Twitterアカウントはここから

【仁別・旭川ダム公園】秋田市市街地から車で30分!一面真っ赤なヤマモミジ

こんにちわ,ゆう(@yusukebe029)です。

真っ赤なヤマモミジを眼前いっぱいに楽しむことができる「旭川ダム公園」に行って来ました。

紅葉が見頃になる時期、アクセスなど紹介します。

この記事の概要

秋田市から旭川ダム公園までのアクセスを載せておきます。旭川ダム公園のヤマモミジ紅葉を撮影してきましたので掲載します。仁別サイクリングロードや秋田のクマについてのまとめ記事リンクを貼っています。

旭川ダム公園までのアクセス

秋田市から旭川ダム公園がある仁別に行くには、県道15号線を道なりに30分ほど進みます。

秋田市から行くときの目印は「秋田温泉プラザ」です。

この温泉施設の横の道路が15号線なので、この道路を山の方に向かって進めば「仁別」に到着します。

県道15号線を通って仁別に向かう道中は仁別サイクリングロードとも呼ばれて、休日はよくサイクリストを見かけます。

秋田大学前のサイクリングロード看板

仁別サイクリングロードについては以下の記事で詳しくまとめています。

サムネ・仁別サイクリングロード2021年更新・雄和仁別サイクリングロードの現状

秋田温泉プラザの横を流れる旭川は仁別から流れてきており、県道15号線は旭川に沿った道となっています。

道中の藤倉では藤倉釣り堀センター藤倉水源地などがあり、釣りをする人にとっては通いの場でもあるようです。

藤倉釣り堀センター看板
藤倉水源地の藤倉ダム

藤倉を抜け、いよいよ仁別に到着です。

太平山リゾート公園と仁別国民の森への分岐路を「仁別国民の森」のほうへ進みます。

旧由利高原鉄道の列車が安置されているほうが目印ですので、そちらに向かいましょう。

由利高原鉄道YR-1501保存車

ここからは緩やかな坂を登り、旭川に合流する仁別川の音を聞きながら、仁別国民の森の案内看板まで行けば、旭川ダム公園はすぐそこです。

案内看板(仁別国民の森の手前に設置)

旭川ダム公園には駐車場にありますので、そこに車を停めて園内散策といきましょう。

仁別・旭川ダム公園の紅葉をチェックしに行ったときの様子を動画にもまとめています。

私のチャンネルでは主に自然や動物(野鳥中心)をテーマに秋田で撮影した動画を公開しています。

仁別は太平山ふともに大きな公園(太平山リゾート公園)があり、スキー場や植物園など娯楽設備も充実していますが、クマが出没することもあります。

直近だと2021年にも人家からすぐそこの場所で栗拾いしていた女性が被害にあっています。

クマを直接見たことない私は、クマについてもっと知りたいと思って、日本に住むクマについて、クマ対策グッズ、クマに遭遇したときの対処法などまとめました。

記事にしてまとめていますので、みなさんも参考にしてください。

よく行く仁別でもクマ被害!これを機にツキノワグマについてとクマ対策をじっくり考えた件

赤と橙のヤマモミジが美しく染まる

私の経験から、ここの紅葉の見頃は10月末から11月初旬です。

2021年は紅葉が遅れているとの情報を得ました。11月でも紅葉を楽しめたのではないでしょうか?

駐車場から遊歩道まで

奥にあるメタセコイアはまだ緑ですが、手前にあるヤマモミジは赤く色づいており、若干淡い気がしますがジャストタイミングだったのではないでしょうか?

ダム公園入り口から一枚撮影。

ダム公園入り口

奥行きがあるように見えますが実際にも、ヤマモミジが遊歩道の左右に植えられており、100mmほどヤマモミジに囲まれて紅葉を楽しむことができます。

私的には手前に見えるオレンジを基調としたモミジが好きです。

ヤマモミジ遊歩道

赤く染まり、映えるヤマモミジは圧巻です。

こんなにたくさんのヤマモミジを見ることができるのも旭川ダム公園ぐらいでしょう。

ヤマモミジの木々の隙間から

見上げれば一面のヤマモミジ(橙カラー)

背が低いヤマモミジなので、少しかがんで上を見上げるように撮影すれば、写真いっぱいにヤマモミジを映すことも可能。

ヤマモミジを見上げて

個人的にこういう写真が好きなんですけど、皆さんどうです?

年月が経過し、もうほとんど消えかかった標識?を入れて年季を出した一枚です。

年季が入った標識とヤマモミジ

足元をみるともう散り始めていますね。

紅葉は時期が重要です。

天候が荒れたりしたら思っていたよりもずっと早く、紅葉の見頃は過ぎてしまうでしょう。

散りはじめのヤマモミジ

最後に

旭川ダム公園のヤマモミジは地元でも有名で、10月末になると休日には多くの人が訪れます。

みんな写真を撮ったり、散歩を楽しんだり、自然を感じつつ、良いリフレッシュになっているといった感じです。

私も秋の季節ものである紅葉を撮る時、候補を抽出していく中で、偶然見つけた「旭川ダム公園」でしたが、噂に違わぬ紅葉の名所でした。

旭川ダム公園以外にも仁別にはネイチャー系スポットがたくさんあります。

以下の記事でまとめていますので、ご興味ある人は是非読んでみてください。

サムネ・仁別自然休養林仁別国民の森で森林浴と渓流散策【2021年最新情報記載】

ゆう

最後まで読んでくれてありがとうございました!

7Dmk2 Canon GRIII GRⅢ K-S2 Lightroom PENTAX RICOH SANGO sony TAMRON WordPress アニマル カワセミ フルサイズミラーレス ブログ レビュー 一眼レフ 三脚 上磯 仁別 函館 北斗市 北海道 夜景 広角レンズ 探鳥 望遠レンズ 木古内 楽天モバイル 機材 河川 渓流 現像 秋田 紅葉 花火 見晴公園 観光 野鳥 野鳥撮影 風景 香雪園 魚眼レンズ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です