最新情報はTwitter(@yusukebe029)から

秋田で探鳥・カワセミを探せ!街の河川・湖沼に住む青い宝石

サムネ・カワセミ

こんにちわ,ゆう(@yusukebe029)です。

秋田で初めて「カワセミ」に会うことが出来たので記念に記事を執筆した次第だ。

カワセミについて簡単に説明し,私の経験からどんな場所に住んでいるのか経験談を語る。

この記事の概要

カワセミとの初めての出会いの話、カワセミ情報を記載。秋田でのカワセミの呼び方を知っているか?どんな場所にカワセミがいるか経験を基に執筆した。

レンズ越しでのカワセミとの出会い

SNSでたくさんのフォロワーがカワセミの写真をこれでもかと掲載し、マウントをとってくる中、カワセミに会ったことがない私は焦りともどかしさで多大なストレスを抱えていた。

数ヶ月たてども、カワセミは見つからず、やっと出会えたときの喜びは今でも鮮明に覚えている。

出会った場所は近場ではなく、遠方だったこともあり、途切れかけた私のモチベーションをつなぎとめる程度だったがやはり嬉しい感情はあった。

秋田のとある湖沼のカワセミ

最初はなんか鳥が飛んできて枝に止まったな〜って感じだった。

肉眼では確認できなかったのでレンズ越しにズームすると,カワセミだった。

あっけなくね?

そう思うかもしれないが、出会いなんてこんなものだ。

カワセミまでの距離はおよそ30m。

TAMRON100-400mmレンズを付けていたので、とりあえずテレ端400mmで撮影。

警戒心が強いのかすぐ飛び立ってしまいましたが,カワセミを写真に収められたことは大収穫であった。

テレ端400mm(35mm判換算で640mm相当)でももう少し長い焦点距離のレンズが欲しいところです。

こうしてカワセミを追い求めたカメラマンは底なしのレンズ沼に落ちていくのであったにゃ…

ねこ氏

TAMRONレンズについてレビュー記事を執筆してみた。

TAMRON100-400mmは野鳥撮影入門におすすめ【CanonEFマウント】レンズレビューTAMRON100-400mmは野鳥撮影入門におすすめ【CanonEFマウント】レンズレビュー

カワセミを探せ in 秋田

カワセミ情報

ネットでリサーチすると意外と身近なところにカワセミがいることがわかる。

人馴れしているカワセミは大サービスしてくれるので写真が撮りやすくて羨ましい。

秋田に戻って1年目は探鳥地のピックアップと撮影技術の向上を目標に行動した。

土地勘が必要なのか、探鳥の経験が足りないせいか、秋田市内でカワセミを見つけることができず苦戦を強いられた。

ゆう

ある日,川沿いを散策していると青色の姿を捉えた。

残念ながら一瞬の出来事で写真を撮影する暇はない。

でも確かにあの青い姿はカワセミだった。存在を確認して一安心。

秋田由来のカワセミの呼び方

秋田ではざっこ(小魚)を獲ることから「ザッコドリ」なんて呼ばれたりする。

カワセミは土のなか1mくらい穴をほってそこで子育てをするそうだ。

穴の中はひなの糞などの排泄物でひどい悪臭を放つと言われ、その悪臭からカワセミは「くさんぽどり」とも呼ばれるそうだ。

カワセミについて

アオサギが目印

カワセミのエサは小魚。

同じく小魚をエサとするアオサギを水辺で見つければ、そこにカワセミがいる可能性が高い。

小魚をエサとするアオサギ

カワセミは以下のような場所をエサ場としているようだ。

①10センチ程度の水深の浅い場所

②池などに川が流入するポイント

③ダム湖に流れ込む河川の流入箇所(バックウォーターと呼ばれる)

人馴れしているカワセミは近所の池がある公園などにいることもある。

これまで3箇所でカワセミを確認しましたが,流れのない淀んだ場所や暗めの場所にいることが多かった気がします。

ネットにはあくまで基本に忠実な情報が書かれている。

だけど現場で見たときの私の感想は『ネット情報とぜんぜん違う』だ。

その場所の特徴、そこで生きる野鳥の生態によって、ネットで書かれていることと真逆の生き方をしている場合もあるし、そのまま忠実な場合もある。

ようは現場で実際に自分で見て、感じて、考えることが探鳥する上で一番の近道かもしれない。

それが探鳥の楽しむことであると最近気付かされた。

早朝に活動

経験からカワセミは早朝に活発な活動をみせる。

日が完全に登り、10時を過ぎたぐらいには出が鈍り、出現率はガクッと低下する。

野鳥観察するなら朝早く。これは鉄則かもしれない。

渓流のカワセミ

人里離れた山間部や渓流に生息するカワセミは警戒心が強めである。

しかし、水が澄んでいる渓流ではカワセミのエサとなる小魚などが少ない。

結局は山奥まで行かずとも、身近な公園の池や河川,池などを探してカワセミを見つけることがカワセミ撮影への近道に思える。

他ブロガーさんの「マイ・カワセミを見つけよう!」は大変参考になるので読んでおいて損はない。

最後に

実際に見るとカワセミは本当に綺麗な野鳥であった。

2021年の目標であった「カワセミを撮影する」を達成できて嬉しい限りだ。

秋田の探鳥記事を公開中なので,野鳥撮影始めてみようと考えている君!タップだ。

サムネ ツグミ秋田で探鳥・まだ寒い春先(3〜4月)に市内各所で野鳥を観察秋田で探鳥・アオサギは水辺で垂直立ち、気づけば木の上、池の中、色んな所にヤツが!|Grey Heronサムネ・渓谷ヒヨドリ秋田で探鳥・秋田市河辺の渓谷まで野鳥観察に行ってきた!

ゆう

最後まで読んでくれてありがとうございました!

7DMarkII Canon GRIII Instagram K-S2 Lightroom PENTAX RICOH SANGO SIGMA Sony TAMRON WordPress α7II アニマル コンデジ フルサイズミラーレス ブログ レビュー 一眼レフ 三脚 上磯 函館 動画 北斗市 北海道 夜景 探鳥 望遠レンズ 格安SIM 楽天モバイル 機材 河川 渓流 湖沼 秋田 紅葉 花火 見晴公園 観光 野鳥 風景 香雪園 魚眼レンズ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です