県展に作品を出品します。
第64回秋田県美術展覧会(2022.6.24〜6.29)

カワセミ(Kingfisher)ギャラリーと観察日記

サムネ・飛びものカワセミ

こんにちわ,Isamu(@yusukebe029)です。

秋田に来てから、2ヶ月の期間を費やしてやっとカワセミに遭えました。

この記事では私が撮影したカワセミについて紹介します。

野鳥にかかる負担を考慮し,詳細な撮影場所に関する記載は控えさせていただいております。環境保全のためにもご了承願います。

この記事の概要

秋田で撮影したカワセミを実写付きで紹介します。カワセミの止まりものと動きものの撮影について経験を語り、検証した結果も解説します。

カワセミの止まりもの

止まりものと飛びものでは,止まりものが撮影難易度は易しめです。

動きていないときを狙って、シャッター速度をぶれないギリギリに設定して撮影します。

カワセミの止まりもの

低ISO感度で撮影できれば、クロップしてもノイズが目立たないです。

カワセミの飛びもの

飛びものは止まりものに比べて,撮影難易度はグッと上がる。

飛んでいる野鳥をブレずに撮影するためシャッタースピードを速くするのが理由です。

初めて撮影した飛びものは失敗に終わった。

400mm ISO400 f/6.3 1/250秒
飛びものピンぼけ

撮影設定以前の話で,そもそもカワセミの動きが早すぎてピントがあわせられないです。

経験不足もあってか,飛びもの撮影は予想通り難易度が高い。

ISO感度は諦め,とりあえず野鳥がブレないシャッタースピードを色々と試し,どれくらいシャッタースピードが速かったら野鳥が止まって写るか別日に検証してみた。

269mm ISO1000 f/6.3 1/800秒
偶然が生んだナイスショット

シャッタースピードを1/800秒まで速くすれば、飛んでいる野鳥が止まり、飛びものが撮影できました。

撮影ギャラリー

撮影場所をよく観察し、シャッタースピードや露光などを調整して撮影しました。

400mm ISO200 f/6.3 1/80秒
2021.6.27

目にピントをあわせ,羽まで解像させると生き生きした野鳥を写し出せます。

目にピントをあわせることを野鳥界隈では「アイキャッチ」や「ガチピン」「目を出す」などと呼んでいる。

SNSを使って、自分の投稿をアピールする方法を以下の記事に纏めてみました。

サムネ・ネコ秋田の写真を投稿するときの厳選ハッシュタグ一覧・ハッシュダグ解説付き

また,ISO感度が上がりすぎるとどうなるか見てみよう。

400mm ISO1000 f/6.3 1/320秒
2021.6.27

木陰ということもあり、高ISO感度での撮影となってしまった。

ISO感度が1000まで高まるとノイズが目立ってクロップすると見てられなかった。

Isamu

こうして失敗写真を何度も撮るなかで最適な設定は何なのか。どうすれば上手く撮影できるのかを常に考えて撮影を楽しみました。

シャッタースピードを1/800秒にして撮影した渾身の一枚。

269mm ISO1000 f/6.3 1/800秒
2021.7.3

運良く15mの距離で撮影できたカワセミです。

子育て時期だったのかやせ細っていて見ていて心配でした。

2021.7.3

最後に

秋田で観察したカワセミと、止まりもの、飛びもので分けて説明しました。

撮影してみてやっぱりカワセミは美しいと改めて思いました。

山奥の渓流まで行かなくても,都市公園の池などにしれっといるものです。

他にもバードウォッチングに関する記事を執筆しているので、良かったら読んでください。

サムネ・カワセミカワセミとの初遭遇と探し方についてヤマセミ in Akita 初心者バーダーの週末探鳥録オオワシ in Akita 初心者バーダーの週末探鳥録サムネ・夏の探鳥秋田で探鳥・夏の時期(6月〜8月)に出会った野鳥たち秋田で探鳥・初秋から晩秋(9〜11月)鳥見してきた!サムネ・野鳥観測数バーダー歴2年の探鳥備忘録・現在61種観測中

Isamu

最後まで読んでくれてありがとうございました!

7DMarkII Canon EF100-400mm FE70-200mm GRIII K-S2 PENTAX RICOH SANGO Sigma150-600mm Sony TAMRON Tamron100-400mm WordPress α7II α7RIII アニマル カワセミ コンデジ ダム ブログ レビュー 一眼レフ 三脚 冬鳥 函館 動画 北斗市 北海道 夜景 広角レンズ 探鳥 望遠レンズ 格安SIM 楽天モバイル 機材 渓流 秋田 紅葉 見晴公園 観光 野鳥 風景 香雪園

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。