カテゴリー"SANGOブログ"の記事をリライトしました

Sony SELP1650|E PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSS レビュー

epz16-50mmサムネ

注)サムネ中のレンズ写真はソニーストアから引用しております。

こんにちわ,Isamu(@yusukebe029)です。

Sony α6000パワーズームレンズキット購入時に付属してきたE PZ16-50mmレンズについてレビューします。

この記事の概要

キットレンズについてきたレンズでしょ?そんなことは言わせません。他レンズと比べて確かに秀でた特徴はないですが、普段使いでとくに不満のない、高パフォーマンスを発揮してくれるレンズなので紹介しちゃいます。

SELP1650 E PZ16-50mm F3.5-5.6 OSS

型式がSELP1650で、レンズ名称がE PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSSになります。

主な仕様

項目仕様
焦点距離16-50mm (24-75mm: 35mm判換算)
最短撮影距離ワイド端0.25m〜テレ端0.3m
F値ワイド端F3.5〜テレ端F5.6
全長29.9mm
最大径φ64.7mm
重量約116g
手ブレ補正有(レンズ内手ブレ補正)

先ずは注目したいのは全長29.9mmです。

ボディに装着していても「あれ?レンズついてる??」と錯覚するほどの小ささです。

もう少し全長が低ければ、パンケーキレンズに分類されるレンズになりますね。

重量も116gほどで、α6000(私がこのレンズと一緒に使用したカメラ)とあわせても約460gなので持っていて負担に感じることはないです。

気になる描写性能ですが、ワイ端のFが3.5とまあまあ明るいレンズです。

このくらい明るいとボカを活かした撮影でも活躍してくれますね。

焦点距離は35mm判換算で24-75mmになるので、一般的な標準レンズの範囲はカバーしてくれます。

レンズ内に手ブレ補正機構が備わっているのも嬉しいですね。

特殊な撮影を除き、普段の撮影においてはこのレンズは汎用性が高いと言えるでしょう。

パワーズーム

レンズ名称のPZはパワーズームを意味し、その名の通り「電動ズーム」によりスムーズなズームが可能となっています。

どのように使うかは皆さんの使い方次第ですが、動画での撮影時に寄ったり引いたりする時に滑らかに動作します。

仕様では等速でのズームが可能とあるため、写真だけでなく、動画を撮りたい人にとっては重宝する機能になりますね。

もちろんズームリングでもズームは可能です。

Isamu

動き回って素早くピント合わせが必要な被写体ではズームリングでズームしたほうがいいですね。

実写レビュー

都心で観光・スナップ撮影

観光で訪れた神奈川県の川崎大師です。

スナップで撮影したり、被写体に寄ったりして、色んなパターンでの撮影をします。

先ずは川崎大師前の通りを撮影してみました。

2019.4 神奈川県

せっかく訪れた川崎大師の大本堂を写真に収めましょう。

画角の広い写真撮影は難なくできるぞ。

2019.4 神奈川県

境内では桜が咲いていたので、近くに寄って撮影してみました。

ワイ端F3.5の明るいレンズなので、背景がいい感じにボケますね。

2019.4 神奈川県

気の早い桜もいるようで、もう葉桜となっているものもありました。

2019.4 神奈川県

境内の散策を続けると、仏のパワーを感じる場所にたどり着きました。

調べてみると、八角五重塔という建物らしいです。

仏像+五重塔+桜の豪華ラインナップで、贅沢な一枚を撮影しました。

ワイ端の焦点距離が短いと、広角な写真を撮る時に楽なので良いですね。

2019.4 神奈川県

春の東京観光で、色々見て回ったときのことを記事にしているので、興味あれば読んでください。

東京観光・都会での花見(お江戸深川さくらまつり)と寺神社巡りしてきた話

