Twitterアカウントはここから

NAS活用で外付けHDDやUSBメモリをチマチマ挿す作業とオサラバ!

こんにちわ,ゆう(@yusukebe029)です。

外付けHDDやUSBメモリに大切なデータを保存している人も多いことでしょう。

ですが,いちいちパソコンにそれらを挿す&抜く作業って面倒じゃないですか?

今回はそんな面倒な作業とはオサラバ!できるNASについて調べたので記事にしてみました。

この記事の狙い

①NASが向いている人を知る

②NASについて知る

③低予算で構成できるNASを設計したのでお披露目する

です。では,早速いってみましょう!

なぜNASに注目したのか

私の趣味の写真撮影では,取り扱う写真のデータ容量も大容量となります。

なので私は,2TBの外付けHDDに写真データを保存して外部ストレージを活用しています。

データの上手な扱い方
パソコン内蔵のHDDやSDDの容量が足りないなら,外部ストレージに逃しましょう!

パソコンは「MacBook Air 13inch」を使っているので,ずーっと外付けHDDを挿しっぱなしというわけにはいかないです。

そこでネットワークストレージとも呼ばれる「NAS(ナス)」に注目したのです。

NASが向いている人
①ノートパソコンを使っていて,外付けHDDなどにデータを保存している人

②複数パソコンがあって,データ保存は外付けHDDにまとめてしている人

NASとは

NASは「Network Attached Storage」の略で,LANケーブル接続HDDとも呼ばれています。

つまり,無線LANルータなどにLANケーブルを使ってNASを接続することでネットワークを介して記憶装置へアクセス出来るのです。

NASを構成したらデータの扱いが便利になります!

①いちいちUSBメモリや外付けHDDに接続してデータ移しをしなくて良い!

②自宅のネットワークに接続しているだけでNASにアクセスしてデータ移しができる

すごいにゃ!これで面倒な手間を省けたにゃ!!

ねこ氏

以下にNASを詳しく知るための参考リンクを張っておきます。

IODATAさんは外付けHDDを販売しているメジャーなメーカさんです。

NAS構成には自宅ネットワーク環境がないと不可

NASの構築にはネットワークが必要です。

詳しくは「プロバイダ更新年なので楽天ひかり(光コラボレーション)に乗換え」に詳しく書いていますが,私は自宅では楽天ひかりのサービスを利用してネットを使っています。

あとNASの構築にはHDDが必要ですが,それは次で説明したいと思います。

NASキット(HDDあり)で低予算でNASの構築検討

 

実際に3TBクラスのNASを設計して,どれぐらい予算が必要かシミュレーションしました。

現在の自分の利用容量を確認

現在は,外付けHDD(2TB)を使用していますが,半分も使っていない状況です。

約0.5TB使用中です。

よって用意するHDDの容量は2TBで十分と言いたいところですが,今回はマージンをみてHDD容量は3TBとしました。

NASの選定

次にNASを選びます。

何でもNASメーカで世界トップシェアを誇る”Synology”から出ているNASキットが評判が良いとのことです。

セットアップ時は日本語に対応しているので購入後もスマートにNASを導入できそうです。

このNASキットは1ベイになります。

ベイってのはNASキットに取り付け可能なHDDの数だと思ってください。つまり1つです。

写真や動画でデータをいっぱい使うことが分っているなら,5TBやそれ以上の大容量HDDを購入することをおすすめします。

また¥8,000ほど上がりますが2ベイのNASキットもあります。

次にHDDです。

HDDはウエスタンデジタル(WD)からNAS用に設計されたHDDが発売されていますので,それにします。

>>>WD Red NAS Hard Drive

”NAS用に設計→24時間稼働することを前提として”というイメージですかね。

2つ合わせて¥24,000程で購入することが出来ます。

ルータなどに接続するLANケーブルはNASキットに付属されているようなので,別途LANケーブルを購入する必要はありません。

最後に

初期投資として¥25,000ほど覚悟しないといけないですが,無駄なルーティン(USBメモリなどの抜き差し)を省略し,作業効率化ができるなら費用対効果は十分だと思います。

思いつきでしたが,調べてみたらNASって結構便利そうですよね。

以下の記事でここで紹介したNASより安くNSAを構築できたので合わせて読んでみてください。

サムネ・ASUS無線LANルーター【RT-AC59U・ASUA】無線LANで簡易NASを構成!低予算でやりくり

最後まで読んでくださいまして,ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です