カテゴリー"北海道"の記事をリライトしました

SKYLUM・Luminar4(買切り版)購入&実使用レビュー

こんにちわ,Isamu(@yusukebe029)です。

24インチiMacを購入して、既存現像ソフト「Lightroom6」が使えなくなってしまいました。

替わりに新しい現像ソフト「Luminar4」を購入しました。

この記事では購入経緯から実際の現像フローなど紹介したいと思います。

この記事の概要

Luminar4の購入経緯と買切り版の現像ソフトの調査について記載しています。Luminar4お試し版の使用レビューと注文後の購入店の対応について紹介します。

Luminar4購入経緯

サブスクリプション版か買切り版か

私はサブスクリプション版の製品があまり好きではありません。

サブスクリプション版とは、毎月、毎年など期間ごとに一定額支払ってサービスを利用するものです。

その製品を利用している間はお金を払い続けないといけないこと、仕事で使っているわけでないので使う時間は少ない、などの理由から経済性を考慮して、これまでサブスクリプション版の製品を避けてきました。

今回もサブスクリプション版ではない、買切り版の製品の購入を検討することにします。

購入品の洗い出し

買切り版の現像ソフトは今現在(2021年8月)ではどんな製品があるか簡単に調べてみました。

Luminar4
Skylum社が提供する現像ソフト(買切り版)。最新AI技術を駆使した写真現像が特徴。プラグインとしてAdobeのPhotoshopやLightroomに使える。購入価格は¥10,560。

主なソフト購入先:ソフトウェア・トゥー オンラインストア

SILKYPIX(シルキーピックス)
市川ラボラトリーが開発提供している国産の現像ソフト。ノイズ除去や、比較明合成や多重露光合成など合成機能が評判が良い。購入価格は¥13,000弱。

主なソフト購入先:市川ソフトラボラトリー ISLオンラインショップ

DxO PhotoLab
ノイズ除去機能に定評がある現像ソフト(フランス製)。スタンドアローンでの利用の他に、Lightroomのプラグインとしても使える。購入価格はエリート日本語版で¥14,900。

主なソフト購入先:ソフトウェア・トゥー オンラインストア

Capture One
買切りかサブスクリプションか選択できる現像ソフトです。また、Sony専用、Fujifilm専用、Nikon専用のプランが用意されており、これらのカメラを持つユーザはこのソフトを使うメリットは大きいでしょう。細かいレイヤー機能や綿密な調整機能はLightroomに負けず劣らずと評判。買切り版の価格は¥30,000ほど。

主なソフト購入先:Capture One

お試し版を利用

調べたソフトの中から「Luminar4」のお試し版をやってみることにしました。

Luminar4を選択した理由は以下の通りです。

・購入価格が調べた中でも一番安い

・カメラ雑誌などでも最近宣伝されていて気になっていた

お試し期間は7日間でしたので、これまで撮影した北海道の風景写真や最近秋田で撮った野鳥写真などを再現像してみました。

直感操作性に優れていたことに加えて、AI技術を使ったスカイ・リプレースメント機能に心を奪われて、Luminar4の購入を決意しました。

発注からソフトインストールまで

購入はソフトウェア・トゥー オンラインストアから行いました。

事前にソフトウェア・トゥー オンラインストアに会員登録が必要になります。

Luminar4はアメリカの会社が販売しているソフトですが、ソフトウェア・トゥーでは日本語版で販売しており、日本の代理店的な感じで購入できると考えたので、このショップから購入した次第です。