お江戸深川桜まつりに行ったときにもいくつか撮影してきました。

桜と提灯の組み合わせは春の祭りって感じを強く印象つけてくれますね。

2019.4 東京都

秋田と書いてあったので、思わず撮影してしまいました。

2019.4 東京都

北海道で観光・スナップ撮影

北海道観光においてもE PZ 16-50mmレンズは良く仕事してくれました。

函館あさいちで朝の活気な様子を撮影しました。

2019.4 函館市

お昼を食べに立ち寄ったお店で頼んだ海鮮丼です。

北海道といえば海の幸、その海の幸が凝縮した海鮮丼をがっついてあっという間にぺろりでした。

暖色系になるようにホワイトバランスを調整して、MFでピント合わせして撮影しました。

2019.4 函館市

晴れた日に訪問した函館の金森赤レンガ倉庫です。

赤レンガが立ち並ぶ港町は新鮮味にあふれていました。

思い出として、忘れずに写真に収めておきました。

2019.4 函館市

あの山はなんでしょうね。大沼にある北海道駒ヶ岳でしょうか。

ワイ端で港の様子を撮影してみました。

35mm判換算で24mmでもこれだけ広く風景を切り取れるのです。

2019.4 函館市

函館空港近くの温泉街に位置する公園「湯川黒松林」にお邪魔しました。

園内には900本以上のクロマツが植えられているそうです。

日差しが遮られ、明暗差の激しい場所での撮影でしたが、なんとか撮影できました。

2019.5 函館市湯川

ここは津軽海峡の海から吹き付ける風を防ぐ防風林の役割を果たしているそうです。

長年強い風にあてられてか、木が横に流れています。

ちょっと露光がオーバー目だったのか、空が白飛びしてしまったのが反省点です。

2019.4 函館市湯川

同じく、函館市茅部で行われていた「南かやべひろめ舟祭り」を見に行った時の写真です。

晴天では問題なく撮影できますし、やはりワイ端が27mm(35mm判換算)なのは広角に撮影する上で心強いです。

2019.6 函館市茅部

北海道での撮影スポットについては以下の記事に纏めています。

函館あさいち海鮮丼函館駅周辺ぶらり旅|おすすめ道南観光拠点と周辺施設紹介サムネ・函館市熱帯植物園函館随一の観光地「湯川」函館市熱帯植物園&市民の森の探訪記と観光レビュー

最後に

E PZ 16-50mmレンズがあれば、観光でのスナップ撮影では問題なく扱えます。

手軽に扱えて、思い立ったら撮影にすぐ臨めるα6000とE PZ 16-40mmレンズはカメラ初心者におすすめできる良機材です。

他にもカメラのレンズやボディについてレビュー記事を書いていますので、興味あれば読んでみてください。

Sonyミラーレス α6000レビュー!おすすめコンパクト軽量ミラーレスAPS-C機fe70200mm-review-samuneFE70-200mm F4 G OSS 望遠ズームレンズ実写レビューSony α7ⅱ 実写レビュー!下取りカメラでSonyフルサイズ機種を格安購入2本目レンズはどうする? α7 IIでSigma 15mm f/2.8レンズを使う方法と必要機材サムネ・K-S2スナップ猫レンズキットでスナップ極め旅【PENTAX DA18-135mmWRレンズキット】サムネ・GRⅢRICOH・GRIII まとめレビュー!ハイスペ高級コンデジ

Isamu

最後まで読んでくれてありがとうございました!

7DMarkII Blog Canon EF100-400mm EF300mm EOS RP FE70-200mm FE200-600mm GRIII K-S2 PENTAX RICOH SANGO Sigma150-600mm Sony TAMRON Tamron100-400mm WordPress α7II α7RIII アニマル カワセミ コンデジ ダム ブログ レビュー 一眼レフ 三脚 函館 動画 北斗市 北海道 探鳥 望遠レンズ 格安SIM 楽天モバイル 機材 渓流 秋田 紅葉 観光 野鳥 野鳥撮影 風景