最新情報はTwitter(@yusukebe029)から

秋田で探鳥・水辺の散策で野鳥をたくさん観察したよ

サムネ・オオヨシキリ

こんにちわ,ゆう(@yusukebe029)だ。

秋田市の水辺を散策し、野鳥観察してきたので撮影写真と共に報告だ。

この記事の概要

水辺を散策した探鳥成果と、身近な野鳥たちの写真を掲載。カワセミや他の探鳥記事についてもリンクをめちゃ貼っているぞ。

水辺の探鳥成果

アオサギ

くせっ毛のような黒の毛が愛くるしい。

灰色がかった毛並みが綺麗で、大きめのサギだ。

アオサギくん

片足立ちで、ぼーっと立ち続けていてオブジェ化しているようだった。

カワウ

水中に潜り、見失うこともしばしば。

写真のように翼を広げ、潜った際に濡れた翼を乾かしているようだった。

カワウくん

ササゴイ

ササゴイ』は夏鳥として日本に飛来し、水辺や湖沼でよく見られる。

ゴイサギと似ており、しばらくの間、判別できていなかった。

ササゴイくん

身近な野鳥たち

里のスズメ

人馴れしたスズメが5mの距離まで寄ってきてくれた。

これが初めて、羽まで解像した写真となった。

スズメくん

高価なレンズは持っていないが、解像した写真は撮れることが判った。

TAMRON100-400mmは野鳥撮影入門におすすめ【CanonEFマウント】レンズレビューTAMRON100-400mmは野鳥撮影入門におすすめ【CanonEFマウント】レンズレビュー

シジュウカラ

同じく5m近くまで寄ってきてくれたので、解像して撮らせてもらった。

動くの早いシジュウカラだが、このときは鈍重に地面を動き回っていた。

撮影タイムをありがとう。

シジュウカラくん

ムクドリ

この子も町中にあぎったげ(飽きるほど)生息している。

10匹以上群れで行動している姿をよく見る。

このときは単独で木の根に留まってカッコつけていた。

春・ムクドリ
ムクドリくん

ハクセキレイ

白黒のツートンカラーで尾が長い。

尾羽根をフリフリし、地面をとことこ動き回っている。

ハクセキレイくん

海岸,河川,池沼など水辺に広く生息し、春夏は北日本に,冬は温かい地域に移動すると聞く。

カワラヒワ

ピンぼけとなってしまった。

太いくちばしと尾羽根付近の黄色カラーが特徴の野鳥だ。

カワラヒワくん

キジバト

ポーッポーッポッポー!

このことを聞けば、十中八九キジバトだ。

キジバトくん

でかい図体しているので、電線や突き出た木の枝に留まっていればすぐわかるだろう。

オオヨシキリ

ぎょーっ!とうるさいくらい声を出して、存在感をアピールしてきた奴だ。

パートナーを探していたのか、夏前にかけて自己主張が強い行動が多かった。

オオヨシキリくん

一夫多妻制で知られて,水辺に多く生息しているようだ。

カワセミとの出会い

水辺の野鳥で代表的な野鳥といえばカワセミだろう。

SNSでも圧倒的人気を誇るカワセミは身近な水辺にひっそり暮らしているのだ。

サムネ・カワセミ秋田で探鳥・カワセミを探せ!街の河川・湖沼に住む青い宝石サムネ・飛びものカワセミ秋田で探鳥・河川や湖沼でカワセミ発見!Kingfisher

上の記事ではこれまで撮影したカワセミ写真を公開している。

また、カワセミの探し方についても簡単にまとめてみた。

最後に

水辺には野鳥が多く生息していることが今回の散策で明らかになった。

今後も野鳥撮影のため、様々な場所で探鳥する予定だ。

『秋田で探鳥』記事は他にも執筆中だから、野鳥をもっと見たい人はレッツタップ!

サムネ・渓谷ヒヨドリ秋田で探鳥・秋田市河辺の渓谷まで野鳥観察に行ってきた!サムネ・夏の探鳥秋田で探鳥・夏の時期(6月〜8月)に出会った野鳥たち秋田で探鳥・初秋から晩秋(9〜11月)鳥見してきた!

ゆう

最後まで読んでくれて感謝申し上げる!

7DMarkII Canon GRIII Instagram K-S2 Lightroom PENTAX RICOH SANGO SIGMA Sony TAMRON WordPress α7II アニマル コンデジ フルサイズミラーレス ブログ レビュー 一眼レフ 三脚 上磯 函館 動画 北斗市 北海道 夜景 探鳥 望遠レンズ 格安SIM 楽天モバイル 機材 河川 渓流 湖沼 秋田 紅葉 花火 見晴公園 観光 野鳥 風景 香雪園 魚眼レンズ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です