Twitterアカウントはここから

秋田で探鳥・秋田市河辺の渓谷まで野鳥観察に行ってきた!

サムネ・渓谷ヒヨドリ

こんにちわ,ゆう(@yusukebe029)です。

今回は渓谷で探鳥したときの成果をまとめました。

本当はヤマセミを見られればよかったのですが残念ながら空振りでした。

この記事の概要

秋田市河辺の渓谷を探索した記事。訪問地(殿渕園地、岩見ダム)についての探索の他記事や動画のリンク有り。探鳥して出会った野鳥を実写付きで掲載します。

秋田市の渓谷で感じる自然

秋田市から車を走らせると、まずはコンビニがなくなり、民家も少なくなり、ついには木々や田んぼだけの風景になってしまう。

聞こえるのは川のせせらぎや風の音だけ。

ごくたまに鳥のさえずりや、夏にはセミの鳴き声が聞こえる。

車内で全開にした窓から秋田の自然を楽しみながら、本日の探鳥地をどこにしようか思いを巡らせます。

岩見ダム方面、岨谷峡方面と選択肢は2つ。

欲張りな私は春から秋にかけて2方面を探鳥してきました。

岨谷峡に立ち込む霧
早朝に霧が立ち込む岨谷峡

大又川が流れる岨谷峡

岩見川は三内川と大又川が合流して大きな一本の川となる。

大又川を更に上流に進むと、両岸が岸壁に囲まれた場所がある。

そこが岨谷峡(そうやきょう)だ。

岨谷峡探索については以下の記事に詳しくまとめています。

サムネ・岨谷峡岨谷峡の渓流【秋田市・川辺岩見】幻想風景スポット

岨谷峡に入れば、水の音がすごく、動物などの声は聞こえにくい。

しかし、川から少し離れれば、鳥のさえずりが響き渡っており、天然のオーケストラを楽しむことができる。

ヒヨドリ

どこにでもいるこいつも渓流でもまたピーヨピーヨと鳴いていた。

日が差す瞬間を狙い、一枚撮影。

朝日を浴びるヒヨドリ

キセキレイ

黄色が目につくキセキレイは野鳥の中でも比較的観察しやすい。

よく小石の上で尾羽根をひらひら振って、ダンスを披露してくれる。

ここ河辺では町の鳥として認識されているそうだ。

キセキレイが町の鳥ということから、河辺は山間部の渓流が近くにあることを暗示している。

岩の上のキセキレイ

カワガラス

水面ギリギリを滑空するこいつは色が茶色っぽいので見つけるのに苦労する。

浅瀬で水浴びする様子も見せてくれるので、一度見つけてしまえば、じっくり観察できる。

岩の上のカワガラス

餌をとっているのか頻繁に水に顔を突っ込んでいました。

何やら揉めている模様。

大きな声で鳴き、一方を威嚇しているようにも見えました。

ケンカか?仲良くしてください!

ホオジロ

頬が黒いのにホオジロ。

大物を捕まえてご満悦の様子。

獲物をアピールするホオジロ

ムクドリ

街中で多く見られるムクドリも渓谷でも確認。

今回は単独でしたが、よく街の電柱などに大勢で停まっているのを見かけます。

木の枝に止まるムクドリ

ハクセキレイ

比較的どこにでもいるように感じるハクセキレイは渓谷でも観察できた。

キセキレイ同様、尾羽根をフリフリして華麗なダンスを見せてくれた。

ケツから見るハクセキレイ

道中で出会った鳥類

渓谷に到着するまでに、決して多くはないが野鳥に巡り会えた。

道路脇の駐車場所に車を停め、あたりを見回すと猛禽類や町中で見られる野鳥が確認できた。

イヌワシ?

大きな猛禽類が悠然と電線に留まっていた。

遠くからこっそり撮影したので、正確に判別できる写真ではなかった。

大きな猛禽類

飛び立つ動きもスローモーで、大きな体をダイナミックに動かし、去っていった。

一緒にいた時間は5分程度だった。

キジバト

ボー!ポーッ!っと山から聞こえてくるあの声の主はこやつです。

道路上をうろついていたり、電柱や電線に留まっており、どこへでもいるイメージだ。

キジバトくん

トビ

猛禽類の判別って難しくない?

いまいち自信がない。間違っていたらコメントで教えて下さい。

渓谷は渓流だけが探鳥地ではない、道中の電柱でも多くの猛禽類を確認できた。

トビ?かな?
トビ?なのか?

