Twitterアカウントはここから

【RT-AC59U・ASUA】無線LANで簡易NASを構成!低予算でやりくり

サムネ・ASUS無線LANルーター

こんにちわ,ゆう(@yusukebe029)です。

以前「NAS活用で外付けHDDやUSBメモリをチマチマ挿す作業とはオサラバ!」でNASを構成するとデータの取り扱いが便利になる話をしました。

本来ならNASキットを購入して自宅ネットワークでNASを構成するのがベーシックな方法です。

前回記事の調査では約¥25,000ほど支出を覚悟しないといけないですが

今お家にあるもので,かつ低予算でNASが構成できる!

ことが分かったのでご紹介します。

注意
自宅にネットワーク環境が整っていることが前提です(NTT光回線とか)

この記事の狙い

①低予算でNASを導入する方法を知る

②自宅にあるものを有効利用することでNASを構成できることを知る

③今回,NAS構成で使った機器を紹介する

です。では,早速いってみましょう!

USBポート付の無線ルーター購入

高価なNASキットより安価にNAS環境を作るには「 USBポート付無線LANルーター 」を買うことです。

無線LANルーターには

①USBメモリ(64GB以上推奨)

②外付けHDD(1TB以上推奨)

などの記憶装置を接続して簡易NASを構築することができるのです!

それでは順を追って説明していきます。

必要機器の購入(無線LANルーター+外付けHDD)

簡易NAS構成のために必要な機器は以下2つです。

①USBポート付無線LANルーター

②USBポート付記憶装置(外付けHDDやUSBメモリなど)

①USBポート付無線LANルーターは今回新規購入です。

ゆう

USBポート付の無線LANルーターって意外と無いので探すのに苦労しました。

高価なものだと割とあるのですが,1万円以下で探すと中々無いものです。

【今回の購入品はこちら!】

参考記事のタイトルとURLを入力してください

次に1で購入した無線LANルーターに接続する記憶装置です。

今回私は外付けHDD(2TB)が余っていた為,流用しました。

【今回の使用した外付けHDDについて】

今回はASUS製無線LANルーター代の¥5,600だけでNASを構成することが出来ました!

機器の構成・レイアウト

簡単に以下のイラストで説明します。

まずはNTTのモデムと無線LANルーターをLANケーブルで接続します。

次に無線LANルーターと外付けHDDをUSBケーブルで接続します。

これで接続作業は終了です。

無線LANルーター(RT-AC59U)の設定

無線LANの設定はiPhoneからアプリ「ASUS Router」を使ってセットアップしました。

NTTモデムと無線LANルーターの電源を入れて少し時間を空けて,アプリASUS Routerを起動させます。

ゆう

あとはアプリの指示に従って無線LANルーターのセットアップが完了するのを待ちます。

これで無線LANルーターの設定は完了です。

ASUS Routerでは他にも

①Download速度やUpload速度の確認

②ネットワーク内無線LANに接続されている子機の数や詳細

など確認できます。

ほんとに便利なのでASUS無線LANルーターおすすめです。

注意
設定が上手くいかない場合は焦らずに「アプリ再起動」や「接続済のWi-Fiをオフにする」など自分が出来ることをやりましょう。接続が上手くいかない場合はこれで大抵は解決します。

また,設定の中で

①ルーター設定のログインIDとパスワード

②2.4GHzネットワークSSIDとパスワード

③5.0GHzネットワークSSIDとパスワード

も設定しておきます。

簡易NASの設定

簡易NASの設定も無線LANルーターの設定と同じく,アプリASUS Routerを使って行います。

「設定」→「USB」→「Samba」にて,「Sambaを有効化」「ゲストログインを許可」の2つをオンにしておきます。

これで簡易NASの設定は完了です。

あとはパソコンやスマホ側でサーバ接続を選択して「smb://***.***.**.*」と入力してサーバに接続します。***にはLAN IPが入ります。ASUS RouterアプリにLAN IPが表示されているのでそれを入力すればOKです。

ゲストで接続する場合はIDとパスワードは不要ですが,ユーザとして接続する場合は無線LANルーターの設定で設定したの「ルータ設定のログインID」と「パスワード」を入力すればOKです。

あとは自由にフォルダを作成したり,文書ファイルのアップロードや写真や動画のダウンロードして活用してください。

MEMO
ネットワークを介して無線・有線で接続されている機器はサーバ接続さえ済ませれば,後はNASにアクセスできるのですごい便利だと思います。

今回の投資費用

今回は

ASUS製無線LANルーター(RT-AC59U):5,600円(コジマ店頭購入価格,ポイント割引有)

の支出だけで済みました。

もし外付けHDDを購入したとしても

バッファロー製外付けHDD(HD-LC2.0U3-BKF):12,938円(バッファローサイト調べ)

となり,合計で18,538円の支出です。

外付けHDDは今は1万円を切る価格の製品もありますので,NASキットとHDDを買うより安く機器を揃えることが出来るはずです。

最後に

宝くじでも当たらない限り,爆発的に収入が増えることはまずないでしょう。

とすれば懐から出ていくお金,つまり支出を低く抑えることが出来れば,自分の手元に多くお金を残すことが出来ます。

今回,私生活の中でネット環境を整え(NASを導入した),支出を安く抑えることが出来ました。

他にも通信費を見直した記事を書いています。良かったら一緒に読んでみてください。

サムネ・通信費削減通信費の見直しで支出軽減/楽天モバイル

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です