Twitterアカウントはここから

撮影した野鳥写真の加工方法を解説【トリミング有り】カワセミ写真を例にして

サムネ・カワセミどアップ

こんにちわ,ゆう(@yusukebe029)です。

Instagramを見ていると,野鳥がドアップで写った写真が投稿されているのをよく見ます。

Instagramを気合入れてやってみることにした件」でも触れていますが,画面いっぱいに写った野鳥の写真はフィーチャーアカウントにフィーチャーされる確率が高いようです。

そこで今回は「Canon7DMark2×TAMRON100-400mm」で撮った写真をトリミング加工して野鳥写真を拡大してみたのでご紹介します。

題材は,最近やっとの思いで見つけた「マイ・カワセミ」です。

マイ・カワセミを探したいのなら以下の記事を参考にしてください。

この記事の狙い

①写真をトリミングして気づいたことを説明する

②トリミングを見越した写真を撮るためのテクニックを紹介する

③アマチュアでも良い野鳥写真が撮れるレンズを検討したので紹介する

です。では,早速いってみましょう!

撮影写真をトリミング

使用レンズはTAMRON100-400mm(EFマウント)

撮影焦点距離は400mm(35mm判換算で640mm相当)

ISO320 f/7.1 1/320秒」で撮影しました。

これはトリミングしていない状態です。

このままだとノイズの影響やピントが合っているかなど,特に気になるレベルではありません。

しかし,このままInstagramなどに投稿しても野鳥が小さすぎてよく見えません。

そこでトリミングの出番です。

赤枠の内側をトリミングしたのが以下の写真です。

これが画像の粗さやノイズが目立たない限界のトリミングでした。

他にも「ISO320 f/6.3 1/320秒」で撮影した写真がこちらです。

ISO320だとノイズも少なく,画面いっぱいにまでトリミングしない限りノイズが目立たなそうです。

次は木陰の枝に止まっているカワセミを撮影した写真(トリミング済)です。

撮影設定は「ISO1600 f/6.3 1/320秒」です。

ISOが1600になるとノイズが目立ってしまい,このレベルのトリミングでも厳しい状況です。

木の陰に隠れたカワセミを撮影しましたが,明るさが十分確保できなかったので,ISOが上がってしまった次第です。

トリミング加工する写真の撮影テクニック

撮影モード

私は野鳥撮影時にシャッター優先(Tv)モードで撮影しています。

ISOはオート,絞りは自動調整で,シャッタースピードは自分で決めて撮影しています。

留まりもの(木の枝などにとまっている野鳥)を撮影するときは,シャッタースピードを1/100秒1/80秒あたりまで遅くして光をなるべく多く取り込むようにします。

手持ち撮影でもブレないといわれるシャッタースピードは「 1/焦点距離 」です。TAMRON100-400mmのテレ端400mmだとブレないシャッタースピードは1/400秒ということになりますね。

これよりシャッタースピードを遅くすると撮影写真がブレてしまいます。

じゃあ,シャッタースピード1/100秒や1/80秒などでどうやって撮影しているのか?

それを一脚を使うことです。

一脚を使用

上記Tvモードだとシャッタースピードを遅くしないと,ISOが上がってしまいます

TAMRON100-400mmをテレ端で使うと,絞りはf/6.3になるので「ISO*** f/6.3 設定したシャッタースピード」での撮影になります。

シャッタースピードを遅くしたいところですが,ブレが生じる,かつISOも上がってしまう。

これを防ぐためには「一脚」を使用しましょう。

一脚を使うことでブレを防ぎ,かつ低ISOでノイズの少ない写真撮影を目指しましょう!

ISOは200を切るのを目標にシャッタースピードの調整と一脚の使用を忘れずに行いましょう。

これはISO200で撮影したカワセミです。

今回はかなりアップしてトリミングしましたが,ノイズも気になるレベルではないです。

ほんとカワセミは綺麗ですね〜

1 2

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です