Twitterアカウントはここから

庭先の雫が滴る桜を撮影【密回避・外出自粛】道南エリア函館周辺

サムネ・庭先の桜

こんにちは,ゆう(@yusukebe029)です。

この時代なので庭先に咲いた桜を撮影して今年の春は我慢しました。

この記事の狙い

①雫滴る桜の写真をお披露目する

②新函館北斗の桜撮影スポットを紹介する

です。では,早速いってみましょう!

函館の桜

2020年は4月26日が函館の桜の開花日でした。

北海道の南エリア「道南」では北海道の中でも桜の開花が早いです。

最も早く桜が咲くのは「松前」であり,北海道唯一のお城「松前城」と一緒に撮影する桜はいい写真が撮れそうです。

道南の桜の開花は「函館の桜開花について」で詳しく書いていますので,桜の開花時期を知りたい人は読んでみてください。

SONYα7ⅡにFE70-200mm望遠レンズを装着して撮影してみました。

雨が降っていたので桜に雫がついてきれいでした。

手前の桜にピントをあわせて,奥の桜はぼかします。

奥行きのある表現で雰囲気を出してみました。

この日は風が強かったので,桜の枝が大きく揺れていました。

そこでシャッタースピードを上げてブレないように撮影しました。

例えば,焦点距離が200mmであればシャッタースピードは「 1/焦点距離=1/200秒」が最適なシャッタースピードの目安になります。

雨の雫をアクセントにして透明感を演出。

4月26日に開花してもまだ満開ではないので,蕾の状態の桜も多いです。

魚眼レンズを装着し,桜の木の根本から見上げて撮影しました。

魚眼レンズの特徴である広角な画角が効いて,眼前いっぱいに広がる桜を表現できました。

魚眼レンズについて以下の記事で紹介しています。

風景屋にとって魅力な1本!魚眼レンズを使って超広角夜景を撮影してみた【PENTAX一眼】魚眼レンズからの景色LA-EA3アダプタでAマウント→Eマウント変換!SIMGA魚眼レンズをα7IIで使ってみた件【北海道北斗市】

道南の桜についての情報

道南の函館や北斗ではたくさん桜が有名な場所が多いです。

サムネ・五稜郭タワーと桜五稜郭でお堀から満開の桜を撮影してきた件/五稜郭タワー松前藩戸切地陣屋跡からの桜【800mの桜街道】松前藩戸切地陣屋跡の桜並木と城跡から見渡す風景サムネ・法亀事しだれ桜【新函館北斗でお花見】北斗桜回廊の桜並木と法亀寺の枝垂れ桜

最後に

庭にぱっと出てカメラを構えて写真を撮るだけでも,ストレス解消になります。

引きこもりすぎて精神的にまいらないよう適度に気分転換しましょう。

人気のない場所で桜を楽しんでもいいんじゃないでしょうか。

ゆう

最後まで読んでくれてありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です