Twitterアカウントはここから

Instagramを気合入れてやってみることにした件/インスタ戦略・風景と野鳥写真投稿

サムネ・インスタ戦略ネコ

こんにちわ,ゆう(@yusukebe029)です。

Instagramアカウント(@yuu29akitaphoto)は以前から持っていましたが,ハッシュタグや投稿の方法など曖昧な理解でやっていたのでこの度認識を改め,新しく知識を仕入れてみたので纏めてみました。

この記事の狙い

①プロフィールの書き方を知る

②『フィーチャー』とフィーチャーアカウントを知る

③沢山の人に伝わる投稿を知る

④分野特化でいいことづくしなのを知る

⑤ビジネスアカウントの有効な活用法を知る

です。では,早速いってみましょう!

プロフィールの書き方

プロフィールにしても,投稿にしても,まず誰に見てもらいたいか考えましょう。

日本人だけでもいいですが,私は海外の人も視野に入れてInstagramをやったほうが多くの人に注目されると思っています。

ゆう

海外の人にも見てもらえる…つまり英語で記入すればいいわけですね!

これが私のプロフィールページです。

日本語と英語を混在させて書いています。

場所や何をしているか(私は野鳥や風景撮影),使っている機材など書いています。

一言メモ
文字ばかりだと見づらいので絵文字を入れて工夫するといいでしょう。

私はブログもやっていますので,ブログへのリンクも貼っています。

フィーチャーアカウントを知ろう

Instagram独自文化『フィーチャー』

フィーチャーアカウントと呼ばれるアカウントに自分の投稿がリポストされることをフィーチャーされたと言います。

フィーチャーされる方法は以下の通り

自分の投稿がフィーチャーされる方法
①フィーチャーアカウントのフィーチャータグをフォローする

②自分の投稿に①でフォローしたフィーチャータグを付けて投稿する

③フィーチャーアカウントの目に留まればフィーチャーされます

意外と重要な投稿時のタグ付け

フィーチャータグも重要ですが,自分の投稿を多くの人に見てもらうには『タグ付け』が重要となります。

私で言えば『風景』や『野鳥』の投稿がメインですのでそれらに関連したタグを付けて投稿するようにしています。

これが北海道の風景写真を投稿した際のタグ付け例です。

外国の人にも見てもらいたいので英語のタグを多めに付けています。

日本語でも人気のタグも付け,上限ぎりぎりの30個を目安にタグ付けしています。

投稿写真と位置情報

投稿写真は慣れるまで比率『1:1』で投稿するのが良いでしょう。

投稿を検索されたときに出てくる写真は1:1表示なので4:3比率だと表示されたときにバランスが崩れてしまう恐れがあります。

あとは位置情報です。

フィーチャーアカウントにフィーチャーされる時,位置情報が付与されている必要があるそうです。

おおまかでも構いません。私ならAkitaとかHokkaidoで位置情報を付けています。

1 2

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です