発注してから当日中に商品発送のお知らせ、翌日夜にはパッケージでLuminar4を入手していました。

Isamu

注文から商品到着まで約1日と早くビックリです。

お試し版でアプリは既にiMacにインストールしていたので、メールアドレスとアクティベートキーを入力して、Luminar4をアクティブにしました。

これでLuminar4を使用する準備を整いました。

Luminar4実使用レビュー

アプリの立ち上げ

Luminar4をアクティブにしたら、アプリ一覧からLuminar4を開きます。

写真データの読込み

【1】の [+] をクリックして、写真データ単体かフォルダを選択して読み込みます。

【2】の [情報] をクリックすると写真のファイル名や撮影設定などをみることができます。

フォルダを読み込んだら左側の【3】に読み込んだ写真データの一覧が表示されています。

このギャラリーから現像する写真をセレクトすることになります。

読み込んだ写真やフォルダは【4】のライブラリから一覧で確認できます。

写真の現像

【5】の [編集] を選択すると、右に【6】から下に4つのアイコンが表示されます。

一番上のお日様のマークが「エッセンシャル」といい、基本的な現像ができます。

露光の調整やAIによる補正を加えたり、他にも彩度調整やノイズ除去処理が出来ます。

読込みデータ形式については、ファイル名が同じで、JPGとRAWの2つを読み込んでも、どちらも表示されました。

JPGレタッチとRAW現像どちらもできます。

スカイ・リプレースメント

【7】のパレットアイコンをクリックすると、クリエイティブが展開されます。

ここで代表的なのは「スカイ・リプレースメント」という空を丸々置換してくれる驚き機能です。

黄色で囲んだ部分から空パターンを選択し、あとは自動で置換してくれます。

地平線の位置やブレンド具合など微調整が可能なので自動処理でうまくいかなかった場合も手動で調整可能です。

実際に空を置換する前と後の写真を載せてみます。

空を置換する前

空を置換した後(Dramatic Sky1適用)

印象がガラリと変わって驚きです。

私は過激な加工に抵抗はないので、楽しむぶんには全然ありだと思いました。

他にも「編集」にはポートレートやプロフェッショナルのタブが用意されており、まだ試しておりませんがきっとすごい機能があるのでしょう。

現像写真のエクスポート

現像写真はjpeg形式で書き出すことが出来ます。

【8】をクリックすると画像をエクスポートするを選択します。

書き出しの設定を確認して、jpegで書き出します。

画質がデフォルトで80くらいになっているので100に上げておきました。

他にも「リサイズ」で書き出し時の画像サイズや「ファイル形式」の変更もできるようです。

お試し期間中に現像した写真一覧

北海道風景写真

市民の森で撮影したアジサイ

軽く雨の降った後の撮影だったので、花びらに水滴が付いていてみずみずしかったです。

現像では紫色を強調して、水滴がわかるように鮮明に現像しています。

サムネ・市民の森のあじさい【はこだて市民の森売店】梅雨シーズンのあじさいとソフトクリーム in 市民の森

きじひき高原パノラマ展望台から

雨雲が去った後、きじひき高原パノラマ展望台から撮影した写真です。

奥に見える北海道駒ヶ岳がはっきり見えるように、ディティールに気をつけて現像しました。

北斗市と七飯町で風景を一望できるスポット6選

茂辺地北斗星広場

茂辺地北斗星広場で撮影した夜景+北斗星です。

高ISO感度での撮影でノイズが気になっていますが、ノイズ除去機能を使って極力ノイズを低減して現像しています。

北斗市茂辺地の北斗星広場・引退寝台列車の夜間撮影!

秋田の野鳥写真

千秋公園で野鳥撮影

園内の池で撮影したアオサギです。

羽までくっきり撮影したのですが、やや露出が暗くなったので明るめに現像しています。

千秋公園・秋田市随一の都市公園で迎える春夏秋冬とその植物

渓流で探鳥

曇りの天気でしたが、わずかに太陽が差し込んだ瞬間、ヒヨドリを撮影したものです。

目にピントがあって、優しい光の印象をだすように明るめで現像しています。

早朝帯に撮影したヤマセミ。

電線に止まる話は聞いていましたが、ほんとに止まるのですね。

白い体毛が白飛びしかけていたので、露出を落として現像しています。

ノイズがやや気になるところです。

サムネ・夏の探鳥秋田で探鳥・夏の時期(6月〜8月)に出会った野鳥たち

最後に

Luminar4の操作画面をみても、直感的で使いやすく、RAW現像ソフトを使った経験がある人だとすぐ使えるようになると思います。

さらにAI技術を使った現像では写真の変身具合にビックリです。

今後はLuminar4を使って写真現像を行っていきます。

今まで使っていた「Lightroom6」については以下の記事で詳しくまとめています。

Adobe・Lightroom 6(買切り版)による写真の現像Adobe・Lightroom 6(買切り版)による写真の現像

Isamu

最後まで読んでくれてありがとうございました!

7DMarkII Blog Canon EF100-400mm FE70-200mm FE200-600mm GRIII K-S2 PENTAX RICOH SANGO Sigma150-600mm Sony TAMRON Tamron100-400mm WordPress α7II α7RIII アニマル カワセミ コンデジ ダム ブログ レビュー 一眼レフ 三脚 冬鳥 函館 動画 北斗市 北海道 探鳥 望遠レンズ 格安SIM 楽天モバイル 機材 渓流 秋田 紅葉 花火 観光 野鳥 野鳥撮影 風景