県展に作品を出品します。
第64回秋田県美術展覧会(2022.6.24〜6.29)

夜の撮影は昼のロケハンが重要!北斗星広場に眠る寝台列車を撮影した

サムネ・茂辺地北斗星広場

こんにちわ,Isamu(@yusukebe029)だよ。

夜の撮影を成功させるには、昼間の下見(いわゆるロケハン)が重要だ。

この記事では、ロケハンの重要性とロケハン後の撮影本番で撮影した写真について紹介したいと思う

この記事の概要

俺流のロケハンのやり方を紹介する。ロケハンのメリット、撮影本番での撮影について解説する。昼と夜で撮影した写真を掲載する。

俺流ロケハン術

目的の明確化

先ず、ロケハンをする最大の目的は撮影本番で良い写真を撮れるように準備することだ。

何を撮りたいか自分の中ではっきりさせておこう。

ロケハン前の準備

撮影の下準備をロケハンというが、私はロケハン前にも前準備をする。

Google MapやGoogle Earthで目的地や撮影対象の周りをチェックする。

この作業はお家でも出来るので、時間を見つけては地図アプリで地形や上空図を見ている。

前知識を入れておけば、現地での行動もメリハリが出るだろう。

あとはウェブでレビュー記事を読んで情報収集だ。

現地でロケハン

いよいよ現地に出向いてロケハンだ。

夜の撮影がメインなら、ロケハンは昼に行う。

ロケハンで見るべきポイントは主に以下の事項だ。

・撮影の構図チェック

・周囲の照明や立地の確認

・NGな場所(立入禁止や制限区域など)がないか

・危険な場所がないか

周囲の状況、夜になった時の明るさなどイメージを膨らませ、夜の撮影に向けて集中力を高めておこう。

最初はロケハンのロの字もよく分かってなかったが、たくさんのサイトで勉強するうちに感覚的にロケハンってどんなことをするのか理解できた。

参考にしたサイトのうち1つを以下に貼っておく。

この後は実際に,昼と夜の2回の訪問で撮影した「北斗星広場」の北斗星の写真を紹介する。

昼と夜で一変する景色

昼間のロケハン

時間に余裕があるときはなるべくロケハンするようにしている。

特に夜の撮影の際は、危険な状況は避けたいのでロケハンは欠かせない。

昼のロケハンで撮影した写真を載せておく。

こんな感じで北斗星広場には「北斗星」が設置されている。

サムネ・茂辺地北斗星広場
北斗星広場の北斗星写真(昼)

バラストが敷かれ、その上のレールに北斗星が設置されている。

昼間だと北斗星の中も見学できるので見学してきた。

1部屋に2つあるいは4つのベッドが置かれ、小ぢんまりした秘密基地の印象を受けた。

中には取り外された駅の看板が放置されていた。

取り外された駅名

昼間にロケハンを行うメリットは「公共の施設」を見れることだ。

夜は施設や店舗がクローズになるから屋外での撮影に限定される。

情報収集と散策を兼ねて、利用できる施設は利用しておいて損はないだろう。

思いがけない情報が手に入ることもあるので、こういった積み重ねは大事にしたい。

夜の撮影本番

いよいよ夜の撮影本番だ。

長秒露光で光量を確保するので、その設定には苦労した。

やや暗かったが、及第点だろう。

広場全体が分かるように北斗星も入れて撮影してみた。

北斗星と広場全容

撮影する構図を決めるため、北斗星の周りをぐるぐる回ってみたが、この構図が気に入ったので撮影してみた。

左手には茂辺地川が流れ、草が茂っていたのでそんなに左に寄れないが、そこは昼のロケハンで見極めていたため、草むらに突っ込むことはなかった。

撮影装備としてPENTAX K-S2に魚眼ズームレンズを使用した。

機材については別途レビュー記事を執筆しているので興味あれば要チェックだ。

PENTAX魚眼レンズ 10-17mm f/3.5-4.5(Kマウント)風景カメラマン必見!サムネ・K-S2PENTAX「K-S2」購入&実用レビュー・カメラデビューしたい人におすすめのタフな一眼!

最後に

昼にロケハンして、夜にもう一度同じ場所で撮影は正直言って疲れる。

でも、ロケハンすることにより、撮影場所を知ることができ、撮影本番では安心して強気で撮影に臨める。

道南では夕景や夜景に向く撮影スポットがたくさんあるので他の記事もご覧になって欲しいぜ!

サムネ・道南いさりび鉄道木古内〜北斗(旧上磯)〜函館を結ぶ道南いさりび鉄道|鉄道撮影スポットサムネ・北斗市風景ビュースポットまとめ北斗市で街並みを一望できる風景撮影スポットまとめ/北海道風景写真屋さん向け記事サムネ・木古内撮影スポット北海道道南・木古内エリアの撮影スポットまとめ

Isamu

最後まで読んでくれて感謝申し上げる!

7DMarkII Canon EF100-400mm FE70-200mm GRIII K-S2 PENTAX RICOH SANGO Sigma150-600mm Sony TAMRON Tamron100-400mm WordPress α7II α7RIII アニマル カワセミ コンデジ ダム ブログ レビュー 一眼レフ 三脚 冬鳥 函館 動画 北斗市 北海道 夜景 広角レンズ 探鳥 望遠レンズ 格安SIM 楽天モバイル 機材 渓流 秋田 紅葉 見晴公園 観光 野鳥 風景 香雪園

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。