Twitterアカウントはここから

フォトコンテスト応募用でお店の写真プリントを利用した件

サムネ・フォトコン応募

プリント応募のフォトコンテストに応募するとき,写真をプリントする手段は主に次の2つです。

  1.  自分でプリント(自宅のプリンター)
  2.  お店でプリント(プリントサービス)

今の時代はお店でプリントサービスを活用すれば,豊富な写真サイズが選べて簡単に写真をプリントすることができます。

今回は備忘録として「カメラ屋でプリントサービスを利用する」ことについて書き留めました。

写真の電子データ準備

プリント注文時には写真の電子データを準備します。

まずは電子データの準備とファイルフォーマットを選びましょう。

JPEG,BMP,PNGなどがファイルフォーマットのことです。

あと忘れてはいけないのが,プリントサービスを利用するカメラ屋のサービス利用要項をよく確認することです。

例としてカメラのキタムラのプリントサービスについて以下のリンクを貼っておきます。

参考 プリントサービスカメラのキタムラ
この他にも「画像サイズ(縦**ピクセル×横**ピクセル)」や「アスペクト比(4:3や16:9など)」についても自分が用意した写真がプリント可能かどうか事前に調べておくと良いですね。

おすすめはUSBメモリ

USBメモリは持ち運びが便利ですし,記憶容量が大容量の製品も発売されているのでおすすめです。

ゆう

8GB以上容量があると安心かもね

プリント枚数が少ないなら,容量が小さいUSBメモリ(4GBとか)でも大丈夫です。

MEMO
大は小を兼ねるとも言います。USBメモリの容量は大きいに越したことはないです。お金に余裕があるなら大容量のUSBメモリを購入しましょう!64GBや128GBなど

その他の記憶媒体でもOK

他にも利用できる記憶媒体は様々です。

  •  SDカード
  •  CD-R
  •  DVD-R

など多くの記憶媒体に対応しているお店も多いようです。

スマホからも写真のプリントは可能なようですが,ファイル容量が大きい写真データはスマホに取り込むと自動でファイルサイズが圧縮されるので「フォトコンテスト応募用写真のプリントには不向き」ですね。

お店でプリントの前にフォトコンテストの応募要項も確認

写真の電子データの準備が出来たらお店に向かいましょう。

と言いたいところですが,その前にフォトコンテストの応募要項も確認しておきましょう。

今回は例として私が応募した「2020北斗市フォトコンテスト後期」の応募要項を以下に引用しています。

写真:北斗市観光ガイドHPより

フォトコンテストは開催者が絶対ですので応募要項は守るようにしましょう。

①写真のサイズ

お店では豊富な写真サイズを選択できますが,フォトコンテストに応募できる写真サイズは決まっている事が多いです。

私の経験では「6つ切り」や「4つ切り」が応募サイズとしては多かったと記憶しています。

6つ切りや4つ切りについては以下のめでたい.comさんで詳しく解説していますので,知りたい方はクリックしてください。

参考 写真の6つ切り,4つ切りめでたい.com

ゆう

6つ切や4つ切指定で,かつワイド可の表記があるならワイドを選択しましょう!

「6つ切」や「4つ切」で写真をプリントしてしまうと,写真が見切れて当初撮影した写真と構図のバランスなどが崩れてしまうことがあるからです。

そこでワイド6つ切・4つ切で写真をプリントすると当初撮影した写真の構図に近いまま現像ができます!

②撮影時期・場所

フォトコンテストに必ずと言っていいほど書かれている「撮影時期」

”未発表の○年△月□日〜×年○月△日までに撮影した写真”

つまり他のフォトコンテストで発表していない,かつある期間に撮影された写真であることが求められます。

また地元の魅力発信がテーマだったり,市や町開催のフォトコンテストでは○○市で撮影した写真や△△の魅力が分かる写真など場所を指定されている場合もあります。

これはフォトコンテストの応募要項を見ていないと分からない情報ですよね。

ゆう

このあたりを事前に押さえておいて,フォトコンテスト応募用の写真を撮るに出かけると写真撮影も気合入りますよね!

