Twitterアカウントはここから

α7 IIだけで写真撮影は完璧?各種レンズとα7 IIの特徴や使い方を説明【私の撮影システム2】

こんにちわ,ゆう(@yusukebe029)です。

フルサイズミラーレス「α7 II」一台で写真活動していた時に購入して良かったレンズやα7 IIの使い方を紹介していきたいと思います。

この記事の概要

α7 IIをお迎えすることにした経緯を語ります。α7 IIに装着していたレンズを紹介します。α7 IIの使い方や便利機能を掲載します。

α7 IIをお迎え

Sony α7 IIレビュー記事」でも詳しく書いていますが、当時の私はフルサイズ機に対して強い憧れを抱いていました。

PENTAX K-S2、Sony α6000に続いて3台目のカメラとなった「α7 II」は私にとって購入した中で最良のカメラでした。

購入の決めてはデザイン

sonya72カメラ本体

レンズ接合部のオレンジリングはお気に入りポイントでした。

3台目のカメラを購入する時は、まだカメラに関する知識は詳しいというわけでなく、正直どれでもいいやってのが本音でした。

店頭でどれにしようか物色していたとき、α7 IIをみて「かっこいいな。これにしよう!」と直感で決めました

購入費を抑えるための下取り

カメラやレンズを買う時に値段を確認すると、〇十万円とかザラにありますよね。

高い値段にひるんで購入の一歩を踏み出せないのは皆同じ気持ちなんです。

その高価なカメラ・レンズを買う時に値段を安く抑える方法が2つあります。

所有機材を下取りに出す

高いお金を出して購入したカメラやレンズ資産であると私は考えています。

勿論、新しい製品が発売されたり、雑に扱ってボロボロになってしまっては値打ちは下がってしまうでしょう。

機材を大切に使い、新しい製品の情報をまめに収集している人は、売値が高いうちに機材を売却してそれで得た資金を次の機材の購入費に当てている人も多いです。

ゆう

私の知り合いも使わない機材は売りに出して、新しい機材を買っているようです。

キャンペーンを利用する

古い製品は流石にキャンペーン対象外ですが、新しい製品や今流行りの製品(例えばミラーレスなど)は定期的にキャンペーンが実施されていることが多いです。

キャンペーンの内容としてはキャッシュバックで、◯◯を購入すると¥10,000キャッシュバックなど各メーカで頻繁に行っているようです。

自分が欲しい製品がキャンペーンになっている時は積極的に利用すると初期購入の費用を安く抑えることができるでしょう。

私もα7 II購入時にはPENTAX K-S2とα6000を売りに出して、α7 II購入の費用を軽減させました。

下取りで得た軍資金のおかげで、実際にα7 IIは40%引きくらいの値段で安く購入できたと記憶しています。

α7 IIレンズ

ここでは私がα7 IIに装着して使っていたレンズを紹介します。

FE28-70mm 標準ズームレンズ

FE28-70mm

α7 IIレンズキット同梱品です。

このレンズは標準ズームレンズで28から70mmの焦点距離をカバーできます。

ワイド端の28mmでは広角に風景を撮影でき、70mmのテレ端ではボカしたり、被写体に寄って撮影が可能です。

このレンズ一本で特に撮影に不満のない無難なレンズといったところです。

FE70-200mm f/4 望遠ズームレンズ

開放f値が4固定の望遠ズームレンズです。

ポートレートや乗り物撮影、野生動物の撮影などで幅広く活躍してくれるでしょう。

70-200mmの焦点距離は他社も開発にしのぎを削る「王道の焦点距離」と言っても過言ではないくらい、人気のレンズです。

レンズキットでFE28-70mmが既に手持ちにある人は2本目レンズにピッタリかと思います。

フルサイズ機を使うようになって感じたことは「フルサイズ用レンズの値段が高い」ということです。

Canonにしろ、Sonyにしろ、レンズの値段はAPS-C機よりは高くなります。

フルサイズを使うということはそれなりにお金も掛かるということを覚えておいて下さい。

A15mm f/2.8 SIGMA魚眼単焦点レンズ

マウントアダプター「EA-LA5」を使えば、AマウントレンズもEマウントボディで使うことができます。

標準ズームレンズより焦点距離が短い15mmは超広角な風景写真を撮影するのにもってこいです。

ただ魚眼レンズなのですこし画角が歪曲してしまいます。

