県展に作品を出品します。
第64回秋田県美術展覧会(2022.6.24〜6.29)

WordPress有料テーマはアリ?ナシ?の話と有料テーマ「TheThor」の使い勝手を簡単レビュー

こんにちわ,Isamu(@yusukebe029)だよ。

WordPressでブログをはじめて約1年が経過。

WordPressでは外観をテーマでカスタマイズできるが,無料のものから有料のものまでたくさんのテーマが存在している。

今回はWordPressの有料テーマはアリなのか?また私が使っている有料テーマ「The Thor」について紹介する。

この記事の概要

有料テーマのメリットとデメリットについて説明する。おすすめ有料テーマ5選をピックアップ。私が使う優良テーマ「The Thor」について簡単に使い心地を説明する。

有料テーマの導入

人気有料テーマは購入価格は¥10,000前後。

買うにはそれなりに勇気がいると思う。

有料テーマを使うメリットやデメリットを抑えていきたいと思う。

有料テーマを使うメリット

ブログ外観カスタマイズ時間の短縮

1つ目は、ブログ外観をカスタマイズできる時間を短縮できることだ。

無料テーマだと自分が実装したい機能がない場合もある。

PHPファイルを開いてソースコードをコピペして〜とかやれないことはないが、プログラミングについての知識や理解が必要だ。

加えて、ソースコードをいじる際は、不具合が起きたときにそれを見直して、現状復旧できるような対応力も求められる。

有料テーマなら豊富な機能がデフォルトで用意されていて、気軽に機能実装が可能だ。

記事執筆時間の確保

2つ目は、記事を書く時間を確保できることだ。

1つ目の内容の続きだが、ブログ外観にかける時間を最小限に抑えることができれば、ブログのメインである記事コンテンツ作成に時間をさける。

より中身のあるコンテンツを提供できるように集中して記事を書く環境が整う。

トラブル対応が楽ちん

3つ目は、有名テーマだと利用者が多いのでトラブル対応が簡単に調べられることだ。

トラブルが起きたときは、その原因を調査して対策を講じるのが一般的だ。

有名な有料テーマだと、サポートもしっかりしているので、よくある質問や問い合わせフォームがしっかり整備され、さらに多くの他ブロガーさんがトラブル対応についての記事を書いていたりするので心強い。

有料テーマを使うデメリット

有料テーマを使うデメリットはそんなにないが、強いて挙げれば以下の通りだ。

1. 初期投資にお金が発生

2. プラグインとの相性

3. 同じテーマを使う人との差別化

初期投資のお金

後述するが有料テーマはお金がかかる。その名の通りだ。

これはブログをやったことがない人にとって一番理解を得にくい障壁であると考えている。

外観にこだわりがなかったり、自分のブログが他人にどう見えているか、また検索されているかイメージできなければ有料テーマの有用性には気づけないだろう。

この点については、後々ブログを初めてアクセス解析など導入すれば見えてくるだろう。

ブログ解析については以下に記事として纏めている。

Search Console Insightsでサイトパフォーマンスを簡単チェック!Search Console Insightsでサイトパフォーマンスを簡単チェック!Google Search Consoleを活用したブログ解析術Google Search Consoleを活用したブログ解析術

私はブログの外観をとにかく気にするので有料テーマを最初に導入して、ブログの見栄えを良くした。

ブログの見栄えなどまだいいやって人は最初から有料テーマを導入する必要もないだろう。

しかし、「SEO対策」など[ ブログ アクセス ]などで検索すると色々でてくるが、ブログへのアクセス数を増やすにはSEO対策が欠かせない。

有料テーマの中にはSEO対策が予め施されているものが多いので、追加でプラグインの導入は不要だ。

プラグインとの相性

2つ目は、プラグインとの相性は注意しなければならない点だ。

この理解が薄いと、アンハッピーなブログライフになってしまう。

先述の通り、有料テーマはSEO対策が施されたものが多い。

それにも関わらず、SEO対策のプラグインを導入して、無駄なことをしてしまう場合もある。

相性の悪いプラグインと導入すると、ブログ内で何らかの不具合が生じるのはよく聞く話だ。

さらに、プラグイン使用数が増えてくると動作は遅くなる。

なので使用するプラグインは最小数に留めておくと良い。

ここは有料テーマの特徴について公式販売サイトなどをよく見て、理解しておく必要があるだろう。

また、自分の有料テーマと相性の悪いプラグインの存在もネットでは報告されているので参考にすると良い。

同テーマ使用者との差別化

最後の1つは、同じテーマを使う人との差別化だ。

同じテーマでカスタマイズしていくと、外観が同じくなるのは仕方なしだが、コンテンツまで似通ってくると差別化が図れなくなる。

自分のブログではどういった内容を提供できるのか、何を核にして情報発信しているか、そのあたりをよく検討してブログ(有料テーマを使った)を運営してみるといいだろう。

風景系サムネブログは自分を映す”鏡” 訪問者に何を伝えるかは自分で決めよう!

