最新情報はTwitter(@yusukebe029)から

秋田で探鳥・最強警戒心の主ヤマセミ|Crested Kingfisher

こんにちわ,ゆう(@yusukebe029)です。

野鳥を見つけるまでの過程も探鳥の楽しみの1つと言える。

自分の足で探し、目的の野鳥に会えたときの喜びは大きいだろう。

この記事では「秋田」で見つけた野鳥を、私が観察目線で紹介していくことにする。

野鳥の具体的な生息地についての記載は控えさせてもらう。野鳥が見られる場所などの具体的アドバイスは記載するので、自分の力でたどり着いてくれよな!

この記事の概要

ヤマセミはどんな場所に生息しているか?その生態はどうなっているのか?私なりに観察した経験を語る。なんとか撮影したヤマセミ写真も公開。

ヤマセミはどこに?

ヤマセミの特徴

ヤマセミは皆さんご存知の通りカワセミの仲間であり、日本に生息するカワセミの中では最大の体格を誇る。

大きさのイメージは「ハトほどの大きさ」と言えばお分かりいただけるだろう。

対してカワセミはスズメ大の大きさなので、体格の違いは明白だ。

生息地

河川や湖沼などを主な生息地とするカワセミと違い、ヤマセミは渓流やダム近辺に生息していることが多い。

イメージとして写真をいくつか載せておく。

渓流イメージ1

街から離れた山の中。水が澄み渡り、まさに渓流という言葉がぴったりな場所。

渓流イメージ2

水がコバルトブルーに見えるほど清らかな場所にいる可能性は高い。

山奥の溜池イメージ

注意)写真はあくまでイメージだ。

ヤマセミの縄張りは3〜7kmと広いことで有名だ。

また、番(つがい、♂と♀)で行動していることが多いそうだ。

ポイントとしては、ダムや山中の貯水池などを目印にして、その上流下流を探すと良いらしい。

そして、欠かせない条件として、人がアクセスできることだ。

せっかくヤマセミを見つけてもカメラの撮影は遠すぎてムリ!観察も難しい離れた場所では、せっかくの努力も徒労に終わる可能性が高い。

私はよくGoogle Earthで河川沿いの道路があるところをピックアップし、ヤマセミ探しの計画を立てている。

ヤマセミの撮影

最強の警戒心

警戒心が強いことで知られているヤマセミは探鳥を初めて1年半の私が出会った野鳥の中でも警戒心はダントツで高かった。

どんな野鳥でも近づけば逃げるが、私が驚いたのは50m以上先にいたヤマセミがおそらく私に気づいて飛び立ったことだ。

50m以上先にいた野鳥を飛ばしてしまったときは「えっ!いたのか〜↓↓↓」と落胆したものだ。

野鳥を探すときは「動き」と「声」を頼りに探すことは多いが、ヤマセミは木の葉などで覆われた小枝でひっそりしていることもある。ヤマセミ探しは至難の業だと痛感した。

ブラインドや迷彩ネットの活用

50m以上離れていても気づかれてしまうヤマセミは撮影できないのじゃないか?

ある道具を使えば、人の存在を消して、近くでヤマセミを撮ることができるようだ。

私の情報収集によると、ブラインドを使ってその中から撮影することがマストのようだ。

調べた中で出てきたブログ記事などいくつかピックアップしておいた。

ここで留意したいのは、たとえブラインドの中に身を潜めても、完全には自然に溶け込むことはできないことだ。

つまりかなり慎重にブラインド内でも行動しないとヤマセミはその姿を撮らせてもらえないということだ。

ブログ記事を読んだだけで経験談ではない、だけど先に述べた警戒心の強さからもこれは正しい見解ではないだろうか?

偶然の遭遇!ヤマセミから見えない天然のブラインド

出合い頭とはまさにこのことだろう。

偶然訪れた場所で地元の人に声をかけて頂き、そこに止まるよ〜なんて簡単に話すので、嘘だろう?と思いながらも、早起きして教えていただいたポイントへ

そして、10分も立たないうちに、ヤマセミが飛んできて電線に留まったではないか!