迫力のある風景やユニークなスナップショットを撮影するときに魚眼レンズは重宝します。

面白いレンズなので1本手持ちにあって損はないレンズだと思います。

α7 IIで撮影した写真は以下のレビュー記事に掲載しています。

sonya72購入記念Sonyα7ⅱを選んだ理由と沢山写真撮ったので見て下さい

α7 IIの使い方と便利だった機能

ぶっちゃけるとまずは「α7 II 使い方」とGoogleに打ち込んで検索をかけましょう。

「a7 IIの使い方を徹底解説」みたいな記事を探して、その中でおすすめ設定をそのまま設定しちゃいましょう。

そのまま使ってみて、自分に合わない設定は自分にあった設定に変更して、オリジナルの設定を見出して行けばいいと思います。

参考にいくつかリンクを載せておきます。

私も最初はこのやり方で自分にあった設定を見つけていたので無難な方法かと思っています。

ゆう

一応、経験則なのだよ。

カメラの設定を他人任せにしてしまった私ですが、自分の使い方にあわせて設定しておいたほうが良い箇所もあるので説明しておきます。

・カスタムボタン

・上下左右ボタン

・コントロールホイール

・親指AF (設定方法

カスタムボタン、コントロールホイール周りの上下左右ボタン、コントロールホイールはよく使うと思いますので、自分が使いやすい機能を割り当てておくといいでしょう。

あと、個人差はありますが、親指AFというテクニックがあります。

これはシャッターボタン半押しでピント併せするのではなく、右手親指位置のボタンを押してピントあわせからのシャッターボタンで撮影します。

ピントあわせとシャッターボタンは分けたほうが撮影時に何かと便利なので私は親指AFを使っています。

親指AFのメリット等については以下の記事が詳しいです。

MFアシストとピーキング機能

MFアシストは入にしておくことでMF時にピントあわせしやすくしてくれます。

ゆう

私はAFで荒くピントを併せてからMFで微調整するといったピントあわせをしているのでこの機能は助かります。

ピーキング機能はピントが合っている箇所を白、黄、赤のいづれかの色で教えてくれるピント合わせの先生のようなものです。

これらの機能は写真撮影におけるピント合わせで助けられました!

スイングパノラマ機能

スイングパノラマ・桜

カメラを横一線に動かしてパノラマ撮影!

風景を広角に見せたいときによく使っていた機能です。

横に動かしている間にパシャパシャ撮影して、カメラ内で合成して一枚に仕上げる機能です。

スイングパノラマは風景写真を撮影する人には向いている機能かと思います。

モバイルバッテリーから給電

ずぼらな私は現地にカメラを持っていって「充電がない!」なんてことをよくやります。

そんなめんどくさがりな私が重宝した仕様がモバイルバッテリーから充電できることです。

充電済みのモバイルバッテリーとカメラを接続すると充電されて、現地でもカメラの充電を回復させることができます。

これで私はバッテリーを2個購入することなく、1台のバッテリーでα7 IIを運用できたことは経済的にもよかったと思っています。

最後に

α7 IIはエントリーミラーレスとしておすすめの機種だと思っています。

私も随分このカメラの便利な機能に助けられて、いい写真を何枚も撮ってきました。

レンズも必要な分だけ購入して、シーンに応じて使い分ければ撮影もバリエーションも広がります。

フルサイズ機の購入を検討の方はぜひα7 IIも候補に入れてあげて下さい。

他にもフルサイズミラーレス「EOS RP」のレビュー記事を書いています。

サムネ・RPレビューEOS RPレビュー・Canonフルサイズミラーレス購入検討者は必見!

ゆう

最後まで読んでくれてありがとうございました!

7Dmk2 Canon GRIII GRⅢ K-S2 Lightroom PENTAX RICOH SANGO sony TAMRON WordPress アニマル カワセミ フルサイズミラーレス ブログ レビュー 一眼レフ 三脚 上磯 仁別 函館 北斗市 北海道 夜景 広角レンズ 探鳥 望遠レンズ 木古内 楽天モバイル 機材 河川 渓流 現像 秋田 紅葉 花火 見晴公園 観光 野鳥 野鳥撮影 風景 香雪園 魚眼レンズ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です