北斗市野崎・松前藩戸切地陣屋跡の800m桜街道

最後に

私がFE70-200mm F4 Gレンズを購入した経緯と、このレンスがどれだけすごいか解説しました。

さらに、FE70-200mmレンズで撮影したスナップ、風景、野生動物写真を公開しました。

まだまだ使いこなせていないところがありますが、このレンズを使いこなせば最高の写真を量産できること間違いなしです。

他にもカメラのボディやレンズについてレビュー記事を執筆しているので、興味あれば見てください。

魚眼レンズからの景色α7 iiでLA−EA3 + Sigma 15mm魚眼レンズを使って風景撮影・マウントアダプター活用術2本目レンズはどうする? α7 IIでSigma 15mm f/2.8レンズを使う方法と必要機材PENTAX魚眼レンズ 10-17mm f/3.5-4.5(Kマウント)風景カメラマン必見!Sony α7ⅱ 実写レビュー!下取りカメラでSonyフルサイズ機種を格安購入Sony α7R III購入!! 秋田の厳しい天候で野鳥を撮影する素敵な機材Sony α7R III購入!! 秋田の厳しい天候で野鳥を撮影する素敵な機材Sonyミラーレス α6000レビュー!おすすめコンパクト軽量ミラーレスAPS-C機

Isamu

最後まで読んでくれてありがとうございました!

7DMarkII Blog Canon EF100-400mm EF300mm EOS RP FE70-200mm FE200-600mm GRIII K-S2 PENTAX RICOH SANGO Sigma150-600mm Sony TAMRON Tamron100-400mm WordPress α7II α7RIII アニマル カワセミ コンデジ ダム ブログ レビュー 一眼レフ 三脚 函館 動画 北斗市 北海道 探鳥 望遠レンズ 格安SIM 楽天モバイル 機材 渓流 秋田 紅葉 観光 野鳥 野鳥撮影 風景