機材

概要

PENTAX一眼レフがエントリーカメラでした。

PENTAX→Sony→Canon→Sony→Canonと、最近はCanonとSonyを行ったり来たりしています。

現在は用途に合わせて、SonyとCanonを使い分ける方式で機材運用しています。

Canon

EOS R7

カメラのミラーレス化が進む中、私の機材もついにミラーレス一色になりました。

Canon R5やR6、R3などレス機の製品が続々登場し、2022年に発売されたR7・R10はAFが好評とのことだったので、2ヶ月待ちでR7を購入しました。

詳細は下記「過去の機材リスト」を参照して欲しいですが、”箱から出してそのまま使ったカメラ”はSony α7iiあたりから卒業してきました。

このR7においても、野鳥などの野生動物撮影に向く設定を追い求め、理想の設定が完成できるように使い込んでいきたいと思います。

実写と設定、その他R7の使い心地がはっきりしてきましたらレビュー記事にまとめます。

EFレンズ

ミラーレスはRFマウントレンズがラインナップされていますが、まだEFレンズで頑張りたいと思います。

自分に必要なレンズがみえてきたらRFレンズ購入の段階にステップアップします。

EF100-400mm f/4.5-5.6L IS II USM

歩きながら探鳥するスタイル時に、よく使うレンズの1つです。

テレ端(400mm)でも良く解像し、さすがLレンズの100-400mmのII型といったところです。

前評判に違わぬ描写性能が気に入っており、これは使える限りずっと使っていきます。

このレンズを使って撮影された写真は以下の記事に掲載しています。

Canon EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II USM レビュー

EF400mm F4 DO IS USM

望遠単焦点が欲しく、ローンで購入したレンズです。

天候の変化が激しい秋田では、曇や雨の日もちらほら。

そんな天気でも明るいレンズで何とかして撮影したい!そんな思いで購入したレンズです。

あと、カワセミ撮影など、フォトコンで入賞を目指せるような写真が撮るように自分を鼓舞するために買ったのも購入の理由の1つです。

EF-S10-22mm F3.5-4.5 USM

APS-C専用マウントの10-22mm広角レンズです。

2万円台でコスパが良かったので、購入してしまいました。

IS(イメージスタビライザー)が付いていないので、一脚や三脚で支えながら、風景写真の主に撮影していきたいと思います。

実写が貯まりましたら、レビュー記事としてまとめます。

SONY

ILCE-7RM3

高画素機が特徴のSonyフルサイズ機種です。

以前所有していたα7 IIは手放しましたが、結局型式をアップグレードして買い戻しました。

実写や選定理由についてはレビューを参照願います。

Sony α7R III購入!! 秋田の厳しい天候で野鳥を撮影する素敵な機材Sony α7R III購入!! 秋田の厳しい天候で野鳥を撮影する素敵な機材

FEレンズ

Sony機は以下のレンズ1本で固定です。

これ以上Sonyは拡充せずに、最終的にはCanon完全移行で機材を運用する予定です。

FE 200-600mm f/5.6-6.3 G OSS

α7R IIIが出撃するときセットで装着する超望遠ズームレンズです。

インナーズームレンズなのでコンパクトだし、手持ちでもガンガンいけますよ。

仕様と実写作品についてレビューを参照願います。

Sony FE 200-600mm F5.6-6.3 G OSS (SEL200600G)レビュー

三脚と一脚

望遠レンズ装着カメラを支えられるように、耐荷重と安定性を重視した支持機材を揃えています。

SLIK PRO 500DX三脚レビュー サムネ・ビデオ雲台Innorel F60フルードビデオ雲台とPRO 500DX(最大荷重 5kg)組合せ三脚レビュー

他にもサブ三脚として、K&F Concept三脚+ジンバル雲台があります。

自立式一脚のモノポットビデオ一脚もあります。

双眼鏡と図鑑

双眼鏡(Nikon Sportstar EX 10x25d CF)

