県展に作品を出品します。
第64回秋田県美術展覧会(2022.6.24〜6.29)

ヒヨドリ ―Brown-eared Bulbul

サムネ・ヒヨドリ

都市公園、町中、森林、渓流、河川など生息範囲が広いヒヨドリは通年観察できます。

特に、探さずとも比較的簡単に出会える野鳥です。

2021年4月

春になると桜が咲き、そこにヒヨドリが集まってきていました。

色んな角度から蜜を吸っていて、これが夢中になるってやつか!と思いました。

目を出して、体毛もよく解像できて満足です。

蜜を吸うヒヨドリさん。

桜が散っても、都市公園ではよく見かけました。

2021年5月

渓流に行ってみると、ここでもヒヨドリさんと出会えました。

2021年6月

ヒヨドリはスズメよりも遥かに大きく、観察しやすい野鳥なので写真も撮りやすいです。

2021年7月

渓流に生息するヒヨドリのほうが警戒心が強い気がします。

人馴れしていないからか、撮影難易度が少し上がります。

2021年8月

電線にとまるヒヨドリさん。

2021年9月

緑で覆われた中に、ヒヨドリさんを見つけました。

ほんとどこにでもいるね君。

2022年1月

風車をバックにヒヨドリさんを撮影しました。

木の枝に葉がついていないと見つけやすい!

2022年4月

森林部でヒヨドリ観察。

4月下旬になっても山奥なら桜がまだ咲いていました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。