Twitterアカウントはここから

ホワイトバランスの設定は超重要な件/カメラ初心者向け記事

ホワイトバランスの設定

ホワイトバランス(WB)の設定で写真の印象は驚くほど変わります。

WBの設定をよく理解して,自分のい通りの写真を撮れるようになりましょう!!

逆に撮影するシーンとはマッチしていないWBをあえて設定し,個性的な写真を撮影してもいいでしょう。

写真の印象は色で決まる!

写真の明るさは写真の印象を決める大切な要素となります。

同じ被写体を撮影しても,時間帯や撮影シーンによって明るさや色は変わってきます。

写真の色をうまくコントロールできれば,自分の写真を見てくれる人に作品のメッセージを伝え易くなります。

人とカメラの色の感じ方について

光は被写体へ当たり,そこで反射した光が人の目やカメラのレンズに入ってきて,色を感じることができます。

人の目というのは便利なもので,我々は普段意識していませんが,自動補正機能が備わっているため,周囲の色の変化には気づきにくいのです。

一方で,カメラは色のコントロールをしてあげないと,撮影シーンや時間帯によってコロコロ撮影した写真の色が変わってしまうのです

カメラの色をコントロールする機能がホワイトバランスになります。

ホワイトバランスを使いこなせ!

ホワイトバランスの設定

ホワイトバランスには太陽光,日陰,蛍光灯などいろいろな設定があります。

ホワイトバランスを適切に選択し,自分が今どの光源で撮影しているかカメラに教えてあげることが大切となります。

ゆう

じゃあ雲のない晴れの日だとWBは太陽光に設定すればいいのか!

自分が今どんなシチュエーション(晴れた青空の下,電球の明かりしかない場所など)で撮影しているのか理解してWBを設定しよう!

撮影シチュエーションとWBがマッチすると我々が普段見慣れている景色を撮影することができるでしょう。

ここで日中の撮影なのに,ホワイトバランスを蛍光灯などにして撮影してしまうと,全体が青みがかった薄気味悪い写真が撮れてしまいます。

下の写真がいい例だね!ホワイトバランスの設定1つでぜんぜん違う写真が撮れるんだね!

左がWBが太陽光で,右がWBが電球の写真になります。

見ての通り写真の色味が違うと印象がぜんぜん違いますね。

ホワイトバランスの設定も慣れてくると,直感的に設定できるようになると思います。

WB太陽光で撮影するところをあえて曇天などに設定して撮影すると,写真に温かみを出すことができます。
そのシチュエーションにマッチしないWBで撮影してみると一味違った写真が撮れるようです。

ISO100_F/11_1/800秒_38mm

WBを蛍光灯昼白色に設定して撮影しました。

やや青みが強いですが,冬の白銀の世界に青を色付けできて淡泊な感じではなくなっていい感じです。

季節やその日の天気と相談してWBは設定したほうが良さそうだね!

夜景撮影ではWBは特に重要

左はWBカスタムでケルビン(K)を高めにして赤みを増して,右はケルビンが低いWBタングステン白熱灯で青みを強調しています。

自分で撮影しておいてなんですけど,どちらもいい雰囲気だしていていい写真だと思います。

アドバンスト手法ですが,自分でWBのケルビン(K)を設定して,写真の色味(赤みや青み)をコントロールする手法もあります。

WBがタングステン白熱灯だと青すぎてやりすぎ感が出てしまうので,WBで別の電球系のWBに設定してみました。

ゆう

大型船や桟橋の照明もあるので,それを活かすためWBを電球系に設定するのは◎かもね!!

まとめ

カメラは色味の調整を自動でできないため,撮影者が自分で設定する必要があります。

その設定の1つが今回紹介したホワイトバランス(WB)です。

撮影している場所の光源・シチュエーションをよく考えてWBを設定して,写真を見てくれる人に様々なメッセージを伝えましょう!

手で構図作り 写真撮影の基本は構図なのだよ/カメラ初心者向け記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です