Twitterアカウントはここから

秋田で探鳥・夏の時期(6月〜8月)に出会った野鳥たち

サムネ・夏の探鳥

こんにちわ,ゆう(@yusukebe029)です。

この記事では「」6月から8月にかけて出会った野鳥をまとめています。

Instagram(@yuu29akitaphoto)では #秋田の野鳥 と #akitabird のハッシュタグで秋田で撮影した野鳥写真を投稿しています。よかったらみなさんも秋田で撮影した野鳥写真にハッシュタグをつけて広めませんか?

この記事の概要

夏は森林、湖沼、渓流を中心に探鳥しました。通年観察できる野鳥も含んでいますが、この記事では6月から8月にかけて観察した野鳥を紹介します。

注意

野鳥へのストレス低減を含め、広義に環境保全の観点から野鳥の生息域についての具体的な記述は控えさせて頂いております。ご理解の程よろしくお願い致します。

森林で観測した野鳥

コゲラ

コゲラ」はスズメ大の大きさで、日本で最小のキツツキの仲間です。

市内の代表的な公園の林などで観察できます。

2021.07観測

キツツキの仲間なので木をクチバシで突いて、穴を開けている様子も確認できました。

2021.06観測

ヒヨドリ

ヒヨドリ」は湖沼、森林、渓流など広範囲に生息しています。

「ピーヨ!ピーヨ!」と特徴的な声で鳴いて、存在をアピールしてきます。

飛び方も独特なので判別も簡単です。

2021.06観測

カワラヒワ

カワラヒワ」は全体的にブラウン色で、尾羽根付近の黄色がワンポイントです。

クチバシが太いことも特徴です。

複数羽で行動していることも多く、河原や公園の林など観測できます。

木のてっぺんに留まったりもしています。

2021.06観測

ヤマガラ

ヤマガラ」はお腹周りの褐色が特徴で、林や森の木の枝を素早く動き回っています。

木のみを食べることもあるそうですが、私が観察したときはイモムシを捕食していました。

市街地の公園など身近な場所で見ることができます。

2021.07観測

河原・湖沼で観察した野鳥

ウミアイサ

ウミアイサ」は冬鳥として渡来するらしいですが、6月に川で確認しました。

頭の冠羽、茶色の頭部、首から下はグレーと色のバランスが良いです。

2021.06観測

カンムリカイツブリ

カンムリカイツブリ」は日本最大のカイツブリ類で、中でも首が一番長いそうです。

2021.06観測

生息場所は湖沼や湿地帯とありますが、観測したのは幅の広い承水路でした。

キジ

キジ」は草むらの中にいることが多いですが「ゲーッ!ケーン!!」と甲高い声で鳴くので、存在に気づくことは割と簡単です。

2021.06観測

警戒心が割と強く、人に気づくとソロ〜ソロ〜って草むらの中に入っていってしまいます。

草などの緑と派手なキジの色で目が肥える写真が撮れました。

市内でも大きな公園などで観察できます。

ツバメ

ツバメ」は河川の近くで家が立ち並んでいる場所などで見つけることができます。

飛んでいる速度が早く、飛びものはまだ撮影出来ていません。

たまに電線に留まっているのでシャッターチャンスはあります。

2021.07観測

紺と白の2色がメインカラーで、クチバシ下の赤が特徴的です。

ツバメは飛んでいる姿から簡単に判別できます。

カワセミ

カワセミ」は秋田市でも数箇所で存在を確認しています。こんな場所にいるの?ってくらい意外な場所にいたりします。

2021.07観測

あるエリア(沼一つや河川のある範囲)で単独で縄張りを持つので、一度にたくさん観察するのは難しいです。

個人的には川より、カワセミがいそうな沼など見つけて張り込んで観察したほうが歩留まりが良いです。

7月には幼鳥の姿を確認しています。見えないところで繁殖していたのですね。

2021.07観測

渓流で観測した野鳥

カワガラス

カワガラス」は黒色の見た目からカラスと名がついているが、実はカラス類ではありません。

渓流域で岩から岩へ水面ギリギリを飛んでいるのをよく見かけます。

2021.07観察

群れでいることもあれば、一匹だけでいることもあります。

たまにカワガラス同士で向かい合って威嚇している風景を目にします。

イヌワシ

イヌワシ」であっているか自信がありません。間違っているならこっそり問い合わせから教えて下さい。

イヌワシは山地に生息するワシ類で、黒茶はメインカラーでその中に白などが入り混じった色をしています。

後頭部にはふわっとした金色の毛が特徴です。

2021.07観察

大型の鳥であることから動きはややスローモーですが、羽ばたいたときのダイナミックさは圧巻です。

トンビ

トンビ」は湖沼や山地の渓流沿いなどで観察できます。

「ピーヒョロロ」と田舎を感じさせるのどかな鳴き声に癒やされています。

2021.06観察

ヤマセミ

ヤマセミ」はカワセミの仲間で、スズメくらいの大きさのカワセミに対して、ヤマセミはハトぐらいの大きさです。

警戒心の非常に強い野鳥で、50mの距離でも気づいてすぐに飛んでいってしまいます。

2021.07観察

撮影距離が100mを超えているので、画質は勘弁してください。

カワセミと同じく、魚をダイブして捉えて捕食します。

渓流域に3〜5kmと広い生息域なため探すのも一苦労です。

最後に

都会に比べれば秋田はまだ涼しい方ですが、それでも暑さのためか野鳥の出現率は落ちている気がします。

私も夏の暑さを回避するため、渓流やダム、滝など涼しさを感じられるスポットを中心に探鳥していました。

他にも「春」に観察した野鳥を以下の記事で紹介しています。

サムネ・春の野鳥春に出会った野鳥一覧・秋田で探鳥【3月〜5月】

ゆう

最後まで読んでくれてありがとうございました!

7Dmk2 Canon GRIII GRⅢ K-S2 Lightroom PENTAX RICOH SANGO sony TAMRON WordPress アニマル カワセミ フルサイズミラーレス ブログ レビュー 一眼レフ 三脚 上磯 仁別 函館 北斗市 北海道 夜景 広角レンズ 探鳥 望遠レンズ 木古内 楽天モバイル 機材 河川 渓流 現像 秋田 紅葉 花火 見晴公園 観光 野鳥 野鳥撮影 風景 香雪園 魚眼レンズ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です