Twitterアカウントはここから

夏の夜空を彩る花火は綺麗だった件/北斗市(旧上磯)

北斗市なつまつりの花火

こんにちわ,ゆう(@yusukebe029)です。

函館の隣にある北斗市のお祭り「北斗市夏祭り」に行ってきました。

夏祭りの締めである打上花火は圧巻でした!

夏になると函館市や北斗市で花火大会がたくさんあります。

道南の海に咲く美しい花火を沢山撮影してきました。

この記事の狙い

①北斗市夏祭りを知る

②花火撮影の基礎を習得する

③道南の花火大会について知る

です。では,早速いってみましょう!

北斗市夏祭り

北斗市夏祭り」は7月末に開催されます。

たくさんの山車が北斗市市役所前を出発して上磯駅に向けて進んでいきます。

上磯駅近くのエイドでは屋台も多数出店して「地元のお祭り!」って感じです。

そして,お祭りの最後には上磯漁港から花火が打ち上げられます

花火大会については「北斗市夏まつり協賛花火大会」から詳しい情報をゲットできます!

花火撮影

必要機材の用意

花火撮影にはカメラだけでは不十分です。

三脚とレリーズを用意しましょう。

初めての三脚

私が初めて購入した三脚はカーボン製の自由雲台の三脚でした。

雲台は3WAY雲台と自由雲台がありますが,自由雲台だと縦横の撮影の向きの変更が楽なので個人的に好きです。

レリーズは撮影する瞬間のブレ防止と花火を楽しむ余裕を生み出すためにも持っていたほうがいいです。

夜間の撮影だと長秒露光となりブレは厳禁です。

僅かなブレも発生させないためにもレリーズを使って安全に撮影したいですね。

レリーズがなくてもタイマー撮影を使えば撮影できるのでレリーズは絶対に必要というわけではないです。

花火の基本的な撮影方法は「三脚とシャッターモードを上手く使えば綺麗に花火は撮影可能」を併せてお読み下さい。

夏祭り終盤の花火

上磯漁港の方角から花火が打ち上げられました。

今回はシャッター時間優先モードで撮影しました。

最初の何発かでシャッター時間を調整し,バシバシ花火を撮っていきます。

ISO100_F/9.0_10秒_40mm

最初は縦構図で撮影しました。

海にわずかに花火がリフレクションしてそこそこいい写真が撮れました。

ISO100_F/9.0_10秒_40mm

花火の「ぴゅ〜」って音が聞こえたら,シャッターボタンを押し込み,タイミング良く撮影します。

ISO100_F/8.0_10秒_60mm

函館や北斗市で花火イベント

夏の花火

夏には多くの花火大会が開催されるので,道南の海上に咲く花火を見物しましょう!

道南の花火情報は以下のリンクから入手できます。

 

冬の花火

冬には「函館海上冬花火」という3日間の花火打上イベントがあります。

私も函館海上花火を八幡坂の頂上から撮影して参りました。良かったら以下の記事も併せて見てください!

八幡坂のイルミネーションと冬花火を一緒に撮影した件/函館海上冬花火Day2

2021年冬には27日間のロングラン花火イベント「函館週末冬花火」も開催されています。

週末になるたびにSNSでは花火の写真が集中投稿されて,たくさんの花火を冬に見ることが出来ました。

最後に

夏といえば花火ですが,北海道道南地区では冬にも花火イベントがたくさん開催されています。

花火撮影が今回初めてだった私も良い感じで花火撮影できました。

夏の花火で経験を積み,冬の花火イベントでは納得行く花火写真が撮影できたので何事も経験です。

冬の花火についての記事は以下のリンクから閲覧してください。

函館山教会通りから冬花火を撮影/函館海上冬花火Day3豊川ふ頭から花火を撮影した件/函館海上冬花火Day1

ゆう

最後まで読んでくれてありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です