有料テーマ おすすめ5選

テーマ名 価格
STORK(ストーク) ¥10,800
JIN(ジン) ¥14,800
TheThor(ザ・トール) ¥14,800
SANGO(サンゴ) ¥11,000
SWALLOW(スワロー) ¥9,900

上表の価格は記事執筆時点での価格である、今現在はリンクから詳細を確かめて欲しい。

有料テーマの中でも、SEO対策に優れたテーマをピックアップした。

先程からSEO、SEO言っているが、SEOって何よ?って思っている人のために簡単に説明だ。

Search Engine Optimization の略で優良な被リンクを集め、サイト訪問者に価値ある情報を提供する。また検索エンジンにWebページの内容を理解されるように技術的に最適化をし、検索エンジンでキーワード検索時、自サイトが上位検索結果に表示されるようにすることを指す。

つまり、SEO対策やっておけば、Googleとかでキーワード検索した際に、そのキーワードを含む自分のブログ記事などが先頭に表示されるようになるのだ。

有料テーマ「The Thor(ザ トール)」

ここで私がブログを始めたときに導入した有料テーマ「The Thor」について紹介しよう。

冒頭でも書いたが,私はWordPressでブログを開始すると同時に有料テーマ「TheThor」を購入した。

お金をかけたかいがあって、自分がイメージするようなブログが簡単に作ることができた。

ブログ外観をおしゃれにカスタマイズできる素材が豊富に用意されているからこそ,この購入値段なんだなと1年間使ってみて実感した。

記事をおしゃれに見せる豊富な機能

単調に文章だけ書いていても構わないのだが、ボックス内に文字を書いたり、見出しで強調したりすれば見ている人は飽きずに記事を読んでくれる。

ボックス挿入や見出し強調もThe Thorなら簡単にできる。

サイトカードの簡単挿入

本文中に挿入できる形で用意されたソースコードに、URLやサイト名など入力するだけで、記事公開するとそのサイトへのリンクが簡単に挿入できる。

私はよく機材レビューや観光記事などで他サイトを参考にすることが多いが、この機能は重宝している。

広告の貼り付け

一定数のアクセスが見込んでくれば、Google AdSenseなどで収益化に手を出す人もいるだろう。

広告を自ブログに表示されないといけないのだが、The Thorではコード貼り付けだけで簡単に挿入可能だ。

The Thorの豊富な機能を活用すれば、ブログ記事の作成時間を短縮でき,かつ読者に目に引くコンテンツを提供できそうだ!

しかし、The Thorを一年使った私でも豊富な機能は完全に把握できていない。

それだけThe Thorには様々な機能が用意されているのだ。

足りない機能などがあれば、The Thorでは追加CSSにコードを貼り付けて機能実装も追加で可能だ。

カスタマイズについては、ウェブで[ TheThor カスタマイズ CSS ]などと検索すれば、自分のカスタマイズを公開している人もたくさんいるので参考にもできる。

Isamu

こんな風にカスタマイズできるんだ!私もやってみよう!!

気軽な気持ちで実装も可能だ。

最後に

有料テーマのメリットとデメリットを紹介した。

導入するかどうかは皆さんの自由だが、私はとにかく楽をしたいなら有料テーマの導入をすすめる。

つまりお金で手間を買うってことだ。

プラグインとの相性や、テーマの豊富機能を理解するなど最初はどうしても時間がかかってしまうが、軌道に乗ってしまえばあとはハッピーブログライフだ!

今回紹介した有料テーマの他にもテーマはたくさん存在する。

他ブロガーさんのブログも参考に「これいいな!」と自分の好みのテーマを見つけるのもテーマ選びでは手っ取り早い方法かと思う。

ブログを初めて2年が経った頃、有料テーマ切り替えを行い、新テーマ「SANGO」で今はブログ記事を書いています。

WordPressテーマ「SANGO」の良さと使いやすさを語る

Isamu

最後まで読んでくれて感謝申し上げる!!

7DMarkII Canon EF100-400mm FE70-200mm GRIII K-S2 PENTAX RICOH SANGO Sigma150-600mm Sony TAMRON Tamron100-400mm WordPress α7II α7RIII アニマル カワセミ コンデジ ダム ブログ レビュー 一眼レフ 三脚 冬鳥 函館 動画 北斗市 北海道 夜景 広角レンズ 探鳥 望遠レンズ 格安SIM 楽天モバイル 機材 渓流 秋田 紅葉 見晴公園 観光 野鳥 風景 香雪園

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。