ヤマセミくん

写真を見ても分かりように草木のすき間から狙い撃ちしている。

たまたまヤマセミとの間に木があり、それがブラインドの役割を果たしたのだろう。

私はじーっと動かずにカメラだけパシャパシャ、5分以上ゆっくり撮影させてもらえた。

ここで学んだことは「そこにいないと決めつけるのは良くない」ということだ。

私もここには居ないだろうと探索場所から除外していたが、まさかここに現れるから…

ヤマセミくん その2

白と黒の鹿の子模様と表現され、その美しい模様は誰をが虜にされるでしょう。

ヤマセミくん その3

♂と♀の見分け方は、胸に橙色の斑点が入っているか、いないかだ。

この個体は橙色の斑がないので♀だな。

正面から見ると、こんな感じで平べったい顔しています。

平べったい顔のヤマセミくん

この平べったい顔を見た時は驚きだった。

最後の写真では少し白飛びが目立つ。

ヤマセミは白を基調とするため、カメラで撮る際は露出をアンダーに調整するといい。

ヤマセミの生態に迫る

ヤマセミの行動を半年ほど、回数だと20回にも満たないが、観察記録をここに示しておく。

観察時期は夏から初秋にかけて

観察時間帯は早朝から夕方まで

時期

夏になるとヤマセミ含む野鳥の出が悪くなると言われており、夏場(7月から8月末)はヤマセミとの遭遇率が低かった。

日がガンガン差し込む時間帯や、日が昇りきって熱くなり始める時間などは全くと言っていいほど見かけなかった。

夕方になると木の葉がたくさんついている枝にじーっと留まっているなど涼んでいる様子は確認できた。

夕方になって涼しくなると飛び回る様子も見せたので、ヤマセミも暑さを感じていると思われる。

秋が近づくと、まっ昼間はさすがに出が悪いが、遭遇率は夏に比べて上がったように思える。

活動時間帯

ヤマセミを見たいなら早朝だ。

私の経験からするとヤマセミは人気のない朝早くに「ケッ!ケケッ!」と鳴きながら飛び回る。

これだけ鳴いていれば、存在はすぐに察知できるし、慎重に行動するといいだろう。

早朝のヤマセミくん

山に周りを囲まれ、日の光が当たらない場所ではISO感度を上げざるを得ないため、ノイズの目立つ画像となった。

初秋になって、1匹だけかと思っていたヤマセミが実は3匹いることが後になって判明した。

おそらく夫婦とその子供であると推測。

おなじくノイズは目立つが、ヤマセミ2匹同時撮影の写真だ。

2匹のヤマセミくん

一匹狼のカワセミと違い、ヤマセミはツガイで行動し、多いときは3匹以上同時にいることもわかっている。

6,7匹が1本の木に留まっている写真をネットで見かけたときはさすがに合成じゃないか疑った程だ。

縄張りは広いが複数羽いることを考慮すれば、撮影の敷居も下がったのではないだろうか?

狩場・水浴び場の把握

あとは、ヤマセミの狩場を把握できるかが、ヤマセミ撮影への近道になると考えている。

ある時間帯、ある場所でヤマセミは狩り、つまり魚を捕まえる事が多く、そのポイントがわかれば、あとはヤマセミより先に離れた場所でブラインドに隠れてスタンバって、撮影とシンプルな流れになる。

狩場の他にも水浴び場なども決まっており、その場所を見つけることができればヤマセミライフの到来だ。

ちなみに私が観察した場所のヤマセミの狩場・水浴び場は分かっていない。

魚を捕まえるシーンも撮影してみたいし、ヤマセミへの思いは増すばかりだ。

最近、ダイブする様子は撮影できたのでお披露目しておく。

水面すれすれを低空飛行

水面すれすれ飛行

頻繁にダイブを繰り返し、低空飛行を繰り返していた。

ダイブのシーン

木の高さを超える高度飛行

カワセミやヤマセミは水面ギリギリを飛ぶことが多いですが、流石に水面を飛べないような場所だと、空高く飛び目的の場所に飛んで行くようだ。

空を飛ぶヤマセミくん

川幅が狭く、通過するのかな?と思っていた場所はルートから外して飛んでいるようです。

なるほどこれでよく見かけるポイント間を行き来しているわけだな。

最後に

この記事を通じて、少しでもヤマセミについて理解を深めることができれば幸いだ。

ヤマセミ探しは骨が折れるが、見つけたときの喜びは格別だ。

気持ちィ〜↑↑↑ってなること間違いないにゃ

ねこ氏

他にもカワセミ探しの記事を執筆済である。

サムネ・カワセミ秋田で探鳥・カワセミを探せ!街の河川・湖沼に住む青い宝石

初めて買った双眼鏡の記事だ。

サムネ・双眼鏡選定Nikon双眼鏡 -SportstarEX- 購入【探鳥の神器】

歩きまわって探鳥するスタイルの方におすすめ!TAMROM望遠レンズはコスパ良し!撮影性能良し!の良レンズだ。

TAMRON100-400mmは野鳥撮影入門におすすめ【CanonEFマウント】レンズレビューTAMRON100-400mmは野鳥撮影入門におすすめ【CanonEFマウント】レンズレビュー

ゆう

最後まで読んでくれて感謝である。

7DMarkII Canon GRIII Instagram K-S2 Lightroom PENTAX RICOH SANGO SIGMA Sony TAMRON WordPress α7II アニマル コンデジ フルサイズミラーレス ブログ レビュー 一眼レフ 三脚 上磯 函館 動画 北斗市 北海道 夜景 探鳥 望遠レンズ 格安SIM 楽天モバイル 機材 河川 渓流 湖沼 秋田 紅葉 花火 見晴公園 観光 野鳥 風景 香雪園 魚眼レンズ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です