最新情報はTwitter(@yusukebe029)から

【撮影システム01】PENTAX K-S2 & Sony α6000の二刀流運用

サムネ・撮影システム1

こんにちわ,ゆう(@yusukebe029)です。

私のこれまでの撮影システムを振り返って、使い勝手や実際に撮影した写真などを紹介したいと思います。

この記事の概要

私の撮影システムについて紹介します。K-S2とα6000の二刀流運用はどうだったのか、実際に運用してみた感じをお伝えします。最後に実写レビューを掲載します。

撮影システム

デジタルカメラデビュー

あれは遠い昔、大学を卒業した私は思い切って一眼レフカメラ「PENTAX K-S2」を購入しました。

購入の経緯は「管理人」に詳しく記載しています。

街中や郊外に出かけては、風景写真や植物・花などの写真を撮ってはひそかに趣味として満喫していました。

携帯性に優れるカメラ

K-S2でカメラデビューしてしばらくするとカメラの操作にも慣れ、色んな場所で写真を撮るのを楽しむようになりました。

ゆう

あの頃はシャッターを押すだけで楽しかったなぁ・・・(遠い目)

あの頃の思いが強く残っているので、カメラを選ぶ際には「シャッター音」を真っ先に確認しがちです。

さて、PENTAX K-S2は寒色系の表現で風景撮影に向いているカメラと言われています。

さらにタフな設計から軍隊や地質調査の学者などアウトドアなフィールドを中心に活躍していると聞きます。

しかし、カメラ重量が他の同スペック相当の一眼レフに比べて100gほど重いのです。

この重さに加え、一眼レフ特有のサイズ感によってカメラを持って歩くのも一苦労です。

なので、手軽に持ち運びできるカメラを欲しがるようになっていました。

小型軽量なミラーレス一眼に注目

当時はミラーレスが主流の時代に入る少し前で、ミラーレスの良さが徐々に認知されてきた時であったと記憶しています。

小型で軽量のミラーレス一眼が気になっており、これなら手軽に持って歩くことができるとあの頃の私にはピッタリのカメラでした。

ミラーレス一眼の中でも撮像センサーがAPS-Cのα6000に目をつけ、キャッシュバックキャンペーンの時期を狙って購入に踏み切りました。

α6000についてはレビュー記事にまとめていますので、よかったら併せて読んでみてください。

α6000を1年使った感想/私がミラーレス一眼を勧める理由

K-S2とα6000の二刀流

休日、のんびり撮影を楽しむときはK-S2をもって出かけ、プチ旅行など出先ではα6000を使うなど2機種を使い分けていました。

よく風景写真など撮っている人で三脚を二本立てて、撮っている人を見かけます。

焦点距離が違うカメラを用意して、画角を変えて写真を撮っているのだと思います。

このように2台持ちだと限られた時間で撮影するシーンでは(朝日や夕日、鉄道や飛行機など)歩留まりの良い撮影が出来るようです。

私も特徴の違うカメラを二台持ちにして、シーンごとだけでなく、2機種をフル活用して撮影を楽しみました。

K-S2 & α6000 写真ギャラリー

北斗市大野の「北斗桜回廊」(2019年5月撮影)by K-S2

北斗桜回廊

北斗市の桜については以下の記事に詳しくまとめています。

サムネ・法亀事しだれ桜【新函館北斗でお花見】北斗桜回廊の桜並木と法亀寺の枝垂れ桜

東京の桜(2019年4月撮影)by α6000

明るくいい感じにボケた桜

東京で見た桜は以下の記事にまとめています。

東京観光・都会での花見(お江戸深川さくらまつり)と寺神社巡りしてきた話

小坂レールパーク・夜桜(2019年5月撮影)by α6000

小坂レールパーク・夜景

秋田県県北部にある小坂町で撮影した夜桜はとてもキレイでした。

日没の小坂町観光|夜桜と廃線を利用した秋田のインクライン

秋田市内某神社(2018年7月撮影)by K-S2

新緑と神社

北斗市きじひき高原キャンプ場(2019年6月撮影)by K-S2

きじひき高原バンガロー

北海道でも高原にあるキャンプ場です。

キャンプ場については以下の記事に詳しくまとめています。

サムネ・北海道キャンプ北海道キャンプは道南がおすすめ!北の大自然は最高

北斗市茂辺地北斗星広場(2019年7月撮影)by K-S2 + 魚眼レンズ

引退した寝台列車「北斗星」が展示されている広場。夜景とあわせて夜を駆ける列車の写真が撮影できます。

サムネ・茂辺地北斗星広場夜の撮影は昼のロケハンが重要!北斗星広場に眠る寝台列車を撮影した

千秋公園のいちょう(2018年11月)by K-S2

市内で最も身近にある自然公園「千秋公園」では四季の植物などを楽しめます。

千秋公園・秋田市随一の都市公園で迎える春夏秋冬とその植物

函館見晴公園の紅葉(2019年11月)by K-S2

見晴公園は函館市内でも住民に親しまれ、植物や鳥、エゾリスさんが見ることが出来るスポットです。

サムネ・見晴公園北海道限定”エゾリス”を探索した件/函館見晴公園(香雪園)サムネ・白銀の世界とエゾリス北海道函館市のエゾリスと野鳥たち・香雪園(見晴公園)

ラグビーワールドカップ(2019年10月)by K-S2 + 魚眼レンズ

RWC大観衆

秋田駅構内なまはげ展示物(2019年5月撮影)by α6000

モノクロのなまはげ

北斗市某所・丘にあがった小型船舶(2019年5月)by K-S2

北斗市打ち上げられた船

最後に

カメラは触っているだけで楽しい!

歩留まりの良い撮影のために、2種類のカメラを使い分けて撮影を楽しめました。

他にも最新の撮影システムについて、記事をまとめていますのでよかったら併せて読んでみてください。

α7 IIだけで写真撮影は完璧?各種レンズとα7 IIの特徴や使い方を説明【私の撮影システム2】α7 IIだけで写真撮影は完璧?各種レンズとα7 IIの特徴や使い方を説明【私の撮影システム2】機材選別した件【EFマウントで統一】私の撮影システム3機材選別した件【EFマウントで統一】私の撮影システム3α7R III購入速報!結局Sonyフルサイズ機を買い戻した話・私の撮影システム4α7R III購入速報!結局Sonyフルサイズ機を買い戻した話・私の撮影システム4

ゆう

最後まで読んでくれてありがとうございました!

7DMarkII Canon GRIII Instagram K-S2 Lightroom PENTAX RICOH SANGO SIGMA Sony TAMRON WordPress α7II アニマル コンデジ フルサイズミラーレス ブログ レビュー 一眼レフ 三脚 上磯 函館 動画 北斗市 北海道 夜景 探鳥 望遠レンズ 格安SIM 楽天モバイル 機材 河川 渓流 湖沼 秋田 紅葉 花火 見晴公園 観光 野鳥 風景 香雪園 魚眼レンズ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です