カメラを持ちつつ、遠くにいる野鳥を発見・観察するため、首にぶら下げている双眼鏡です。

予算一万円以下で購入できるコスパ○双眼鏡です。

サムネ・双眼鏡選定Nikon双眼鏡(Sportstar EX 10x25D CF)レビュー・双眼鏡の選定の仕方まとめ付

ぱっと見わけ観察を楽しむ 野鳥図鑑

図鑑を開いてから、種の特定までが早いおすすめの野鳥図鑑です。

探鳥初心者だった私もこれ一冊で2年間ほど不満なく野鳥の種類を特定できました。

野鳥図鑑「ぱっと見わけ観察を楽しむ 野鳥図鑑」のすすめと野鳥図鑑の選び方野鳥図鑑「ぱっと見わけ観察を楽しむ 野鳥図鑑」のすすめと野鳥図鑑の選び方

Hokuto 防湿庫48L HPシリーズ

ドライボックスに防湿剤を入れて、除湿剤を交換しながらカメラを保存するのにうんざりです!

箱から出して電源を入れるだけで、湿気を一定に保ち、カメラ・レンズをしっかり保存してくれます。

除湿剤の交換不要でほぼメンテフリーの防湿庫はカメラの保管において大活躍する機材です。

HOKUTO防湿庫 HPシリーズ48L 購入&運用レビューHOKUTO防湿庫 HPシリーズ48L 購入&運用レビュー

Mac & 現像ソフト

24インチiMac(パープル)

Apple M1チップ搭載の新型iMacです。

メモリ16Bにオプションでカスタマイズしているので負荷のかかる写真の現像作業もお手の物です。

サムネ・新型iMac新型24インチiMac購入レビュー!パープル・メモリ16GB・256GBストレージ
サムネ・新型iMac

Mac Book Air 13inch Early 2015

現在はiMacをメインで使用し、こいつはサブ機になりました。

Adobe LightRoom6

Macbookにインストールしている現在は販売されていない買切り版Adobe現像ソフト。

現像した写真はSNSにアップしたり、ブログに掲載してりしています。

Adobe・Lightroom 6(買切り版)による写真の現像Adobe・Lightroom 6(買切り版)による写真の現像

SKYLUM Luminar 4

iMacにインストールしている現像ソフト。

今流行のAI技術を使った現像ソフトなんですって!

SKYLUM・Luminar4(買切り版)購入&実使用レビュー

過去の機材一覧

過去に購入したレンズとボディなどです。

適宜、買取に出して新しい機材を購入する為,購入資金としている。

ゆう

ボディ一覧

・Canon EOS 7D MarkII(レビュー

・RICOH GRIII(レビュー

・Canon EOS RP (レビュー

・Sony  ILCE-7M2K(α7II) (レビュー

・Sony  ILCE-6000(α6000) (レビュー

・PENTAX K-S2 (レビュー

レンズ一覧

・Sigma 150-600mm f/5-6.3 DG OS HSM Sports(レビュー

・Tamron 100-400mm f/4.5-6.3 Di VC USD for Canon(レビュー

・Canon EF70-200mm F4L USM(レビュー

・Canon EF300mm F4L IS USM(レビュー

・Sigma 8-16mm f/4.5-5.6 DC HSM(レビュー)

・Canon RF35mm MACRO IS STM(EOS RPレビューで実写作品を確認できます)

・SONY | SEL70200G |  FE 70-200mm F4 G OSS(レビュー

・Sigma 15mm f/2.8 EX DG DIAGONAL FISHEYE(レビュー

・SONY | SEL2870 | FE 28-70mm f/3.5-5.6 OSS(α7iiレビューで実写作品を確認できます)

・SONY | SELP1650 | E PZ 16-50mm f/3.5-5.6 OSS(レビュー

・HD PENTAX-DA FISH-EYE 10-17mm f/3.5-4.5 ED(レビュー

・Sigma 70-300mm f/4-5.6 DG MACRO for PENTAX(レビュー)

・smc PENTAX-DA 35mm f/2.4AL(レビュー)

・smc PENTAX-DA 18-135mm f/3.5-5.6 ED AL[IF] DC WR(K-S2レビューで実写作品を確認できます)