Twitterアカウントはここから

【SIM移行手順記載】楽天モバイルに移行検討 

サムネ・格安SIM移行手続き

こんにちわ,ゆう(@yusukebe029)です。

前回記事「通信費を見直しで支出削減/格安SIM」では,携帯料金の見直しと格安SIMについて勉強しました。

今回は,大手キャリアから格安SIMに乗り換える場合の手順と楽天モバイル UN-LIMIT 2.0について紹介します。

楽天モバイルUN-LIMIT2.0

2020年4月8日,楽天モバイルが携帯電話事業者として通信サービスの提供を始めました。

楽天モバイル UN-LIMIT 2.0月額¥2,980楽天回線エリア内でデータ使い放題のプランです。

楽天モバイル UN-LIMIT 2.0の特徴

①楽天回線エリアではデータ通信し放題

②パートナーエリア回線ではデータ通信5GB/月

③国内通話かけ放題(Rakuten Linkアプリ使用時)

④海外でも2GB/月で無料で使用可能

楽天回線エリアではデータ使い放題で,パートナーエリア回線では5GB/月使えるのは魅力的です。

通話について

Rakuten Linkアプリ」を使用すれば,国内通話かけ放題です。

通話・メッセージ・SMSがアプリ1つで済むのでシンプルに使えますね。

お得なキャンペーン

2020年5月現在でプラン料金1年間無料という破格のサービスを行っているので超絶お得です。

月額2,980円なので加入した段階から「 ¥2,980×12ヶ月=¥35,760 お得なのです。

楽天の高いポイント還元率

①オンライン成約で3,000pt

②申請時の事務手数料(¥3,300)相当のポイント還元

③対象製品とセット購入で最大15,000ptゲット

お得なキャンペーンやポイント還元が受けられる楽天モバイルは楽天ユーザーに相性ぴったりです。

楽天モバイル UN-LIMIT 2.0に興味がある人は以下のリンクをクリックです

さて,いよいよ大手キャリアから格安SIMへの移行手順を説明します。

スマホの現状把握

契約の更新期間を確認

自分のスマートフォンが契約の更新期間であるか確認しましょう。

契約の更新期間外なら解約料が発生するので注意しましょう

私のiPhone8は現時点で契約から25ヶ月目で丁度更新期間でした。

なので解約料無しでauの契約を解約することができました。

解約料金はNMP予約番号取得時(後述)に電話で聞くことができます。

月当たりのデータ通信量を調べる

ひと月当たりのデータ通信量も確認しておきましょう。

格安SIMの選定で料金プランを決める際の参考になります。

auではスマホアプリ「My au」から月当たりのデータ通信量を確認できます。

参考までに直近の私のデータ通信量を掲載します。

年末年始などの長期休暇があると,データ通信量も変わる人もいるので,複数月のデータ通信量を確認するといいですね。

ゆうの4ヶ月分のデータ通信量

12月:7.7GB(注)

1月:2.8GB

2月:2.8GB

3月:2.3GB

(注)出張のためデータ通信量増

直近のデータ通信量から3GBあればデータ通信量が足りることが判りました。

私がこれから契約する楽天モバイル UN-LIMIT 2.0は,

①楽天回線エリア:高速で使い放題

②パートナーエリア回線:データ通信5GB/月

5GB/月超過後も最大1Mbp/sで利用可能です。

私が月に使用するデータ通信量を十分カバーできます。

自分の月あたりのデータ通信量を確認して格安SIMと利用プラン」を決めたいですね。

格安SIM移行手順

MNP予約番号の取得

現在使用している電話番号をそのまま移行できるMNP(Mobile Number Portability)は格安SIMでも利用可能です。

MNP予約番号は各電話会社に直接電話して取得しましょう。

参考までに au をご利用の方のMNP予約番号取得方法を以下に記します。

auユーザ用NMP番号取得方法

一般電話/携帯電話共通:0077-75470 に電話する

(受付時間9:00-20:00)

音声ガイダンスに従い進み,オペレータに繋いでもらい,対応してもらいます。

この時「オペレータの人にMNP予約番号を取得したい」と伝えましょう

MNP番号の取得には手数料として¥3,000かかります。

また,この時に解約金について説明があります。

私は更新期間で解約金は発生しませんでしたが,機種代が残っていたため解約時に¥50,000ほどお支払いしました。

この解約料で払ったお金も,ある1年半あれば回収できると計算していたので,痛くもありません。

MNP予約番号を取得しましたら,以下の手続きも必要ならやっておきましょう。

SIMロック解除

SIMロック解除前に格安SIMを使うスマホを決めましょう。

格安SIM用のスマホ用意

①新規でSIMフリースマホを購入

②これまで使っていたスマホを流用

私はauで購入したiPhone8をそのまま使用して(au回線),楽天モバイルのSIM(ドコモ回線)を利用する予定です。

それにはSIMロック解除が必要になります。

もし,あなたが現在auのスマホを使っていて,移行する格安SIMがau回線を使っているものであればSIMロック解除は必要無いです(UQ mobileなど)。

SIMロック解除は店頭でも出来ますが,スマホからネットで手続きすれば手数料はかかりません。

SIMロック解除はauの人だとここからできます「クリック

キャリアメールとSMSが利用出来なくなる

格安SIMに移行するとキャリアメールが使用できなくなります。

@ezweb.ne.jpや@docomo.ne.jpなどです。

現在キャリアメール宛で設定している各種サイトのメアド変更手続きを済ませておきましょう。

今はGmailやOutlookなどキャリアメール以外のアドレスを使っている人が多いと思いますので,これはそんなに障害ではないと思います。

楽天モバイル申込

MNP予約番号を取得したら,楽天モバイルの契約手続きに進みましょう。

MNP予約番号には有効期限があるので余裕をもって手続きしましょう

楽天モバイルの申し込みはこちら
>>>Rakuten UN-LIMIT 2.0(申し込みはこちらから出来ます)

上のリンクから申し込みページに移動したら,ナビに従ってMNP予約番号など必要な項目を入力します。

最後まで入力が終わると,本住所宛にスタートガイドSIMカードが送付されます。

SIMカード到着後,回線開通の設定をすることでネットと通話が利用可能になります。

超重要
今回,私はiPhone8を使って,楽天モバイルUN-LIMIT2.0を利用します。

楽天モバイルUN-LIMIT2.0でiPhone8は動作保証されていません。

2020年5月記事執筆時点

もし,本記事を参考にしてこの組み合わせで格安SIMを利用される方は”自己責任”でお願いします。

続きは以下の記事で詳しく解説しています。

サムネ・楽天モバイル回線手続き【SIMカードセットから】iPhone8で楽天モバイル UN-LIMIT 2.0を利用する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です