上流には河北湖が広がる岩見ダム

岨谷峡は大又川の上流にある一方で、岩見川から分岐する三内川方面へ進むと、岩見ダムにたどり着く。

上流には河北湖があり、秋には紅葉が楽しめた。

河北湖とその奥に広がる紅葉した山々

岩見ダムまで紅葉を見に行った記事はこちらです。

岩見ダムで紅葉景色と道中ルートを写真解説!秋田市河辺

ここでもダム付近に生息する野鳥を観察できた。

鳥見も良いが、クマには気をつけたい。

クマを知り、クマを対策する、クマについての記事も書いています。

よく行く仁別でもクマ被害!これを機にツキノワグマについてとクマ対策をじっくり考えた件

カワガラス

ここでも暗めの色のこやつが姿を現してくれました。

水面ギリギリを飛び、一瞬で目の前から消えきました。

またいつか会おう。

カワガラスくん

セキグロレイ

背中が黒いのが、特徴でハクセキレイと紛らわしい子だ。

尾羽根をフリフリするのは同じで、不思議なダンスを見せてくれる間にパシャリ撮影。

堤頂に現れたセキグロレイ

モズ

撮影時間帯が暗かったので、ISO感度が高くなってしまった。

おそらくモズでこいつも比較的よく見かける。

たぶんモズくん

岩見ダムを訪問し、紅葉した山々を見てきたときのことを動画にまとめています。

ネイチャーや探鳥についての動画を不定期で投稿しているので、どうぞよろしくお願いします。

殿渕園地で探鳥と紅葉狩り

11月始め、紅葉を見るため「殿渕」「伏伸の滝」「舟作」がある殿渕園地を訪問した。

思いもよらず、紅葉した木々の間を野鳥が俊敏に動き回っており、紅葉と野鳥を一緒に撮影できたのは幸運であった。

シジュウカラ?

とにかくすばしっこく、木々の間を縫うように動き回っていた。

その証拠に、ピントを合わせるのに精一杯で露光調整がおろそかになってしまった。

紅葉がやや終盤で、葉がだいぶ散っていたため、野鳥は捉えやすかった。

シジュウカラさん?

ヤマガラ

この鳥も街の公園などで見かける。

色づいた葉と一緒に撮影できたので、秋っぽさを少しは出せただろうか。

ヤマガラくん

エナガ

北海道で爆発的人気を誇るシマエナガのお仲間。

実はエナガと気づかず、家の現像したときに、見たことない野鳥だ!となり、(認識しての)初めての出会いは画面越しとなってしまった。

白を基調とした体でかわいい感じを醸し出している。

エナガくん

コゲラ

ジィー!ジィー!と癖のある声と、木をつつく音を頼るに探すとこの子がいた。

この鳥も街の公園、特に林があるような場所では比較的よく観察できる。

コゲラくん

じっと観察していれば、木をつつくシーンも見れて撮影チャンスは増える。

殿渕園地(殿渕・伏伸の滝)の渓流を探索したときの動画もアップしています。

最後に

今回は「岨谷峡」「岩見ダム」「殿渕園地」を中心に、川辺の渓谷を探鳥してきた。

探鳥地を新規開拓すれば、知らなかった野鳥に出会えたり、野鳥の生態に詳しくなれるので、私は結構好きだ。

秋田での探鳥記事については他にも書いているので良かったら閲覧頼みます。

サムネ・白銀の世界とエゾリス北海道でエゾリスと野鳥撮影/香雪園(見晴公園)サムネ ツグミ秋田で探鳥・まだ寒い春先に市内各所で野鳥を観察|3〜4月サムネ・カワセミカワセミを探せ!街の河川・湖沼に住む青い宝石【秋田で探鳥】

ゆう

最後まで読んでくれてありがとうございました!

7Dmk2 Canon GRIII GRⅢ K-S2 Lightroom PENTAX RICOH SANGO sony TAMRON WordPress アニマル カワセミ フルサイズミラーレス ブログ レビュー 一眼レフ 三脚 上磯 仁別 函館 北斗市 北海道 夜景 広角レンズ 探鳥 望遠レンズ 木古内 楽天モバイル 機材 河川 渓流 現像 秋田 紅葉 花火 見晴公園 観光 野鳥 野鳥撮影 風景 香雪園 魚眼レンズ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です