初心者に見て欲しい!NASの意義と商品選定一例

こんにちわ,Isamu(@yusukebe029)です。

パソコンのデータを外部ストレージ(HDDやUSBメモリ)にバックアップをとっている人もいますよね。

でもパソコンにいちいちデバイスを抜き差しする作業って面倒じゃないですか?

今回は、そんな面倒な作業を無くすことができるNASの構築について紹介したいと思います。

なぜNASなのか

私が普段の写真撮影で扱う写真一枚あたりのデータ容量は10MBかそれ以上になります。

普段は2TBの外付HDDに写真データを保存していました。

大容量データとの上手な付合い方
パソコン内蔵のHDDやSDDの容量が不足がちなら,外部ストレージにデータを逃すのも一つの手段です。

当時、私は「MacBook Air 13inch」を使っており,一緒に外付HDDも持ち歩き、常に外付HDDを手放せない状況になっていました。

そこでネットワークストレージと呼ばれるNAS(ナス)に注目しました。

NASが向いている人
・ノートPCやデスクトップPCを使っていて,大事なデータをバックアップしたい人

・大容量データを扱う人

・普段から外付けHDDなどにデータを保存している人

・複数のPC間でデータを共有している人

作業の効率を上げるためにもNASの導入は要検討といったところです。

NASの概要

NASは「Network Attached Storage」の略で,LANケーブル接続HDDとも呼ばれています。

NAS構築の手段として,無線LANルータなどにUSBケーブルを使って接続することで、NASを構築します。

そして、無線通信を介したケーブルレスで、データ保存が可能になります

NAS構成でデータの取扱いが便利になる!

・いちいちUSBメモリや外付けHDDに接続してデータ移しをする必要がない

・自宅のネットワークに接続しているだけでNASにアクセスしてデータ保存が可能

すごいにゃ!これで面倒な手間を省けたにゃ!!

ねこ氏

NASについてもっと詳しく知りたい人は以下のリンクを見てみて下さい。

IODATAは外付HDDを販売しているメジャーなメーカです。

NAS構成にはネットワーク環境が不可欠

NASの構築にはネットワーク環境が必要です。

私は楽天ひかり(光コラボ)を契約して、お家にネット環境を整備しています。

詳しくは他記事「光コラボレーション契約で楽天ひかりはじめました!」を参考にしてください。

当時は楽天ひかりでしたが、諸事情によってUQモバイルに乗り換えました。

ネットの通信環境については色々議論されているが、速度は速いに越したことはないです。

いろいろ悩みましたが、9ヶ月使った楽天ひかりからUQモバイルに乗換えました。

楽天ひかりを9ヶ月使った私が語る楽天ひかりのメリットとデメリット楽天ひかりを9ヶ月使った私が語る楽天ひかりのメリットとデメリット楽天ひかりからUQモバイル(WiMAX+5G)への乗換とメリット・デメリット解説!楽天ひかりからUQモバイル(WiMAX+5G)への乗換とメリット・デメリット解説!

あとはNASの構築に外付HDDが必要になりますが,具体的に選定していきたいと思います。

NASキット(HDDあり)でNAS構築検討

実際に3TBの記憶容量を持つNASを構築するとなると,どれぐらい予算が必要かシミュレーションしてみました。

現在の状況(利用記憶容量)確認

検討、シミュレーションするには、現在の状況を把握することが大事です。

私は現在,2TBの外付けHDDを使用していますが,半分も使っていない状況です。

よって準備する記憶容量は2TBで十分と言いたいが,今回はマージンをとって3TBと仮定しました。

NASの選定

NASの選定について、NASメーカで世界トップシェアを誇るSynologyから販売されてキットが評判とのことだったので、NASキットをビックアップです。

セットアップは日本語に対応しているので、キット購入後もスムーズにNASを構築できます。

DS120jは1ベイになります。

ベイってのはNASキットに取り付け可能なHDDの数です。

つまりHDD1個取り付けられることになります。

写真や動画で大容量データを扱うことが分っているなら

・2ベイのNASキットを購入

5TBかそれ以上の大容量HDDを購入

したほうが将来的に経済的であると言えます。

2ベイのNASキットは¥8,000ほど多くお金をかければ入手可能です。

次はHDDの検討します。

必要な記憶容量が現状把握から判ったので、あとはその容量のHDDを買うだけです。

HDDはウエスタンデジタル(WD)からNAS用に設計されたHDDが発売されています。

>>>WD Red NAS Hard Drive

NAS用に設計とは、24時間稼働することを前提に製品(HDD)が作られています。

2つ合わせると¥24,000程で購入可能です。

ルータなどに接続するケーブルはNASキットに付属されているので,別途購入する必要はないです。

※必ず同梱品をチェックしましょう。購入品によってはケーブルが入っていないものもあります。

最後に

初期投資として¥25,000ほどの出費になるが,無駄な作業(USBメモリなどの抜き差し)とおさらばし,作業を効率化ができます。

思いつきだが,調べてみたらNASはやはり便利そうですね。

他にも、ネット環境に関する記事を書いていますので、興味あればご覧になって下さい。

auから楽天モバイルへの移行方法を解説!通信費を見直して格安SIMへの乗換を検討した件サムネ・楽天ひかり光コラボレーション契約で楽天ひかり始めましたサムネ・ASUS無線LANルーターASUS無線LAN(RT-AC59U)を使って簡単にNAS構成・低予算構築術NASを使用した感想・サムネ簡易NAS(ASUS無線LAN+外付HDD)の使い心地と結局外付けHDDに一本化した件楽天ひかりからUQモバイル(WiMAX+5G)への乗換とメリット・デメリット解説!楽天ひかりからUQモバイル(WiMAX+5G)への乗換とメリット・デメリット解説!格安SIM「b-mobile」を推す3つの理由と申込み方法格安SIM「b-mobile」を推す3つの理由と申込み方法

Isamu

最後まで読んでくれてありがとうございました!

7DMarkII Blog Canon EF100-400mm EF300mm EFマウント EOS RP FE70-200mm FE200-600mm GRIII K-S2 Luminar4 PENTAX RICOH SANGO Sigma150-600mm Sony TAMRON Tamron100-400mm WordPress α7II α7RIII アニマル コンデジ ダム ブログ レビュー 一眼レフ 三脚 函館 動画 北斗市 北海道 探鳥 望遠レンズ 格安SIM 楽天モバイル 機材 渓流 秋田 紅葉 観光 野鳥 風景