Twitterアカウントはここから

木古内〜北斗(旧上磯)〜函館を結ぶ道南いさりび鉄道/鉄道好き必見(撮影スポット)

サムネ・道南いさりび鉄道

こんにちわ,ゆう(@yusukebe029)です。

北海道道南では『道南いさりび鉄道』が木古内〜上磯〜函館間を往来できます。

今回はいさ鉄(道南いさりび鉄道の愛称)についてまとめてみました。

この記事の狙い

①道南いさりび鉄道について紹介する

②観光でもいさ鉄を活用価値があるので知ってもらう

③鉄道撮影スポットを紹介する

です。では,早速いってみましょう!

道南いさりび鉄道

名前の語源

道南いさりび鉄道の”いさりび”は漁火のことだと思われます。

道南では8〜11月くらいに沖の海でイカ漁が行われ,その漁船が照らす灯りは「漁火」と呼ばれるそうです。

どうやらそこに語源があるみたいです。

運行区間

木古内〜上磯(現北斗)〜函館間を往来する鉄道です。

通常は1または2両編成のキハ40形車両にオリジナル塗装を施した気動車です。

観光列車「ながまれ海峡号」

ながまれ」とは道南地方の方言で「ゆっくり・のんびりして」という意味です。

この観光列車は函館〜木古内駅間を往復4時間かけて運行します。

津軽海峡を眺めながら,ゆっくり旅を楽しめます。

道南いさりび鉄道に関連した記事

いさ鉄撮影スポット

「いさ鉄」とは道南いさりび鉄道の愛称で地元の人たちはみんなそう呼んでいます。

上磯駅〜清川口駅間

この2つの駅近くの踏み切りでは鉄道屋さんがカメラを構えてよく撮影しているのを見かけます。

私も踏み切りを通りかかったとき電車が来れば撮影しています。

見ての通り列車の色は山吹色と派手です。

他にも濃赤や白,濃緑など特徴的な車両が多いです。

こちらは上磯駅に停車中の車両です。

運行スケジュールがタイトではないため,よく駅に停車している姿を見かけます。

それを目当てで撮影している人もよくいます。

ゆう

たしか”いさ鉄”と一緒に桜を撮影した写真が北斗市フォトコンテストで入賞していた気がします。。。

被写体としてもいい味だしています!

清川口〜上磯駅間にある「戸切地橋梁」も橋の上からいさ鉄を撮影できる名撮影スポットです。

橋のそばに咲く花と共に「春から初夏」にかけて山吹色の車両を撮影するのがおすすめです。

渡島当別〜釜谷駅間

上磯から木古内方向に進むとたどり着く両駅。

ここもいさ鉄撮影スポットになっているようです。

撮影ポイントについて解説している記事を載せます。

清川口〜久根別駅間

清川口〜久根別駅間にある「有川橋梁」は橋の上を走行するいさ鉄を撮影できるとして有名?です。

いさ鉄を入れて広大な風景を撮影できるとして風景屋さんにも需要あるスポットです。

いさ鉄「駅ノート」

上磯駅で下車した時,駅構内に「上磯駅ノート」という大学ノートが置かれていました。

観光で訪れた人,地元の人,帰省した人など様々な人の思いがこのノートには綴られています

いさ鉄を利用した際は駅ノートにその時の思いを書き込むと思い出づくりになりますね。

ゆう

私もこれから道南でお世話になるので『よろしくお願いします!』とメッセージ書きました!

ただし,悲しいことに一部の心無い人によってみんなの思いがつまった駅ノートがパクられたみたいです。

とても悲しいことなので返却されることを願っています。

最後に

鉄道はご当地ものも多いので一部のフォトグラファーではニーズがあると思います。

流し撮りや広大な風景を一緒に車両を撮影するのは鉄道屋さんにとって最高ですよね!

この記事が道南いさりび鉄道の鉄道写真を撮影する手助けになることを祈っています。

他にも道南の撮影ポイントを紹介する記事を書いています。

よかったら併せて読んで下さい。

サムネ・北斗市風景ビュースポットまとめ北斗市で街並みを一望できる風景撮影スポットまとめ/北海道風景写真屋さん向け記事サラキ岬の看板サラキ岬の咸臨丸とチューリップと鯉のぼり/北海道道南・木古内サムネ・北海道新幹線撮影スポット青函トンネルを抜けた北海道新幹線を撮影/新幹線展望台

ゆう

最後まで読んでくれて,ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です