いよいよお店でプリント注文

こまで読んで頂いた皆さん。

お店に写真をプリントしに行く準備は出来たでしょうか?

お店に行く前にチェックすることリスト
①写真がフォトコンテスト応募要項を守っているか
②写真の電子データを記録媒体に保存したか

ゆう

最終確認が終わったら写真をプリントするためお店に向かいましょう。

カメラ屋で写真をプリント

今回はフォトコンテスト応募要項に書いてあった「フォトコンテスト応募協力店」で写真をプリントすることにしました。

※「北斗市フォトコンテスト応募要項」をもう一度見てください。

あともう一つ,店頭で店員さんに「補正はなしでお願いします」と忘れずに伝えましょう。

お店でのプリントだと自動で補正がかかる場合があるようです。

RAWデータで保存した写真を自前のPCで加工して補正をかけているなら,お店でのプリント時「自動でかかる補正」は不要でしょう。

ゆう

無駄に色濃くなったり,思わぬ補正がかかることがあります。

せっかくお金を払って写真をプリントしてもらったのにそんなことになったら嫌ですよね。

忘れずに伝えよう!
写真の補正は無しでお願いします。

さてここからは私が今回利用したお店の紹介です。

以前利用したお店もついでに紹介しておきます。

久根別フォート

道南いさりび鉄道「久根別駅」の目の前にある写真屋です。

今回のフォトコンテスト応募の為の写真プリントで利用させてもらいました。

プリントは外注とのことで即日プリントは厳しいですが,店員さんの丁寧な対応に安心感を感じました。

3〜4日ほどでプリントできるとのことだったので余裕をもってプリント注文するといいでしょう。

アリタ写真館

こちらは道南いさりび鉄道「上磯駅」目の前にある写真館です

参考 ■what's newsアリタ写真館

前回「北斗市フォトコンテスト」に応募した際,写真プリントをお願いしました。

ここは確か1日で写真のプリントが可能だったかと思います。

寡黙そうな店主ですが写真についてコメントもくれるので大変勉強になります。

最後に

フォトコンテスト用の写真をお店でプリントする時は

  •  事前にUSBメモリなどに写真の電子データを準備
  •  応募するフォトコンテストの応募要項を確認
  •  プリントするお店を下調べしてサービス利用要項など確認

ことです。

今の時代,スマホやPCの中に撮った写真を保存しておくだけで,写真をプリントする機会は減っていると思います。

が,せっかく一眼レフなどで撮影した写真をデータのままにしておくなんてもったいないです!

プリントした写真ってスマホの画面でみた写真と明るさや色合いが違って見えるので面白いものですよ。

写真の現像についても記事も書いてあるので良かったら一緒に読んで見てください!

Lightroomを使った花火写真の現像方法/Adobe現像ソフト

プチレビュー【小説編2】

今はミステリ,推理もの,警察・刑事ものをよく読んでいますが,以前は自己啓発本や著名人の伝記などをよく読んでいました。

スティーブ・ジョブズ1・2

スティーブ・ジョブズ1・2」は彼自身のことについて出生から息を引き取るまで書いてある本です。

Appleという会社がどうやってできたのか,スティーブ・ジョブズはどんな人間だったのかこの2冊を読めばわかりでしょう。

ユニークな考えを持ち,ライフスタイルも独得だったので共感できるかは読んだ人次第かもしれません。

ジョブズみたいに私も自分にしか出来ないこと・やりたいことを人生でチャレンジしてみたいですね。

関連記事として自分のキャリアについて考えた時の記事リンクを載せておきますね。

朝霜サムネイル社会人3年目にして人生のターニングポイントに立った話

ゆう

最後まで読んでくれてありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です