Twitterアカウントはここから

NASにしてちょっと経ったので感想を述べる/Wi-Fi環境+ネットワークストレージ

NASを使用した感想・サムネ

こんにちわ,ゆう(@yusukebe029)です。

安価にNASを構成して,はや数ヶ月が経ちました。

この数ヶ月間NASで写真の編集などして,実感したことをまとめましたので,お時間あればお付き合い宜しくお願いします。

「NAS構成の経緯と格安でNASを構成する方法」の記事

サムネ・ASUS無線LANルーター【RT-AC59U・ASUA】無線LANで簡易NASを構成!低予算でやりくり

この記事の狙い

1.安価に構成したNASは写真データを扱う人と相性は良いのか訪問者さんにお伝えする

2.今回の件をフィードバックして「写真データを扱う人と相性が良く,かつストレスのない環境構築」について考える。

ではいってみたいと思います。

NASを実運用してみての感想

撮影してきた写真データのアップロード&ダウンロード

とにかく”時間が掛かる“ということを始めに言っておきます。

私は1回の出撃で,そんなに写真を撮影するほうではありません。

100〜200枚くらいの写真を撮って,データ容量も3GB前後くらいです。

このデータをNASにアップロードすると要する時間は大体10分程です。

ゆう

アップロードするまで何も出来ないから辛いな

写真現像でもNASを経由するため遅い

私はまだ買い切り版のLightroomを使っていますので,RAWデータのやり取りがネックになっています。

ここについては別記事で紹介したいと思います(記事執筆中)。

写真データの拡張子がネックな理由:

DNG拡張子であればLightroomでそのまま現像可能だが,それ以外のメーカ特有の拡張子なら一度DNGに変換する必要がある。私はDNGコンバータを使っています。

DNG拡張子に変換する作業で写真データを読み込み(一旦待ち)。

また待っているのかにゃ〜。非効率だにゃ〜

ねこ氏

いよいよLightroomでの現像作業になります。

さらにそのLightroomで現像中もNASから読み込んでいますので動作は重いです。

現状について

ゆう

もう待っている時間が長くて非効率的だよ〜。やっぱ写真のような大容量データを扱う人には今回提案したNASは相性が悪かったか…
数ヶ月使ってみてわかって良かったにゃ。人柱ご苦労さまにゃ〜!

ねこ氏

今後のNAS環境について

やはり写真データのような大容量データ通信はパソコン本体に直接ハードディスクを接続したほうが良さそうです。

これを機に,パソコンをデスクトップ型にしてそれにハードディスクを接続してみますかね?

今使っている”MacBook Air 13 Early 2015″は購入から6年が経過して

①ソフトアップデート時に容量不足を指摘される

②OSアップデートが出来ない(途中で失敗)

など不具合が色々出てきていたのでちょうどよかったのかもしれません。

M1チップ搭載のiMacが発表されて気になっていたので少し調べてみますね。

NASについて知りたい人は以下の記事から

NAS活用で外付けHDDやUSBメモリをチマチマ挿す作業とオサラバ!

ゆう

最後まで読んでくれてありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です