カテゴリー"SANGOブログ"の記事をリライトしました

北斗市(旧上磯)海岸からの朝焼け・セメント桟橋と函館湾と函館山

サムネ・セメント桟橋朝焼け

こんにちわ,Isamu(@yusukebe029)です。

秋が終わって冬が近づいてくると、空気が冷えこみ空気が澄んできます。

冬の澄んだ空気の中で、上磯海岸に上る朝日を撮影してきました。

旧上磯町(現北斗市)概要

旧上磯町と旧大野町が合併した北斗市は一次産業と商工業が特徴で、広大な土地がある市となっています。

海岸までのアクセス

北海道新幹線の終着駅「新函館北斗駅」から車で30分くらい走ると函館湾に到着します。

2019年撮影

函館市から向かうと、国道227・228号線ルートで、七重浜と久根別経由で到着します。

この海岸からは上磯漁港やセメント工場の桟橋が見えます。

天気のいい日には、よく海を眺めにちょっと訪問したりしました。

上磯セメント工場と日本一長い桟橋

遠浅の海岸に停泊する船まで伸びる桟橋は「太平洋セメント」という会社が所有者らしいです。

海をたまに眺めていると,船が桟橋についたり,沖で待機してい姿をたまに見かけます。

太平洋セメントは北斗市でも大規模な会社で地元に根付いた歴史の深い会社だそうです。

この桟橋は全長約2kmセメント出荷専用なようで、人が立ち入りは出来ないそうです。

一方で、人が歩くことができる桟橋としては千葉県の館山夕日桟橋全長約500m)があります。

 

セメント桟橋と朝焼け

日の出の時間を調べ、それより早く海岸に行って撮影スタンバイです。

日の出では、遠くの空の色が明るみ始めるので、その瞬間を狙って撮影します。

上磯海岸から桟橋と函館山

秋から冬にかけて鮭釣り目的でよくアングラーが函館や北斗市の海岸に出現します。

彼らは海に入って、釣り竿を下げて釣りに集中していました。

寒くないのかにゃ?

ねこ氏

今度は太陽も入れてセメント桟橋を撮影です。

朝焼けとセメント桟橋

設定や構図をかえて、色々試し撮りです。

かもめ?がたくさん飛んでいました。

セメント桟橋と朝日2

陽の光が強いため、今回はNDフィルターを使って光量を減らしてみました。

NDフィルターは露光オーバーを防ぎ、日差しが強い中でも撮影できるお助けフィルターです。

桟橋を挟んで反対側から撮影してみました。

このアングルだと桟橋の長さが強調されて「広っ!」って感じですね。

魚眼レンズを使って、広大な風景を一枚に収めてみました。

朝霜と朝日
朝霜と朝焼け

魚眼レンズの180°を超える画角があれば、風景撮影の幅も広がります。

桟橋の所有者であるセメント会社については函館市公式観光情報サイトでも紹介されていました。

スピンオフとして、夜間の撮影で撮った写真も掲載しておきます。

上磯海岸からは夜景も綺麗に撮影できます。

最後に

セメント桟橋から撮影した朝焼けはとてもきれいでした。

朝焼けだけでなく,夜景もここから撮影でき、おすすめのスポットです。

北海道についての記事を他にもたくさん書いています。

北斗市なつまつりの花火北斗市夏まつりの花火が初の花火撮影でした!サムネ・八郎沼公園の仙水北斗市向野の八郎沼公園で森林浴と紅葉ライトアップを楽しんできた!サムネ・恵山撮影スポット見ておいて損はない!函館市恵山町の観光・撮影スポット冬の夜空を彩る函館海上冬花火(豊川ふ頭&八幡坂&教会通り)北斗市茂辺地の北斗星広場・引退寝台列車の夜間撮影!北斗市と七飯町で風景を一望できるスポット6選サムネ・もどきの丘夕日函館市桔梗町・もどきの丘で夕日撮影(函館風景撮影スポット)函館駅前で夕景・夜景・スナップ撮影を楽しんだ話 ーグルメ観光レビュー付ー

Isamu

最後まで読んでくれて感謝申し上げる!

7DMarkII Blog Canon EF100-400mm EF300mm EOS RP FE70-200mm FE200-600mm GRIII K-S2 PENTAX RICOH SANGO Sigma150-600mm Sony TAMRON Tamron100-400mm WordPress α7II α7RIII アニマル カワセミ コンデジ ダム ブログ レビュー 一眼レフ 三脚 函館 動画 北斗市 北海道 探鳥 望遠レンズ 格安SIM 楽天モバイル 機材 渓流 秋田 紅葉 観光 野鳥 野鳥撮影 風景