カテゴリー"SANGOブログ"の記事をリライトしました

SLIK(スリック)PRO 500DX脚を購入【三脚レビュー】

こんにちわ,Isamu(@yusukebe029)です。

このたび大型三脚を購入しました。

その後は、別途ビデオ雲台も購入して、野鳥撮影で頼りになるカスタマイズ三脚を誕生させました。

今回は購入した三脚の脚について紹介したいと思います。

この記事の概要

三脚の脚だけ購入した理由を語ります。購入した三脚の仕様、使ってみた感じについてレビューします。

三脚の脚だけ購入したワケ

お金」です。

安く機材を調達したい理由から三脚を脚だけ購入しました。

雲台が標準装備の三脚でも良かったのですが、ネット調査で脚だけの三脚に比べて高価になることが分かったので、とりあえず脚だけ買って、その後、自分が使いたい「雲台」を揃えようと考えていました。

SLIK(スリック)PRO 500DX

輸出専用棚ズレ品

海外向けに出荷する予定がったが、傷などがついて出荷ができなくなり、国内で販売されている商品。

Isamu

輸出専用棚ズレ品の定義は上述した通りですが、特に目立った傷など入っていませんでした。

さらに説明書が英語表記、保証書はないですが、三脚ですので特に問題はなかったです。

あとは値段がとにかく安い!

同じ型式を正規に購入するよりは格安で購入でき、さらに同仕様なのでいい事づくしです。

三脚なら自分のほしい製品の輸出専用棚ズレ品など掘り出し物を探すのは安く機材を揃える1つの手段でしょう。

仕様

・重量 2,080g

・全長 1545mm

・縮長 625mm

・雲台取付けネジ U1/4

・段数 3段

・最大パイプ径 26.8mm

・最大積載荷重 5kg

安定性重視の製品選定

まずは用途の確認です。

どんなレンズを付けて、何を撮影するのか、改めて自分の目的を確認しましょう。

以下3つの仕様を重点的にみて、三脚を選定することなりますが、カメラの重量や構成も重要な選定要素になります。

・三脚重量

・段数

・最大パイプ径

私の場合、野鳥撮影を主に、望遠レンズをつけて撮影するためカメラの重量が重くなることが分かっていました。

重量の重い望遠レンズ付きカメラを支える三脚にも、それなり重量と安定性を要求することになります。

重量は重く、段数は少ない、最大パイプ径が大きい、ゴツい三脚を選ぶように三脚を選びました。

Isamu

ちょうど友人がSLIKの大きめの三脚を使っていたので型式を教えてもらい、それをもとに探していた経緯もあります。

そして、最終的にSLIK PRO 500DXを購入することにしました。

製品レビュー

まずは製品の全容を写真でお示しします。

脚が太く、全体的にデカさを感じる三脚です。

脚はワンタッチ伸縮のため、すばやく三脚を立てることができます。

その他仕様は「仕様」の項目に記載した通りです。

実際にSony α7R III+FE200-600mmレンズを付けてみた様子です。

カメラをみてもお分かりのように、三脚はでかいですね。

雲台にはビデオ雲台を採用しています。

左手でハンドルを握って、右手でカメラを支えるようにすれば、滑らかに被写体を追っかけて撮影も難なくこなせるでしょう。

最後に

三脚の脚だけ「SLIK PRO 500DX」の輸出専用棚ズレ品を購入しました。

安く機材を調達したい人にはこのようなアウトレット品を探すのも1つの手です。

実際に望遠撮影装備のカメラをSLIK三脚に装着しても、安定して支えられていました。

ビデオ雲台を組み合わせれば、滑らかに被写体を追うことが出来ます。

ビデオ三脚については以下の記事で紹介しています。

サムネ・ビデオ雲台Innorel F60ビデオ雲台と棚ズレ品大型三脚|野鳥定点観測&撮影

Isamu

最後まで読んでくれてありがとうございました!

7DMarkII Blog Canon EF100-400mm EF300mm EOS RP FE70-200mm FE200-600mm GRIII K-S2 PENTAX RICOH SANGO Sigma150-600mm Sony TAMRON Tamron100-400mm WordPress α7II α7RIII アニマル カワセミ コンデジ ダム ブログ レビュー 一眼レフ 三脚 函館 動画 北斗市 北海道 探鳥 望遠レンズ 格安SIM 楽天モバイル 機材 渓流 秋田 紅葉 観光 野鳥 野鳥撮影 風景